無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

オリジナル商品の案内

2023年1月24日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付4車線道路シートを2月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付4車線道路シートを2月1日より発売いたします。

P1510294

A4サイズの用紙に道路シートを印刷したものです。

必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけで写真のような道路が手軽に再現できます。

ちょうど5年前に2車線道路の自転車レーン付タイプを発売済みですが、その派生商品として今回4車線のものを制作しました。

自転車レーン付2車線道路を発売した5年前は、まだまだ自転車レーンが設置された4車線道路は少ない状態でした。

おそらく道路の幅が広く、歩道が完備されて箇所が多いため優先度が低かったのでしょう。

ところが最近は設置が進んだこともあって、4車線道路への設置も見られるようになってきました。

そこで今回、派生商品として発売させていただくことになった次第です。

003Img_3841

自転車レーン付のモデルにしたのは実在する写真の道路です。

左側の青い標示の道路が大阪市内にある本町通りのもの。

右側のベンガラ色の標示の道路が京都市内の河原町通りのものです。

大きなレイアウトから小さなジオラマまで、いろいろな場所に使えるよう工夫しています。

もちろん水や油に強い顔料系インクを使用していますので、この上からパウダーを蒔いたりしても大丈夫です。

まずは使用頻度の多い直線部から発売となります。

順次、曲線部や交差点部などいろいろとラインナップを増やしていきたいと思います。

2023年1月 2日 (月)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャル低速重視型PWM常点灯パワーパックを昨日1月1日より税込13200円で販売を開始いたしました。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャル低速重視型PWM常点灯パワーパックを昨日1月1日より税込13200円で販売を開始いたしました。

P1510021

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「低速重視型PWM常点灯パワーパック」にいろいろと付加機能を内蔵したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵したものです。

小さな本体の箱にいろいろと工夫して、詰め込んで製品化させていただきました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

P1510016

スペースの都合で自動往復運転装置のON/OFFスイッチは写真のように背面に設置いたしました。

あまり頻繁に使うスイッチではありませんので、ケースを大型化するよりはこの方が良いかと思います。

P1390725

トミーテックの電飾キット用コネクタを内蔵していますので、写真のように上フタを開けて中のコネクタに接続してください。

ON/OFFはパワーパックの電源スイッチと一緒になります。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

 http://mokei-ya.la.coocan.jp/teisokupwmpp.html

2022年12月25日 (日)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャル低速重視型PWM常点灯パワーパックを1月1日より税込13200円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャル低速重視型PWM常点灯パワーパックを1月1日より税込13200円で販売を開始いたします。

P1510021

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「低速重視型PWM常点灯パワーパック」にさまざまな付加機能を追加したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵いたしました。

設置スペースを節約したいお客様からご要望があり、2年前に自動往復運転装置とポイントスイッチを内蔵したものを発売しています。

そちらはデラックス低速重視型PWM常点灯パワーパックという名称で販売中なのですが、

今回はさらにトミーテック電飾キット用コネクタを追加したものとなります。

デラックスに追加したのでスペシャルと名付けました。(笑)

小さなパワーパック本体に内蔵できないものかと、いろいろ設計に試行錯誤して完成しました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/teisokupwmpp.html 

 

2022年12月 1日 (木)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルPWM常点灯パワーパックを本日12月1日より税込11550円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルPWM常点灯パワーパックを本日12月1日より税込11550円で販売を開始いたします。

P1500900

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「PWM常点灯パワーパック」にいろいろと付加機能を内蔵したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵したものです。

小さな本体の箱にいろいろと工夫して、詰め込んで製品化させていただきました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

P1500903

スペースの都合で自動往復運転装置のON/OFFスイッチは写真のように背面に設置いたしました。

あまり頻繁に使うスイッチではありませんので、ケースを大型化するよりはこの方が良いかと思います。

P1390725

トミーテックの電飾キット用コネクタを内蔵していますので、写真のように上フタを開けて中のコネクタに接続してください。

ON/OFFはパワーパックの電源スイッチと一緒になります。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/pwmpp.html

2022年11月25日 (金)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルPWM常点灯パワーパックを12月1日より税込11550円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルPWM常点灯パワーパックを12月1日より税込11550円で販売を開始いたします。

P1500900

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「PWM常点灯パワーパック」にさまざまな付加機能を追加したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵いたしました。

設置スペースを節約したいお客様からご要望があり、2年前に自動往復運転装置とポイントスイッチを内蔵したものを発売しています。

そちらはデラックスPWM常点灯パワーパックという名称で販売中なのですが、今回はさらにトミーテック電飾キット用コネクタを追加したものとなります。

デラックスに追加したのでスペシャルと名付けました。(笑)

小さなパワーパック本体に内蔵できないものかと、いろいろ設計に試行錯誤して完成しました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/pwmpp.html

2022年11月 1日 (火)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルかんたんパワーパックを本日11月1日より税込8800円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルかんたんパワーパックを本日11月1日より税込8800円で販売を開始いたします。

P1500764

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「かんたんパワーパック」にいろいろと付加機能を内蔵したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵したものです。

小さな本体の箱にいろいろと工夫して、詰め込んで製品化させていただきました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

P1500761

スペースの都合で自動往復運転装置のON/OFFスイッチは写真のように背面に設置いたしました。

あまり頻繁に使うスイッチではありませんので、ケースを大型化するよりはこの方が良いかと思います。

P1390731

トミーテックの電飾キット用コネクタを内蔵していますので、写真のように上フタを開けて中のコネクタに接続してください。

ON/OFFはパワーパックの電源スイッチと一緒になります。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/kantanpp.html

2022年10月25日 (火)

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルかんたんパワーパックを11月1日より税込8800円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、スペシャルかんたんパワーパックを11月1日より税込8800円で販売を開始いたします。

走るんデスシリーズの製品としては約2年ぶりの新製品となります。

P1500764

出力1AのACアダプター付での販売となります。

従来から発売しております「かんたんパワーパック」にさまざまな付加機能を追加したものです。

具体的には自動往復運転装置とポイントスイッチ1個およびトミーテック電飾キット用コネクタを内蔵いたしました。

設置スペースを節約したいお客様からご要望があり、2年前に自動往復運転装置とポイントスイッチを内蔵したものを発売しています。

そちらはデラックスかんたんパワーパックという名称で販売中なのですが、今回はさらにトミーテック電飾キット用コネクタを追加したものとなります。

デラックスに追加したのでスペシャルと名付けました。(笑)

小さなパワーパック本体に内蔵できないものかと、いろいろ設計に試行錯誤して完成しました。

もちろん自動往復運転装置はスイッチによりOFFにもでき、通常のパワーパックとして使うことも可能です。

詳しくは以下の当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/kantanpp.html

2022年10月 1日 (土)

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線交差点通行区分道路シートBを本日10月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線交差点通行区分道路シートBを本日10月1日より発売いたします。

ちょうど5年前に中央線が黄色のタイプを発売済みですが、その派生商品として中央線を白色に変更したものです。

大阪府下では自転車レーン付2車線道路を発売した5年前はまだまだ設置された道路は少ない状態でした。

特に中央線が黄色の追い越し禁止道路への設置が、ほとんどだったように記憶しています。

ところが最近は設置が進んだこともあって、中央線が白色の道路への設置も見られるようになってきました。

そこで今回、派生商品として発売させていただくことになった次第です。

自転車レーン付2車線道路はデザイン的に大きく下の3つに分かれます。

都道府県によってデザインが異なりますので、最大公約数的なものを採用しています。

P1500293

まずは自転車レーンの青く舗装された部分が帯状で、交差点導入部が矢羽根のライン状に舗装されたタイプです。

こちらは東京都内や大阪市、堺市など政令指定都市でよく見られるデザインで、古くから自転車レーンが設置されているところに多いようです。

P1500297

こちらは自転車レーンの青い舗装が線状で、交差点導入部が矢羽根に舗装されたタイプです。

都市近郊や地方都市でよく見られるデザインで、最近自転車レーンを整備されたところに採用されている例が多いようです。

P1500301

3つめは自転車レーン部分も交差点導入部も同じように矢羽型に舗装されたタイプ。

幅の狭い道路に採用されているケースが多いようで、車道と自転車道が混在(すなわちお互いに乗入が可ということ)するという意味で矢羽型となっています。

 

2022年9月25日 (日)

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線交差点通行区分道路シートBを10月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線交差点通行区分道路シートBを10月1日より発売いたします。

P1500301 P1500297

A4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけで写真のような道路が手軽に再現できます。

ちょうど5年前に中央線が黄色のタイプを発売済みですが、その派生商品として中央線を白色に変更したものです。

大阪府下では自転車レーン付2車線道路を発売した5年前はまだまだ設置された道路は少ない状態でした。

特に中央線が黄色の追い越し禁止道路への設置が、ほとんどだったように記憶しています。

ところが最近は設置が進んだこともあって、中央線が白色の道路への設置も見られるようになってきました。

そこで今回、派生商品として発売させていただくことになった次第です。

P1500293

写真のように道路シートを貼った上に、建物や自動車を置くだけで簡単に街が完成します。

大きなレイアウトから小さなジオラマまで、いろいろな場所に使えるよう工夫しています。

もちろん水や油に強い顔料系インクを使用していますので、この上からパウダーを蒔いたりしても大丈夫です。

2022年9月 1日 (木)

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線曲線道路シートBを本日9月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、自転車レーン付2車線曲線道路シートBを本日9月1日より発売いたします。

ちょうど5年前に中央線が黄色のタイプを発売済みですが、その派生商品として中央線を白色に変更したものです。

大阪府下では自転車レーン付2車線道路を発売した5年前はまだまだ設置された道路は少ない状態でした。

特に中央線が黄色の追い越し禁止道路への設置が、ほとんどだったように記憶しています。

ところが最近は設置が進んだこともあって、中央線が白色の道路への設置も見られるようになってきました。

そこで今回、派生商品として発売させていただくことになった次第です。

自転車レーン付2車線道路はデザイン的に大きく下の3つに分かれます。

都道府県によってデザインが異なりますので、最大公約数的なものを採用しています。

P1500273

まずは青く舗装された部分が帯状のタイプです。

こちらは東京都内や大阪市、堺市など政令指定都市でよく見られるデザインで、古くから自転車レーンが設置されているところに多いようです。

こちらは「自転車専用」と標示された専用レーンタイプと単に「自転車」とだけ標示された優先レーンタイプをラインナップさせていただいています。

あくまで店長の私見ですが、関東には専用レーンタイプが多く、関西は逆に優先レーンタイプが多いような気がします。

P1500274

こちらは青い舗装が線状になったタイプです。

都市近郊や地方都市でよく見られるデザインで、最近自転車レーンを整備されたところに採用されている例が多いようです。

こちらも同じく「自転車専用」と標示された専用レーンタイプと単に「自転車」とだけ標示された優先レーンタイプをラインナップさせていただいています。

P1500280

3つめはこの矢羽型に舗装されたタイプ。

幅の狭い道路に採用されているケースが多いようで、車道と自転車道が混在(すなわちお互いに乗入が可ということ)するという意味で矢羽型となっています。

そのような事情からか、こちらのタイプには専用と書かれた標記例がないようなので、優先レーンタイプのみのラインナップとなります。

 

より以前の記事一覧