無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

製作日記・コラム・つぶやき

2019年10月10日 (木)

トミックスのトワイライトエクスプレス瑞風など、特別な列車でいろいろ遊んでみました。

トミックスのトワイライトエクスプレス瑞風など、特別な列車でいろいろ遊んでみました。

最後には写真のようにクルーズトレインだけ勢ぞろいさせてみました。

P1440346 P1440339 P1440345

消費税増税対応で先週は休めなかったので、2週間ぶりの休みとなった一昨日の火曜日のことです。

お店のレンタルレイアウトで思う存分、いろいろと走らせました。

P1440342 P1440344

実際にこの3列車が勢ぞろいで並ぶことはないのでしょうけど・・・、模型ではいつでも並べることができますね。

2枚目の写真のように、中間車だけを見ると車両限界いっぱいの背高仕様で、塗装以外はみんな同じようにも見えます。

しかしながら改めて言うことでもありませんが、JR各社を代表する列車だけあって細かいところは様々な工夫が見られます。

なかでも東日本の四季島はハイブリッド電車、西日本の瑞風はディーゼルカー、九州のななつ星は客車列車と別れている点。

非電化区間を走行するための解決策に、それぞれ違いがあるのが何だか面白いです。

P1440341 P1440340

各車両の室内灯とテールライトをキレイに撮影しようと、店内を消灯してみたのですが・・・。

なかなか上手く撮影できませんでした。

ちなみにななつ星の機関車のテールライトは製品そのままでは点灯しませんので、ご注意ください。

当店では1両5000円にてテールライト点灯化の加工を行っています。

点灯化加工済みの特製品も最後の1個を税込み39800円にて販売中。

トミックスのトワイライトエクスプレス瑞風も基本セットは完売。

10両セットの限定品も残りは2個となりました。税込み42240円で販売中です。

2019年9月30日 (月)

10月1日からの消費税増税に関する準備がほぼ終わりました。

10月1日からの消費税増税に関する準備がほぼ終わりました。

今日は増税前の最終日なのですが、少しづつ改定作業しながら営業させていただきます。

消費税増税直前セールは本日までです。特製品と中古品は表示価格より、さらにレジにて10%OFFにて販売中!

幸いなことに明日はお店の定休日なので、お店のほとんどの売り場面積を占めるストラクチャーやレールなど車両以外の商品の価格改定作業を行います。

万単位の商品がありますので、一日で終わるか不安がありますが頑張ります。(笑)

消費税が5%から8%に増税された時もギリギリでなんとか1日で改定できたので、頑張ればまあ大丈夫かと思いますが・・・。

明後日の10月2日(水)からは例え改定作業が終わっていなくても(汗)、通常通り営業させていただきます。

2019年8月22日 (木)

マイクロエースの南海50000系ラピートのラッピング編成が勢ぞろいしました。

マイクロエースの南海50000系ラピートのラッピング編成が勢ぞろいしました。

P1430738 P1430732

 先日制作したスターウォーズラッピング編成とネオ・ジオンラッピング編成です。

未来的なデザインをした車両なので、こういうラッピングは妙に似合っている気がします。

店長はあまりラッピング車両を好まないのですが、ラピートは意外とOKかなと思いますね。

P1430739

せっかくなので個人的に所有しているラピートのラッピング編成を並べてみました。

一番手前がラピートルジャーラッピング、順にネオ・ジオンラッピング、スターウォーズラッピング、ピーチラッピングと並んでいます。

P1430740

こうやって並べてみるとカラフルですね。

実車では実現できなかった並びも、模型ではいつでも再現できます。

2019年8月20日 (火)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その3)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その3)

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430695

デカール貼り付けが完了したのが写真の状態です。

側面の扉部分や前面の鼻先の濃い赤色部分はデカールで印刷されて再現されています。

その他の大部分はデカール貼り付け前にあらかじめ赤色で塗装いたしました。

写真ではストロボの影響で少し分かりにくいですが、いい感じで色調の差が出ております。

P1430696

ボディへ貼り付けたデカールを乾燥させている間に、扉部分のガラスパーツに透明デカールを貼りつけました。

乾燥後にデカール保護のためクリアコートしたのですが、デカールを貼っていない部分に塗装すると曇ってしまいますのでマスキングは忘れずに。(笑)

P1430697

デカールを乾燥させた後は、窓にかかっているデカールを切り出しておきます。

元が透明デカールなので無視してしまいそうになりますが、乾燥後に破れたりすると汚くなってしまいますのでキッチリ切り出しておきましょう。

窓が丸いので切り出しにくく、かなり面倒くさい作業ですけどね。

P1430704

最後にデカール保護のため、全体にクリアコートすればほぼ完成。

あとは元通りに屋根上機器を取付けて、床下をはめこめるだけですね。

2019年8月18日 (日)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その2)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その2)

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430689

塗装が完了したのが写真の状態です。

側面の扉部分や前面の鼻先の濃い赤色部分はデカールで印刷されて再現されているのですが・・・。

その他の大部分は赤色で塗装する必要があります。

この赤色がいろいろ問題ありまして、どういう赤色を塗装するか悩みました。

サーフェイサーを塗装したプラ板にサンプル塗装して、いろいろ試して検討しました。

結局デカールに印刷された濃い赤色とのバランスを考えて、グリーンマックスの西武レッドを選択することに。

ガンダム純正色にあるいくつかの赤色も試したのですが、西武レッドのほうが似ているという事実が笑えますね。

P1430691

充分に乾燥させてから、デカールを貼りつける前にボディを元通り組み立てました。

まだデカールを貼りつけていませんが、塗装が終わっているのでなんだかこのままでもいいかな・・・と思ってしまいますね。(笑)

完成後のイメージはこんな感じでしょう。

赤色のラピートはこれでも十分なくらいインパクトがあります。

P1430692

それでは下準備はこれくらいにして・・・。(笑)

いよいよ本番のデカールを貼りつけていきましょう。

写真のようにボディに合わせてデカールを切り出しました。

デカールに印刷されている切り分けラインはあまり信用せず、店長は車体サイズをきっちり計測してラインより内側で切り出しております。

P1430693 P1430694

先頭部もボディに合わせてデカールを切り出しましたが・・・。

実際に貼りつけてみると乗降扉と乗務員扉の位置がうまく合いません。

どちらかを合わせると2mmくらい片方が内側に寄ってしまいます。

仕方なく、途中でデカールを切って合わせましたが手間取ったために少し皺がよって失敗してしまいました。

なんとかリカバリーしたのですが、残念。

反対側は右側の写真のように、失敗しないよう先に切って調整できるようにしてから貼りました。

残りは続きがまだありますので、また後日に・・・。

2019年8月17日 (土)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その1)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのネオ・ジオンラッピングデカールを貼り付け中です。(その1)

P1430674

こちらがそのラッピングデカールです。

透明フィルムに印刷されているので、ボディの赤い塗装は必要ですね。

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430687

タネ車となるマイクロエースのラピートを分解して、中性洗剤にて洗浄。

乾燥後にまずはボディ側面を残してマスキングしました。

P1430680

前面パーツはこんな感じでマスキング。

鼻先の赤が濃い部分はデカールに印刷されているのですが・・・。

曲面部分なので上手に貼りつけられるか自信がありませんから、塗装で再現してみようかなというわけです。

P1430688

そのまま赤色を塗装したのでは上手く発色しませんので、下地に薄いグレーのサーフェイサーを吹きました。

写真に撮っていませんがボディ側面も同じように塗装してあります。

マスキングしてサーフェイサーを吹いていない部分は少し濃い赤色になるはず・・・。

まあ、うまくいけば・・・というわけですね。

残りは続きがまだありますので、また後日に・・・。

2019年8月15日 (木)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その3)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その3)

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430685

現物合わせで切り出したデカールをすべての車両に貼りつけました。

写真は貼りつけ後に乾燥中の姿です。

窓を切り出さないで済むのなら、これで完成なのですが・・・。

デカールがあまり透けない素材でできているため、このままでは違和感があります。

そこで、絵柄の部分のみ裏側からガラスパーツを貼りつけてデカールごと残すことに。

P1430686

絵柄がかからない窓のみ、デカール乾燥後にカッターで切り出しました。

写真は切り出し完了後、各パーツを取付けて車体を組み立てた姿です。

絵柄がある窓とそうでない窓との差があって、少し違和感がありますが仕方ありませんね。

P1430690

最後にデカール保護のため、光沢ありのクリアコートを塗装すればほぼ完成です。

あとは元通りに屋根上機器を取付けて、床下をはめこめるだけですね。

2019年8月14日 (水)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その2)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その2)

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430678

デカールではカバーできない先頭部もブラックで塗装する必要があります。

アクセントとなる鼻先の銀色部分は、できれば塗装せずに残したいので・・・。

めったに使わないマスキングゾルを塗っておきました。

P1430682

こちらが塗装完了後の姿です。

マスキングゾルでのマスキングが少し甘かったようですが・・・。

あまりタッチアップせずに済ませることができそう。

P1430683

ボディ側にもデカールでカバーできないところだけブラックを塗装しておきます。

この部分はデカールに収録されているのでカバーできなくはありませんが・・・。

曲線が複雑に多用されているということもあり、ここは思い切ってデカールではなく塗装で再現する次第です。

P1430681 P1430684

ボディに合わせてデカールを切り出しました。

デカールに印刷されている切り分けラインはあまり信用しないほうがいいようです。

店長は車体サイズをきっちり計測して、ラインより内側で切り出しました。

ここが仕上がりをキレイにするコツですね。

窓ガラスのパーツもデカールの絵柄に合わせて、窓を残すところだけあらかじめ切っておきます。

残りは続きがまだありますので、また後日に・・・。

2019年8月13日 (火)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その1)

マイクロエースの南海50000系ラピートにR工房さんのスターウォーズラッピングデカールを貼り付け中です。(その1)

P1430676

こちらがそのラッピングデカールです。なんだかそのまんまという感じですね。

著作権の問題がありますのでお店としては販売することができない商品です。

あくまでも個人で楽しむものとして作るわけですが・・・。(笑)

P1430672

こちらがタネ車となるマイクロエースのラピートです。

デザイン的に未来感満載なので、スターウォーズは似合うでしょうね。

P1430673

デカールを貼りつける前に車体をできる限り分解します。

マイクロエース製品は車体の組み立てに接着剤が多用されているので、壊さないよう分解するのは大変。

このあたりは運もありますので一概には言えませんが、どうしても外れない場合は無理をしないように・・・。

ただし、窓だけは無理してでも外す必要がありますので、いろいろ頑張りましょう。

P1430677  

分解が終われば中性洗剤を使っての洗浄後に、一番簡単なクーラーの塗装だけを済ませました。

実車の資料がほとんどありませんので、違うのかもしれませんが半光沢のブラックを塗装。

残りは続きがまだありますので、また後日に・・・。

2019年7月14日 (日)

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付け中。

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付け中。

P1430509

お客様からのご依頼です。

同じような全面ラッピングデカールをグリーンマックスやマイクロエースおよびトミックス製品に貼り付けたことはありますが、今回は初めてのカトー製品への加工となります。

ボディ全面にデカールを貼り付けるので、けっこう難易度が高くなります。

P1430516

このデカールは全面ラッピングとはいえ透明デカールとなっていますので、ベース部分となるダークブラウン塗装は必要です。

説明書の指定ではぶどう色1号でしたが、現在塗料が欠品中のためブラックとブラウンを混ぜて調色したものをエアブラシで塗装しました。

カトー製品は屋根パーツが別なので、屋根のマスキングが不要なのは助かります。

妻面は実車の場合、ラッピングされておらず元の塗装が見えている状態なので、模型でも塗装でそれを再現いたしました。

P1430522

写真は側面のみデカールを貼りつけた状態です。

完全に乾燥させてから先頭車の前面部分を貼りつける必要がありますので、念のため3日に分けてデカールを貼り終えました。

車体全体にラッピングがされているので、よく乾燥させる必要があり1日にできる作業は限られます・・・。

P1430535

乾燥後に保護のためクリアコートしたのが写真の状態です。

どうやらカトー製品に合わせたわけではないようで、デカールのサイズが余り気味になり窓のラインと合わせるのに苦労しましたが・・・。

しわがあった部分も乾燥後は車体にキッチリと密着されました。

より以前の記事一覧