無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

車両加工のサンプル写真

2017年4月19日 (水)

トミーテックの鉄コレ、島原鉄道キハ2006のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、島原鉄道キハ2006のライトを点灯化しました。

P1370124P1370125お客様からご依頼を受けたものです。

前進時にはヘッドライトが電球色に、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

もちろん、いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は部品代込み1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

ここからはお知らせです。

本日、4月19日(水曜日)は都合により臨時休業させていただきます。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

2017年3月31日 (金)

花園のNゲージ、土佐くろしお鉄道9640型のライトを点灯化してみました。

花園のNゲージ、土佐くろしお鉄道9640型のライトを点灯化してみました。

P1370185店長の個人所有の車両で試してみたのですが、いかがでしょう?

道具箱の中に使えそうな四角いレンズとライト枠のエッチングパーツを見つけたので加工してみたのですが・・・。

四角い穴を開けるのがキレイにできず、あまり良い出来ではありませんね。(涙)

P1370184こちらはテールライトの点灯です。

ただし、残念ながら四角いエッチングパーツのライト枠から赤い光が漏れてしまっています。

やはり四角いライトの穴あけは難しいですね。

試してみた結果あまりキレイにできませんでしたので、こちらの加工依頼は受けないことにいたしました。

2017年3月30日 (木)

トミックスの500系新幹線タイプEVAにパンタスパークの点灯加工をしました。

トミックスの500系新幹線タイプEVAにパンタスパークの点灯加工をしました。

P1370005P1370004お客様から依頼を受けたものです。

左が通常の状態で、右がスパーク点灯した状態です。

一定以上の電圧がかかるとランダムに適当な間隔で、スパークするように光ります。

ちなみに、今回はお客様よりあらかじめご用意いただいたパンタスパークキットを利用いたしました。

以前は当店でも取扱いしていたのですがメーカー様の事情で生産中止となりましたので、お手数をおかけいたしますがお客様の方でキットを用意いただく必要があります。

P1350600今回、お客様にご用意いただいたのが、写真の商品です。

エクシンテック株式会社様が発売されているそうで、当店が以前扱っていた製品より価格は高くなっています。

しかしながら中身を見たところ、基盤のサイズが小型化されてより組込みしやすくなっているのと、パンタへ取り付けるLEDが極細コードで配線済みでリアルになっており、点灯パターンも変更できたりLEDも2個まで増設できるなど価格相応の製品であることは間違いありません。

詳しくはリンク先のページをご覧ください。

エクシンテック株式会社様 http://www.exinetech.com/

関西ではスーパーラジコン日本橋店様で取扱っているそうです。

スーパーラジコン日本橋店様 http://www.super-rc.co.jp/train/index.html

ちなみに、今回は1両あたり2500円の基本工賃にて加工させていただきました。

当店でのパンタスパーク取付サービスはいつでも受け付けております。

残念ながら当店ではキットの取扱いがございませんので、基盤を購入してみたものの取り付けが難しいと感じられたお客様はどうぞご利用ください。

2017年3月27日 (月)

トミーテックの鉄コレ、阪急6300系京とれいんのライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、阪急6300系京とれいんのライトを点灯化しました。

P1370086お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にヘッドライトが電球色に点灯するとともに標識灯が両側とも電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯するよう加工しました。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

今回からカトーの京とれいんへの加工と同じく上部のヘッドライトのLEDを高品質のものに変えています。

ちなみに加工料金はヘッド・テール・標識灯で3ユニット分となり、部品代込み1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2017年3月23日 (木)

カトーの阪急6300系と6300系京とれいんへの、標識灯点灯加工を行いました。

カトーの阪急6300系と6300系京とれいんへの、標識灯点灯加工を行いました。

P1360799お客様からのご依頼で、こんな感じで加工中です。

これまでもかなりの両数を加工してきましたが・・・。

今回からは使用するLEDを高輝度電球色の少し高価なものに変えております。

効果としてはヘッドライトの電球色の色味が、標識灯の電球色の色味に近づきました。

P1360805こんな感じで点灯いたします。

ちなみに工賃はこれまでと同じく、価格は据え置きで1両4500円にてヘッド&テールライトのLED化と一緒に承っております。

特製品として販売中の標識灯点灯加工済みカトー製6300系京とれいんがちょうど売り切れていましたので、2セットのみ同じように制作いたしました。

こちらもこれまでと同じく価格は据え置きで、6両セット24552円で販売しております。

2017年2月18日 (土)

トミーテックの鉄コレ、近鉄900系冷房車のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、近鉄900系冷房車のライトを点灯化しました。

P1370027お客様からご依頼を受けたものです。

行先種別が快速急行なので、ご要望により前進時にヘッドライトが電球色に点灯するとともに標識灯が両側とも電球色に点灯するよう加工しました。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

P1370028後進時にはもちろんテールライトがLEDで赤く点灯いたします。

ただし、ライトユニットを搭載するスペースが狭いため、通常のライトユニットは組み込めません。

いろいろ工夫して点灯化したので、工賃は少し割高となります。

加工料金はヘッド・テール・標識灯で3ユニット分+割り増し工賃となり、部品代込み1両8500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

標識灯を点灯化しない場合の工賃は1両5000円です。

P1370029今回ご依頼いただいた車両はトレーラー車だったので、当店のレイアウトで店長所有の近鉄電車に繋いで動作チェックしました。

試験中の写真ですが、良い感じにライトが点灯していますね。

少し工賃は高いですが、それだけの価値はあるかと思います・・・。

2017年2月11日 (土)

ワールド工芸のプラスチックキットからJR東海のキヤ97-0番台を組み立てました。

ワールド工芸のプラスチックキットからJR東海のキヤ97-0番台を組み立てました。

P1360812お客様からのご依頼で、組立&塗装後にライトの点灯加工も施しています。

これまでにも20セット近くご依頼で組み立ててきましたが、今回は少し違います。

というのも少し前に新たに発売されたキヤ97-200番台の組立経験を元に、集電方法を改良しました。

P1360813もともとトラックみたいな形をしていますので、前後の台車の重量バランスが悪くどうしても集電不良を起こしやすいのですが・・・。

キヤ97-200番台の組立で試してみた方法が意外と良好だったので、それを反映してみた次第です。

見た目にはあまり変わっていないように見えますが、テスト走行すると集電不良がかなり減っております。

P1360806但し、ポイントやS字カーブでは脱線しやすいのは変わらないので、できれば低速での運転をオススメいたします。

テールライトの点灯加工も少し改良しましたので、ヘッドライトへの光漏れも減りました。

ちなみにキット持ち込みでのご依頼は、これまでと変わらずライト点灯加工込み工賃25000円で承っております。

2017年2月 9日 (木)

天賞堂のHOゲージ、9600形二つ目ライトにキャブライトを追加しました。

天賞堂のHOゲージ、9600形二つ目ライトにキャブライトを追加しました。

P1360729お客様からのご依頼です。

電気機関車やディーゼル機関車へのキャブライト点灯加工は時々ご依頼を受けるのですが、蒸気機関車へはあまり多くありません。

前からの写真だと点灯しているのが少々分かりにくいですが、いかがでしょうか?

P1360728キャブライト点灯加工中の様子です。

ボイラーとテンダーの間はなるべく配線が少ない方が理想なので、できるだけボイラー内で配線が完結するように考えます。

幸い、この9600形はボイラー内にモーターへの端子が見えますので、モーターを一度取り外してからキャブライトへの+-の配線を取り出してあります。

P1360732完成するとこんな感じに光ります。

白熱灯らしさを強調して、いつも使用するものより少し大きめのチップ形電球色LEDを使いました。

ちなみに加工工賃は7500円にて承りました。

2017年2月 7日 (火)

カトーのEF58特急色のテールライトを点灯化しました。

カトーのEF58特急色のテールライトを点灯化しました。

P1350574お客様のご要望により第2エンドのみ点灯化しました。

こうすると第1エンド側に客車を牽けば、客車側のテールライトは点灯しないので違和感がありません。

当然、後進時には写真のようにキレイにテールライトが点灯します。

ちなみに加工料金ですが、部品代込み4000円にて承りました。

2017年2月 6日 (月)

トミーテックの鉄コレ、阪急5300系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、阪急5300系のライトを点灯化しました。

P1360515お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にヘッドライトが電球色に点灯するとともに標識灯が両側とも電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯するよう加工しました。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金はヘッド・テール・標識灯で3ユニット分となり、部品代込み1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

より以前の記事一覧