無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ワールド工芸のプラキット、NゲージのDE50を組み立て中。(その3) | トップページ | スイス形Nゲージ、ミニトリックスのSBB(スイス国鉄)Re460のテールライトを点灯化しました。 »

2024年6月12日 (水)

ワールド工芸のプラキット、NゲージのDE50が完成しました。

ワールド工芸のプラキット、NゲージのDE50が完成しました。

P1550523

お客様からのご依頼です。

プラスチックキットを塗装組立して、ヘッドライトの点灯加工を施しました。

組立の順番を除けば、ほぼ説明書どおりに組み立てました。

両方の先頭部ともに写真のようにライトが電球色LEDにて点灯するよう加工済みです。

前進時のみヘッドライトが電球色に点灯いたします。

P1550522

横から見るとこんな感じです。

DE10のように前後でボンネットの長さが違います。

実物は長い方に2000馬力の大きなエンジンが1台積まれています。

短い方には大きなエンジンを冷却するための大型ラジエーターが入っています。

2つのエンジンを持つDD51の後継車種として1エンジンでの保守軽減のために開発された機関車ではありますが・・・。

結局は試作の1両が製造されただけで終わりました。

現在でも津山の機関庫に保存展示されているのは有名ですね。

P1550524

ボンネットが長い方を前にするとこんな感じです。

この角度から見るとまるでDD51のように見えます。

さすがに後継機種として作られただけあって、よく似ていますね。

ちなみに工賃ですが、ライトの点灯化も含めて39000円にて承りました。

« ワールド工芸のプラキット、NゲージのDE50を組み立て中。(その3) | トップページ | スイス形Nゲージ、ミニトリックスのSBB(スイス国鉄)Re460のテールライトを点灯化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事