無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

オリジナル商品の案内

2018年5月 1日 (火)

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付低速重視型PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを本日5月1日より税込8640円で販売開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付低速重視型PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを本日5月1日より税込8640円で販売開始いたします。

但し、お店は本日定休日のため店頭では明日からの販売開始となります。

P1390740_2ACアダプターが付属しており、トミーテックの電飾キット各種に電源を供給するためのコネクタが内蔵されたパワーパックです。

パワーパックの電源と兼ねた電飾キットON-OFFスイッチ内蔵で、この製品ひとつで最大12個まで電飾キットを点灯することが可能です。

トミーテックの電飾キットは安価で非常に利用しやすい照明ユニットなのですが、乾電池を電源として利用する点がコストパフォーマンスの悪さから大きな欠点でした。

そこで当店ではオリジナル商品として、以前から電飾キット用アダプターユニット(販売価格540円)とスイッチ付給電用ボックス(販売価格4320円)を発売させていただいていましたが、PWM常点灯パワーパックにも内蔵したコンパクトなものが欲しいという声に応えたものです。

パワーパックはPWM(パルス変調)による制御方式のため、既発売のトランジスタ制御「かんたんパワーパック」より低速から滑らかに走行いたします。

常点灯にも対応していますので、ライトや室内灯が停車中でも点灯いたします。

スピードコントロールつまみをゆっくりと回すと、最初にライトや室内灯が点灯してから動力車がゆっくりと走り出す、といった実感的な走行をいたします。

P1390729_2電飾キットの接続の仕方は簡単で、写真のようにパワーパックの上フタを開けて中のコネクターに電飾キットのコネクターを差し込むだけです。

後は裏面に開いた穴から電飾キットを外に出すだけ。

別売りで販売しておりますトミーテック製の電飾キット用延長コード(当店価格6本入り502円)を使用しますと、建物にLEDを組み込んだ後でも接続作業が楽になりますのでオススメです。

ただし、1点だけ注意点がありまして、白色LEDや黄色LEDなど色の違う電飾キットを混在させるときは同じ列のコネクターに混ぜて接続しないようにしてください。

LEDが点灯する電流値が異なる関係で、白色LEDとその他の色のLEDを一緒にすると白色LEDが点灯しなくなります。

写真のように違う列のコネクターに接続すれば大丈夫なので、この点だけはご注意ください。

2018年4月24日 (火)

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付低速重視型PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを5月1日より税込8640円で販売開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付低速重視型PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを5月1日より税込8640円で販売開始いたします。

P1390740ACアダプターが付属しており、トミーテックの電飾キット各種に電源を供給するためのコネクタが内蔵されたPWM常点灯パワーパックです。

パワーパックの電源と兼ねた電飾キットON-OFFスイッチ内蔵で、この製品ひとつで最大12個まで電飾キットを点灯することが可能です。

トミーテックの電飾キットは安価で非常に利用しやすい照明ユニットなのですが、乾電池を電源として利用する点がコストパフォーマンスの悪さから大きな欠点でした。

そこで当店ではオリジナル商品として、以前から電飾キット用アダプターユニット(販売価格540円)とスイッチ付給電用ボックス(販売価格4320円)を発売させていただいていましたが、低速重視型PWM常点灯パワーパックにも内蔵したコンパクトなものが欲しいという声に応えたものです。

パワーパックはPWM(パルス変調)による制御方式のため、既発売のトランジスタ制御「かんたんパワーパック」より低速から滑らかに走行いたします。

より低速が効くように設計してあり、小さい方の調光用つまみで微調整が可能。

常点灯にも対応していますので、ライトや室内灯が停車中でも点灯いたします。

スピードコントロールつまみをゆっくりと回すと、最初にライトや室内灯が点灯してから動力車がゆっくりと走り出す、といった実感的な走行をいたします。

P1390729_3電飾キットの接続の仕方は簡単で、写真のようにパワーパックの上フタを開けて中のコネクターに電飾キットのコネクターを差し込むだけです。

後は裏面に開いた穴から電飾キットを外に出すだけで、写真のようにLEDが点灯いたします。

別売りで販売しておりますトミーテック製の電飾キット用延長コード(当店価格6本入り502円)を使用しますと、建物にLEDを組み込んだ後でも接続作業が楽になりますのでオススメです。

2018年4月 1日 (日)

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを本日4月1日より税込7560円で販売開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを本日4月1日より税込7560円で販売開始いたします。

P1390741_2ACアダプターが付属しており、トミーテックの電飾キット各種に電源を供給するためのコネクタが内蔵されたパワーパックです。

パワーパックの電源と兼ねた電飾キットON-OFFスイッチ内蔵で、この製品ひとつで最大12個まで電飾キットを点灯することが可能です。

トミーテックの電飾キットは安価で非常に利用しやすい照明ユニットなのですが、乾電池を電源として利用する点がコストパフォーマンスの悪さから大きな欠点でした。

そこで当店ではオリジナル商品として、以前から電飾キット用アダプターユニット(販売価格540円)とスイッチ付給電用ボックス(販売価格4320円)を発売させていただいていましたが、PWM常点灯パワーパックにも内蔵したコンパクトなものが欲しいという声に応えたものです。

パワーパックはPWM(パルス変調)による制御方式のため、既発売のトランジスタ制御「かんたんパワーパック」より低速から滑らかに走行いたします。

常点灯にも対応していますので、ライトや室内灯が停車中でも点灯いたします。

スピードコントロールつまみをゆっくりと回すと、最初にライトや室内灯が点灯してから動力車がゆっくりと走り出す、といった実感的な走行をいたします。

P1390725_2電飾キットの接続の仕方は簡単で、写真のようにパワーパックの上フタを開けて中のコネクターに電飾キットのコネクターを差し込むだけです。

後は裏面に開いた穴から電飾キットを外に出すだけ。

別売りで販売しておりますトミーテック製の電飾キット用延長コード(当店価格6本入り502円)を使用しますと、建物にLEDを組み込んだ後でも接続作業が楽になりますのでオススメです。

ただし、1点だけ注意点がありまして、白色LEDや黄色LEDなど色の違う電飾キットを混在させるときは同じ列のコネクターに混ぜて接続しないようにしてください。

LEDが点灯する電流値が異なる関係で、白色LEDとその他の色のLEDを一緒にすると白色LEDが点灯しなくなります。

写真のように違う列のコネクターに接続すれば大丈夫なので、この点だけはご注意ください。

2018年3月22日 (木)

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを4月1日より税込7560円で販売開始いたします。

走るんデスシリーズの新製品、トミーテック電飾キット用コネクタ付PWM常点灯パワーパックACアダプターセットを4月1日より税込7560円で販売開始いたします。

P1390741ACアダプターが付属しており、トミーテックの電飾キット各種に電源を供給するためのコネクタが内蔵されたPWM常点灯パワーパックです。

パワーパックの電源と兼ねた電飾キットON-OFFスイッチ内蔵で、この製品ひとつで最大12個まで電飾キットを点灯することが可能です。

トミーテックの電飾キットは安価で非常に利用しやすい照明ユニットなのですが、乾電池を電源として利用する点がコストパフォーマンスの悪さから大きな欠点でした。

そこで当店ではオリジナル商品として、以前から電飾キット用アダプターユニット(販売価格540円)とスイッチ付給電用ボックス(販売価格4320円)を発売させていただいていましたが、PWM常点灯パワーパックにも内蔵したコンパクトなものが欲しいという声に応えたものです。

パワーパックはPWM(パルス変調)による制御方式のため、既発売のトランジスタ制御「かんたんパワーパック」より低速から滑らかに走行いたします。

常点灯にも対応していますので、ライトや室内灯が停車中でも点灯いたします。

スピードコントロールつまみをゆっくりと回すと、最初にライトや室内灯が点灯してから動力車がゆっくりと走り出す、といった実感的な走行をいたします。

P1390725_3電飾キットの接続の仕方は簡単で、写真のようにパワーパックの上フタを開けて中のコネクターに電飾キットのコネクターを差し込むだけです。

後は裏面に開いた穴から電飾キットを外に出すだけで、写真のようにLEDが点灯いたします。

別売りで販売しておりますトミーテック製の電飾キット用延長コード(当店価格6本入り502円)を使用しますと、建物にLEDを組み込んだ後でも接続作業が楽になりますのでオススメです。

2018年3月 1日 (木)

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて本日3月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて本日3月1日より販売開始します。

P1390416アフターバーナーを用いる軍用機の離陸に対応するため、コンクリートで舗装されたもののなかでも、積雪地域用として雪の中でも黄色いラインとして視認性を良くしたものを今回は再現しました。

先日、販売開始させていただきました「積雪地域軍用滑走路」の拡張用としてもご利用ください。

かなり大きな面積が必要となり現実的ではありませんが、それぞれを組み合わせることで空港全体を作成することも可能です。

A4サイズの用紙に印刷しての販売となります。必要な部分だけ切り取って両面テープで貼り付けてご利用下さい。

P1390418写真のように、こういうシートは空港の模型として機能させるよりも、航空機モデルを飾るディスプレイ台としての用途になると考えています。

見本として昔エフトイズから発売されていた1/144サイズの川崎T-4練習機を置いてみました。

この塗装の仕様は曲技飛行隊のブルーインパルスとして有名ですね。

詳しくは当店ホームページ内の滑走路シートのページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/runway.html

2018年2月23日 (金)

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて3月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて3月1日より販売開始します。

P1390415以前から発売しておりましたアスファルト舗装の「誘導路シート」に対して、アフターバーナーを用いる軍用機の離陸に対応するため、コンクリートで舗装された誘導路を「軍用誘導路」として再現しました。

その軍用誘導路のラインが白い部分を積雪時でも視認しやすいよう黄色に舗装されたのが今回発売させていただく「積雪地域軍用誘導路シート」となります。

ラインナップは通常のアスファルト舗装の「誘導路シート」と全く同じで、全部で7種類のラインナップとなり、一部の誘導路は通常の「誘導路シート」から流用してください。

詳しくは当店ホームページ内の滑走路シートのページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/runway.html

2018年2月 1日 (木)

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用滑走路シートを1枚216円にて本日2月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用滑走路シートを1枚216円にて本日2月1日より販売開始します。

P1390408写真のようにA4サイズの用紙に印刷しての販売となります。必要な部分だけ切り取って両面テープで貼り付けてご利用下さい。

全部で8種類のラインナップとなっています。末端標識など滑走路の再現に必要な一部は通常の「軍用滑走路」から流用してください。

かなり大きな面積が必要となり現実的ではありませんが、それぞれを組み合わせることで空港全体を作成することも可能です。

P1390412小型機が多い1/144サイズ、大型機が多い1/200サイズの航空機モデルのどちらでも利用できるようハイブリッドタイプとして設計いたしました。

写真のように、こういうシートは空港の模型として機能させるよりも、航空機モデルを飾るディスプレイ台としての用途になると考えています。

そこで主役となる航空機の迫力を出すために、違和感がないよう多少小さめに作らせていただいており、同じ滑走路でも置く飛行機のサイズによって広さ(幅)が違って見えます。

Kassouro45m画像のようにそれぞれを組み合わせて滑走路を再現したり、必要な部分だけ組み合わせてお使いください。滑走路は法律で細かく規定されており、組み合わせる際は順序に注意してください。

簡単に説明すると一番左端のゼブラマークは「過走帯標識」といって、オーバーランなどの際の進入用(通常は進入不可)として滑走路の端にあります。その右の横断歩道のような標識は「末端標識」といって、通常時に進入可能な滑走路の末端を表しています。その横の数字は滑走路番号と呼ばれるもので、真北を00として10度ごとに時計回りに36まで、方角の向きによって番号が付けられています。中央の漢数字の「二」のような標識は「接地帯標識」といって、航空機に対し着地に最適な位置を示すものです。その右にあるひときわ太い標識は「主接地帯」といって、大きな空港等にみられる接地帯です。

P1390413写真のようにパネルに貼り付けるだけで、リアルな滑走路のジオラマが出来上がります。

積雪地域の空港は積雪時に視認しやすいよう、通常は白いラインを黄色くしているのが特徴です。

太平洋側にはほぼ存在しませんが、積雪の多い日本海側や東北・北海道の空港には多く存在します。

詳しくは当店ホームページ内の滑走路シートのページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/runway.html

2018年1月25日 (木)

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用滑走路シートを1枚216円にて2月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用滑走路シートを1枚216円にて2月1日より販売開始します。

P1390410以前から発売しておりましたアスファルト舗装の「滑走路シート」に対して、アフターバーナーを用いる軍用機の離陸に対応するため、コンクリートで舗装された滑走路を「軍用滑走路シート」として再現しました。

今回発売するのはその軍用滑走路シートの積雪地域版として、通常は白色で舗装されているラインを積雪時でも視認しやすいよう黄色に舗装されたものとなります。

大きく分けて幅が違う2種類の滑走路があり、滑走路の幅が広い幅広タイプと幅が狭い幅狭タイプに分かれており、ともに1/144や1/200サイズ用のNゲージに近い大きさのモデル用です。

P1390409写真は幅広タイプの滑走路シートで、自衛隊の戦闘機ではちょっと大柄のF15イーグルの1/144版を置いてみました。

この幅広タイプはA4用紙を横に使っており、1/144サイズのモデルを置くと幅約45mの滑走路に、1/200サイズのモデルを置くと幅約60mの軍用基地もしくは民間との共用空港の滑走路になります。

このサイズだと2機同時の並走離陸を再現しても違和感がありませんね。

P1390411写真は幅狭タイプの滑走路シートで、いかにも自衛隊らしいモデルということで、国産の三菱F-1を置いてみました。

この幅狭タイプはA4用紙を縦に使っており、1/144サイズのモデルを置くと幅約30mの滑走路に、1/200サイズのモデルを置くと幅約45mの軍用基地もしくは民間との共用空港の滑走路になります。

全部で8種類のラインナップがあります。

詳しくは下記リンク先の当店ホームページの滑走路シートのページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/runway.html

2018年1月 3日 (水)

貼るダケシリーズの新製品、自転車道4車線道路対応カーブシートを1月1日より1枚税込216円で発売中です。

貼るダケシリーズの新製品、自転車道4車線道路対応カーブシートを1月1日より1枚税込216円で発売中です。

以前より発売しております「自転車道シート」の曲線道路対応版です。

4車線の曲線道路にカーブを合わせて設計してあります。

2車線や対面通行の道路は先月までに発売させていただきました、自転車レーン付道路を使ってください。

今回のものはそれでは対応できない4車線道路や河川敷などにある独立した自転車道用となります。

ラインナップは以下の4種類あります。

P1390232まずはオーソドックスな通常のアスファルト舗装の自転車道シートです。

無難なデザインなので汎用性が高く、どこに設置されても違和感はありません。

ただし、最近は赤色や青色に舗装されたものが多いので、昭和時代の町並みなどに似合うかと思います。

P1390243こちらは近年よく見られた赤色舗装の自転車道シートです。

無難なデザインなので汎用性が高く、どこに設置されても違和感はありません。

ただし、最近は青色舗装が採用されていることが多く、あまり見かけなくなっているような気がします。

P1390246あちらこちらで見られるようになってきた青色舗装の自転車道シートです。

最近は新たに設置される自転車道には青色舗装が採用されていることが多いようです。

明確な規定はないようですが、この青色舗装が自転車道の標準色になっているようです。

P1390250最後に紹介するのがこちらの緑色舗装タイプ。

松山や仙台など地方都市でよく見られる緑色舗装の自転車道シートです。

こちらも最近は青色に塗り替えられつつあるそうです。

上記の4種類にそれぞれ4車線曲線道路の内側用・外側用と2種類がありますので、合計8種類となっております。

詳しくは下記のリンクからホームページをご覧ください。

http://mokei-ya.la.coocan.jp/romenhyouzi.html

2017年12月25日 (月)

貼るダケシリーズの新製品、自転車道4車線道路対応カーブシートを1月1日より1枚税込216円で発売します。

貼るダケシリーズの新製品、自転車道4車線道路対応カーブシートを1月1日より1枚税込216円で発売します。

P1390244以前より発売しております「自転車道シート」の曲線道路対応版です。

4車線の曲線道路にカーブを合わせて設計してあります。

2車線や対面通行の道路は先月までに発売させていただきました、自転車レーン付道路を使ってください。

今回のものはそれでは対応できない4車線道路や河川敷などにある独立した自転車道用となります。

P1390249かなり手を抜いておりますが、広告撮影用にジオラマをつくってみました。

こんな感じに自転車道つきの道路が簡単に再現できます。

より以前の記事一覧