無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

オリジナル商品の案内

2021年3月 1日 (月)

光るダケシリーズの新製品、赤色LED踏切(津川洋行製品加工)セット改良品を本日、3月1日から税込み6600円で販売いたします。

光るダケシリーズの新製品、赤色LED踏切(津川洋行製品加工)セット改良品を本日、3月1日から税込み6600円で販売いたします。

P1470440

従来から発売している製品の改良品ということで、今回改めて発売させていただくことになりました。

主な改良点は以下の通りです。

  1. 踏切本体へのチップLED取付に使う配線コードを従来品の4本から3本に減らして、構造をシンプルにしました。
  2. その効果として、裏面に存在する配線コードがより目立たないように加工しました。
  3. 付属する交互点滅ユニットの設計を改良、使用している電子部品をより信頼性の高いものに変更しました。

写真のように元々リアルな踏切ですから、極小のチップLEDで点灯化しても違和感がありません。

消灯時でも違和感がないよう従来のものと同じく、赤いレンズを表現してあります。

津川洋行製品の踏切を加工しましたので、大きさもNゲージ用のリアルサイズになっています。

下のリンクから実際に交互点滅している動画がご覧になれます。

踏切本体はトミーテック製品なので異なりますが、光り方は同じです。

よろしければ参考にどうぞご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=dXTLwn72rnU&feature=youtu.be

2021年2月22日 (月)

光るダケシリーズの新製品、赤色LED踏切(津川洋行製品加工)セット改良品を3月1日より税込み6600円で販売いたします。

光るダケシリーズの新製品、赤色LED踏切(津川洋行製品加工)セット改良品を3月1日より税込み6600円で販売いたします。

P1470445

従来から発売している製品の改良品ということで、今回改めて発売させていただくことになりました。

主な改良点は以下の通りです。

  1. 踏切本体へのチップLED取付に使う配線コードを従来品の4本から3本に減らして、構造をシンプルにしました。
  2. その効果として、裏面に存在する配線コードがより目立たないように加工しました。
  3. 付属する交互点滅ユニットの設計を改良、使用している電子部品をより信頼性の高いものに変更しました。

写真のように元々リアルな踏切ですから、極小のチップLEDで点灯化しても違和感がありません。

消灯時でも違和感がないよう従来のものと同じく、赤いレンズを表現してあります。

P1470444

裏側はこんな感じです。

従来品よりコードが目立たなくなりました。

P1260058

 

 

 

点灯させてみると、こんな感じに光ります。

ただいま頑張って量産中なので、宜しくお願いいたします。

<お知らせ>

大阪府が緊急事態宣言発令を国に要請したことを踏まえ、2月24日(水)まで12時~18時の時短営業中です。

どうしても夜間にしかご来店できない場合は、18時までにできるだけお早めにお電話ください。

20時まで店内にて作業していることが多いと思いますので、お買い物がある場合に限りできるだけ対応させていただきます。

どうかご理解とご協力を宜しくお願い致します。

2021年2月 1日 (月)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線急曲線道路シートを本日2月1日より発売開始いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線急曲線道路シートを本日2月1日より発売開始いたします。

P1460911

既に発売中の道路シートの派生商品です。

昭和40年代から平成初期まで見られた道路標記や横断歩道を再現した「昭和の道路」シリーズとして、いろいろな製品を展開しています。

今回発売するものは2車線道路の急曲線仕様となります。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

P1460913

昭和時代の特徴として、まず挙げられるのは写真のような最高速度の指定標示ですね。

現在は最高速度を表す数字だけの標示となっていますが、平成初期に法規が改定されるまでは数字の下に「高」「中」「低」の各種標示が付記されていました。

当時はクルマの大きさによって性能に違いがあり、高速車・中速車・低速車の区分を設けて最高速度を指定していたからです。

今となっては懐かしい標示ですが、まだ探せばこの標示がかろうじて残っている道路があるそうです。

詳しくは当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/2syasendouro.html

2021年1月26日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線急曲線道路シートを2月1日より1枚280円にて発売開始いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線急曲線道路シートを2月1日より1枚280円にて発売開始いたします。

P1460917

既に発売中の道路シートの派生商品です。

今回発売開始するのは2車線道路の急曲線タイプとなります。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもの。

必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

詳しくは当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/2syasendouro.html

2021年1月 2日 (土)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線曲線道路シートを昨日1月1日より発売開始いたしました。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線曲線道路シートを昨日1月1日より発売開始いたしました。

P1460903

既に発売中の道路シートの派生商品です。

昭和40年代から平成初期まで見られた道路標記や横断歩道を再現した「昭和の道路」シリーズとして、いろいろな製品を展開しています。

今回発売するものは2車線道路の曲線仕様となります。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

P1460909

昭和時代の特徴として、まず挙げられるのは写真のような最高速度の指定標示ですね。

現在は最高速度を表す数字だけの標示となっていますが、平成初期に法規が改定されるまでは数字の下に「高」「中」「低」の各種標示が付記されていました。

当時はクルマの大きさによって性能に違いがあり、高速車・中速車・低速車の区分を設けて最高速度を指定していたからです。

今となっては懐かしい標示ですが、まだ探せばこの標示がかろうじて残っている道路があるそうです。

詳しくは当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/2syasendouro.html

2020年12月24日 (木)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線曲線道路シートを1月1日より1枚280円にて発売開始いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の2車線曲線道路シートを1月1日より1枚280円にて発売開始いたします。

P1460900

既に発売中の道路シートの派生商品です。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもの。

必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

詳しくは当店ホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/2syasendouro.html

2020年12月 1日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行急曲線道路シートを本日12月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行急曲線道路シートを本日12月1日より発売いたします。

P1460895

既に発売中の道路シートの派生商品です。

昭和40年代から平成初期まで見られた道路標記や横断歩道を再現した「昭和の道路」シリーズとして、いろいろな製品を展開しています。

今回発売するものは対面通行道路の急曲線仕様となります。

先月販売開始した曲線道路よりも急カーブのものです。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

P1460896

昭和時代の特徴として、まず挙げられるのは写真のような最高速度の指定標示ですね。

現在は最高速度を表す数字だけの標示となっていますが、平成初期に法規が改定されるまでは数字の下に「高」「中」「低」の各種標示が付記されていました。

当時はクルマの大きさによって性能に違いがあり、高速車・中速車・低速車の区分を設けて最高速度を指定していたからです。

今となっては懐かしい標示ですが、まだ探せばこの標示がかろうじて残っている道路があるそうです。

今後は2車線道路の曲線部分などラインナップを増やしていく予定なので、どうぞお楽しみに。

2020年11月24日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行急曲線道路シートを12月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行急曲線道路シートを12月1日より発売いたします。


P1460891


既に発売中の道路シートの派生商品です。


今月販売開始した曲線道路より、もっと急カーブの急曲線道路となります。


写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。


今後は2車線道路や4車線道路などラインナップをどんどん増やしていく予定なので、どうぞお楽しみに。

2020年11月 1日 (日)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを本日11月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを本日11月1日より発売いたします。

P1460887

既に発売中の道路シートの派生商品です。

昭和40年代から平成初期まで見られた道路標記や横断歩道を再現した「昭和の道路」シリーズとして、いろいろな製品を展開しています。

今回発売するものは対面通行道路の曲線仕様となります。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

P1460886

昭和時代の特徴として、まず挙げられるのは写真のような最高速度の指定標示ですね。

現在は最高速度を表す数字だけの標示となっていますが、平成初期に法規が改定されるまでは数字の下に「高」「中」「低」の各種標示が付記されていました。

当時はクルマの大きさによって性能に違いがあり、高速車・中速車・低速車の区分を設けて最高速度を指定していたからです。

今となっては懐かしい標示ですが、まだ探せばこの標示がかろうじて残っている道路があるそうです。

今後は2車線道路の曲線部分などラインナップを増やしていく予定なので、どうぞお楽しみに。

2020年10月27日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを11月1日より発売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを11月1日より発売いたします。

P1460889

既に発売中の道路シートの派生商品です。

昭和40年代から平成初期まで見られた道路標記や横断歩道を再現した「昭和の道路」シリーズとして、いろいろな製品を展開しています。

今回は対面通行道路の曲線仕様となります。

写真のようにA4サイズの用紙に道路シートを印刷したもので、必要なところだけ切って、両面テープで貼るだけでジオラマの道路が手軽に再現できます。

P1460880

昭和時代の特徴として、まず一番にあげられるのは写真のような最高速度の指定標示ですね。

現在は最高速度を表す数字だけの標示となっていますが、平成初期に法規が改定されるまでは数字の下に「高」「中」「低」の各種標示が付記されていました。

当時はクルマの大きさによって性能に違いがあり、高速車・中速車・低速車の区分を設けて最高速度を指定していたからです。

まだ小学生だった店長はいまいち意味が分からずに、この道路標示をマネて落書きしていたことを思い出します。

学習ノートや教科書に「100高中」とか「60低」など、ありえない誤った標示を書いていました。

まあ、今となっては懐かしい標示ですね。

今後は2車線道路や4車線道路などラインナップをどんどん増やしていく予定なので、どうぞお楽しみに。

より以前の記事一覧