無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

車両加工のサンプル写真

2018年8月13日 (月)

カトーのE6系新幹線こまちに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。

カトーのE6系新幹線こまちに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。

P1410080P1410083お客様から依頼を受けたものです。

左が通常の状態で、右がスパーク点灯した状態です。

一定以上の電圧がかかるとランダムに適当な間隔で、スパークするように光ります。

ちなみに、今回は当店でも取扱いを開始した永末システムのパンタスパーク点灯ユニットを利用いたしました。

国産DCCデコーダーの製造メーカーとして有名であり、当店での長期テストでも問題はありませんでしたのでお勧めです。

P1410088_2テスト走行ではこんな感じで光ります。

ちなみに、今回はシングルパンタ車なので、ユニット代込み1両4500円の基本工賃にて加工させていただきました。

当店でのパンタスパーク取付サービスはいつでも受け付けております。

2018年8月10日 (金)

トミックスの近鉄21000系アーバンライナーplusの中間先頭車のライトを点灯化しました。

トミックスの近鉄21000系アーバンライナーplusの中間先頭車のライトを点灯化しました。

P1410344P1410347本日入荷したばかりの新製品です。

発売前よりお客様からご依頼を受けておりました、中間先頭車へのライト点灯加工を早速やってみました。

集電対応は室内灯装備のために初めからされているので問題なかったのですが、やはりライトユニットの取付スペースがほとんどないので加工は少し大変でした。

P1410390製品のままでは点灯しない中間先頭車のライトですが、写真のように前進時はヘッドライトが電球色にLEDで点灯するとともに、下部の標識灯もオレンジLEDで点灯いたします。

もちろん後進時にはテールライトが赤色LEDで点灯するようになっています。

残念ながらスペースの都合でON/OFFスイッチを設けられないので、常時点灯してしまいますが・・・。

P1410341P1410342実際に連結して走行テストしてみたところ、写真のような感じです。

常点灯機能付きのパワーパックでモーター車を抜いたうえで、出力を最大にして撮影しております。

連結面の間隔が狭いのと、平面顔なのでそれほど中間で点灯していても目立たないのかな・・・と思いますが、いかがでしょうか?

P1410343P1410340編成の前後から見るとこんな感じです。

こちらはモーター車を入れてうえで、出力を走り出す手前で止めて撮影しました。

中間先頭車のライトの点灯はこんな感じに見えます。

ちなみに中間先頭車のライト点灯化の工賃ですが、1両7500円にて承っております。

中間先頭車へのモーター車の移設も工賃2000円で承っており、中間先頭車だけの2両編成で走行させることも可能です。

2018年8月 9日 (木)

トミーテックの鉄コレ、えちぜん鉄道6000形のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、えちぜん鉄道6000形のライトを点灯化しました。

P1390824P1390825お客様からご依頼を受けたものです。

前進時にはヘッドライトが白色に、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

もちろん、いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は穴あけ加工代+部品代込み片運転台8000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2018年8月 5日 (日)

カトーのE5系新幹線はやぶさに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。

カトーのE5系新幹線はやぶさに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。

P1410094P1410093お客様から依頼を受けたものです。

左が通常の状態で、右がスパーク点灯した状態です。

一定以上の電圧がかかるとランダムに適当な間隔で、スパークするように光ります。

ちなみに、今回は当店でも取扱いを開始した永末システムのパンタスパーク点灯ユニットを利用いたしました。

国産DCCデコーダーの製造メーカーとして有名であり、当店での長期テストでも問題はありませんでしたのでお勧めです。

P1410092テスト走行ではこんな感じで光ります。

ちなみに、今回はシングルパンタ車なので、ユニット代込み1両4500円の基本工賃にて加工させていただきました。

当店でのパンタスパーク取付サービスはいつでも受け付けております。

2018年7月28日 (土)

グリーンマックスの新製品、近鉄22600系Ace新塗装へのトミックス製ボディマウントTNカプラーを取付を1両2000円で承っております。

グリーンマックスの新製品、近鉄22600系Ace新塗装へのトミックス製ボディマウントTNカプラーを取付を1両2000円で承っております。

カプラー代は別になりますので、別途ご用意いただくか当店にてお買い求めください。

P1410184写真のように実車と同じ黒色のTNカプラーを取り付けいたします。

製品そのままではドローバーによる連結となりますので面倒くさいのも事実です。

TNカプラーを取り付けると実際に連結できるようになったうえに、製品そのままのダミーカプラーより見栄えがするような気がしませんか?

P1330484近鉄特急は併結運転がほとんどなので、先頭車へのカプラー加工がオススメです。

利用するTNカプラーは写真のバネつきの品番JC6323(当店価格1個324円)を使用いたします。

当店ではまだまだ在庫がありますが、カプラーは持ち込みでもご依頼を受け付けております。

P1410185実際に連結させるとこんな感じです。

実感的な連結間隔になっているのが良く分かりますね。

ちなみに今回発売されたAce新塗装は大変完成度が高く、動力ユニットも滑らかになり良くなっているのですが・・・。

標識灯だけはあいかわらず白色に点灯するので違和感があります。

当店では1両500円で実車と同じくオレンジ点灯するよう加工を承っておりますので、一緒にいかがでしょうか?

同時にヘッドライトへのテールライト光漏れ防止加工も無料サービスで行わせていただきます。

2018年7月27日 (金)

マイクロエースの203系のライトを白色LED化しました。

マイクロエースの203系のライトを白色LED化しました。

P1400338お客様よりご依頼を受けたものです。

右側が製品そのままのオレンジLEDによる点灯状態、左側が今回加工した白色LED化した製品です。

白色LED化したので明るさがかなり明るくなりました。

方向幕が実車と同じく蛍光灯で光っているように見えますね。

P1400339こちらはテールライトの点灯状態です。

テールライトはそのままなので、方向幕の色味が変わっただけですね。

ちなみに今回の工賃は部品代込み1両1500円にて承りました。

2018年7月25日 (水)

トミーテックの鉄コレ、阪急5300系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、阪急5300系のライトを点灯化しました。

P1400356お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯するよう加工しました。

今回は快速運用なので、標識灯の点灯も向かって右側のみ点灯するよう加工してあります。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金はヘッド・テール・標識灯で3ユニット分となり、部品代込み1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2018年7月24日 (火)

トミーテックの鉄コレ、東急7000系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、東急7000系のライトを点灯化しました。

P1390110お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は部品代込み、穴あけ加工代を含めて1両7000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

標識灯を点灯化する場合は+2500円です。

2018年7月23日 (月)

トミーテックの鉄コレ、営団2000形のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、営団2000形のライトを点灯化しました。

P1390855お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は穴あけ加工を含みますので、部品代込み1両6000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2018年7月22日 (日)

カトーのD51ー498号機のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

カトーのD51ー498号機のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

P1380792 こちらはテンダーヘッドライトの点灯状態です。テンダー側へのバック運転時のみ点灯いたします。

電圧を上げると動き出しますので、ギリギリの明るさで撮影していますから少し暗く見えますが、走行状態だと充分明るく点灯いたします。

こちらの加工工賃は1両2000円で承っております。

P1380794テールライトの点灯状態です。

穴を開けてレンズを入れております。

もちろんバック運転時には消灯いたします。

こちらの加工工賃は1両5000円にて承っており、ヘッドライトと同時加工であれば合計6500円で承ります。

より以前の記事一覧