無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 走るんデスシリーズの新製品、ミニサイズかんたんパワーパックを1月1日より税込3850円にて販売を開始させていただきました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、名古屋市交通局3050形のライトを点灯化しました。 »

2024年1月 4日 (木)

トラムウェイのHOゲージ、キハ25一般色にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トラムウェイのHOゲージ、キハ25一般色にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1540411

お客様からご依頼を受けたものです。

屋根の中や床下にはサウンドデコーダーを搭載するスペースがほとんどありません。

そこで今回はなるべく目立たない位置に搭載することを考慮して、車内に設置することにしました。

P1540410

トラムウェイの動力ユニットは車内にモーターが丸見えなので、デコーダー本体はそのモーターの上に設置。

スピーカーは運転台すぐ後ろの客室スペースに搭載しました。

配線後は組み立てに邪魔にならないよう、写真のようにコードをコンパクトにまとめてあります。

ヘッドライトとテールライトはF0ボタンで同時にON/OFFとなります。

もちろん前進時はヘッドライトが、後進時にはテールライトが点灯するようになっています。

室内灯は同時に取付依頼を承りました。スペースの都合で自作品を使用しております。

ちなみに加工工賃は同じ仕様にした場合、デコーダー代込み35000円となります。

音源はお客様がキハ52から録音した音を編集したものに入れ替えて使わせていただきました。

同時に一緒に連結するキハ20のトレーラー車にもDCCデコーダーを組み込みました。

P1540409

ヘッドライトとテールライトの点灯制御だけなので、カトー製のフレンドリーデコーダーを使っております。

デコーダーは外からなるべく見えないよう、座席パーツの穴の中に設置いたしました。

これでDCC制御でライトのON/OFFが可能になり、ヘッドライトとテールライトは進行方向により自動で切り替わります。

ちなみに加工工賃ですが、片運転台車なのでデコーダー代込み1両9000円にて承りました。

ちなみに室内灯はスペースの関係で自作品なので、1両5000円の工賃で取付させていただきました。

« 走るんデスシリーズの新製品、ミニサイズかんたんパワーパックを1月1日より税込3850円にて販売を開始させていただきました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、名古屋市交通局3050形のライトを点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事