無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

DCC加工の紹介

2024年6月17日 (月)

カトーのHOゲージ、ヨ8000にDCCデコーダーを組み込みました。

カトーのHOゲージ、ヨ8000にDCCデコーダーを組み込みました。

P1550545

組み込むのは写真のカトー製のフレンドリーデコーダーです。

室内灯も組み込み済みですが、そちらの制御は行いません。

テールライトの点灯制御を行うだけです。

P1550546

価格が安価なカトーのフレンドリー用DCCデコーダー(当店価格1500円)を使用しました。

デコーダーは外からなるべく見えないよう、トイレの内側に設置しております。

P1550547

写真のようにDCC制御でライトのON/OFFが可能になりました。

テールライトは進行方向により自動で切り替わります。

ちなみに加工工賃ですが、1両9000円(デコーダー代は別途)にて承りました。

2024年6月16日 (日)

天賞堂のHOゲージ、C11の2灯ライトタイプにDCCサウンドデコーダーを入れました。

天賞堂のHOゲージ、C11の2灯ライトタイプにDCCサウンドデコーダーを入れました。

P1550534

お客様からのご依頼で承りました。

車内のスペースが狭いので、写真のNゲージ用デジトラックス製サウンドデコーダーを搭載いたします。

P1550535

写真のように、狭いキャブ部分に小さなデコーダーを載せました。

少しでも音量をかせぐため、スピーカーはNゲージ用からHO用に交換です。

実機から編集したC11のサウンドデータに書き換えております。

P1550536 P1550537

写真のようにヘッドライトはF0で点灯制御が可能です。

今回はお客様からのご要望で、工賃を安くするためテールライトの個別制御は省いています。

そのためヘッドライトと連動して後部のテールライトも点灯いたします。

ちなみに工賃は、デコーダー代込み30000円にて承りました。

テールライトの個別制御をする場合は、配線を追加するため工賃が+7000円となります。

2024年4月24日 (水)

真鍮製HOゲージのマニ60にDCCデコーダーを組み込みました。

真鍮製HOゲージのマニ60にDCCデコーダーを組み込みました。

P1550303

テールライトの点灯制御だけです。

そこで価格が安価なカトーのフレンドリー用DCCデコーダー(当店価格1500円)を使っております。

デコーダーは外からなるべく見えないよう、床板に設置いたしました。

P1550304

写真のようにDCC制御でライトのON/OFFが可能になりました。

ちなみに加工工賃ですが、1両10000円(デコーダー代は別途)にて承りました。

2024年4月23日 (火)

真鍮製HOゲージのキハユニ16にDCCデコーダーを組み込みました。

真鍮製HOゲージのキハユニ16にDCCデコーダーを組み込みました。

P1550301

先頭車はヘッドライトとテールライトの点灯制御だけです。

そこで価格が安価なカトーのフレンドリー用DCCデコーダー(当店価格1500円)を使っております。

デコーダーは外からなるべく見えないよう、屋根の内側に設置いたしました。

P1550302

写真のようにDCC制御でライトのON/OFFが可能になりました。

ヘッドライトとテールライトは進行方向により自動で切り替わります。

ちなみに加工工賃ですが、1両10000円(デコーダー代は別途)にて承りました。

2024年4月22日 (月)

トミックスのHOゲージ、EF81トワイライト色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、EF81トワイライト色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1550305

お客様からご依頼を受けたものです。

サウンドデコーダーの取り付けとヘッドライトおよびテールライトの点灯制御のみ承りました。

P1550307 P1550306

写真はテストでヘッドライトとテールライトをそれぞれ点灯した状態です。

ヘッドライトはF0で、テールライトはF1でON/OFFでき、もちろん進行方向に応じて点灯いたします。

ちなみに今回の加工工賃はデコーダー代込み42000円にて承りました。

キャブライト、入換標識灯を点灯化する場合は合計56000円となります。

2024年4月11日 (木)

天賞堂製HOゲージ、9600に永末システム製のサウンドデコーダーを組込みました。

天賞堂製HOゲージ、9600に永末システム製のサウンドデコーダーを組込みました。

P1550264

お客様からのご依頼です。

DCCコントローラーを用いてF0ファンクションでヘッドライトがON/OFFができます。

P1550262

今回はお客様からの指示で、テールライトの個別点灯化は行っておりません。

前進時にF0でヘッドライトが点灯すると同時にテンダー側のテールライトが点灯いたします。

テンダー内部の基盤には無加工で、サウンドデコーダーの配線をすることができますので工賃は割安になります。

ちなみに今回の加工ですが、DCCサウンドデコーダー代込みで30000円にて承りました。

2024年4月10日 (水)

天賞堂製HOゲージ、C58に永末システム製のサウンドデコーダーを組込みました。

天賞堂製HOゲージ、C58に永末システム製のサウンドデコーダーを組込みました。

P1550263

お客様からのご依頼です。

DCCコントローラーを用いてF0ファンクションでヘッドライトがON/OFFができます。

P1550261

今回はお客様からの指示で、テールライトの個別点灯化は行っておりません。

前進時にF0でヘッドライトが点灯すると同時にテンダー側のテールライトが点灯いたします。

テンダー内部の基盤には無加工で、サウンドデコーダーの配線をすることができますので工賃は割安になります。

ちなみに今回の加工ですが、DCCサウンドデコーダー代込みで30000円にて承りました。

2024年4月 6日 (土)

カトーのHOゲージ、DE10JR貨物色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

カトーのHOゲージ、DE10JR貨物色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1540553

お客様からご依頼を受けたものです。

写真はヘッドライトとキャブライトおよび入換標識灯を点灯した状態です。

ヘッドライトはF0、キャブライトはF3、入換標識灯はF7でON/OFFできます。

もちろんヘッドライトは進行方向に応じて点灯いたします。

P1540552

こちらはテールライトをF1にて点灯させた状態です。

ちなみに今回の加工工賃はデコーダー代込み48000円にて承りました。

P1540551

こんな感じでサウンドデコーダーを搭載しています。

車両は異なりますが下のリンクから動画がご覧になれます。

参考資料としてどうぞご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=8WyR6VMaBbM

2024年3月29日 (金)

トミックスのHOゲージ、EF64-1000に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、EF64-1000に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1540555

お客様からご依頼を受けたものです。

サウンドデコーダーの取り付けとヘッドライトの点灯制御のみ承りました。

そのため写真のように内部は非常にスッキリしています。

テールライトや入換標識灯、キャブライトを点灯化した場合は配線だらけになりますからね。

P1540557

写真はテストでヘッドライトを点灯した状態です。

ヘッドライトはF0でON/OFFでき、もちろん進行方向に応じて点灯いたします。

ちなみに今回の加工工賃はデコーダー代込み27000円にて承りました。

テールライトやキャブライト、入換標識灯を点灯化する場合は52000円となります。

2024年3月21日 (木)

トミックスのHOゲージ、EF63に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、EF63に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1540555

お客様からご依頼を受けたものです。

サウンドデコーダーの取り付けとヘッドライトとテールライトの点灯制御のみ承りました。

そのため写真のように内部は非常にスッキリしています。

入換標識灯、キャブライトを点灯化した場合は配線だらけになりますからね。

P1540559 P1540558

写真はテストでヘッドライトとテールライトをそれぞれ点灯した状態です。

ヘッドライトはF0で、テールライトはF1でON/OFFでき、もちろん進行方向に応じて点灯いたします。

ちなみに今回の加工工賃はデコーダー代込み32000円にて承りました。

テールライトは元々の製品状態から点灯するようになっていましたので、デコーダーへの配線と設定のみ承りました。

キャブライト、入換標識灯を点灯化する場合は52000円となります。

より以前の記事一覧