無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、ドイツのマインツトラムタイプ200を加工して、実在するドイツのトラム[MGT6D」が完成しました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、ドイツのジェナトラムタイプGT6Mを加工して、実在するドイツのトラム[MGT6D」旧塗装が完成しました。 »

2023年6月29日 (木)

トミーテックの鉄コレ、ドイツのジェナトラムタイプGT6Mを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。

トミーテックの鉄コレ、ドイツのジェナトラムタイプGT6Mを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。

Dsc02200

製作するのは写真のトラムです。

先日制作した車両と同じで、その旧塗装タイプとなります。

日本でも有名なシーメンスグループとなった、デュワグが製造した「MGT6D」という形式。

店長の妹家族が住んでいたドイツのハイデルベルグという街を走る路面電車。

ハイデルベルグ市内線専用として活躍する車両です。

鉄コレ製品はアドトランツ製の車両をモデルしているため、製造メーカーが違うものの同じドイツ車なので・・・。

なんとなく塗装を塗り替えただけで、似たものができないかと挑戦しているものです。

P1520057

これがそのタネ車となるドイツのジェナトラムタイプです。

中古品として売れ残ったものが動力ユニット付2000円で安く販売されていたので、改造用に衝動買いしてしまいました。(笑)

ドイツに多い片運転台タイプではなく、ハイデルベルク市内を走る実車と同じ両運転台仕様なので好都合でした。

P1520094

というわけで塗料が終わりました。

ホワイトの車体にライトブルーの帯だけなので楽でした。

塗装はもちろんお手軽制作なので、グリーンマックスの鉄道カラースプレーを用いました。

ライトブルーは色味が似ている東武ライトブルーを選びました。

P1520098

窓ガラスを入れて動力ユニットを付けて、完成した車両を元の箱に載せてみました。

イラストの車両と比べると違いがよく分かります。

同じドイツ車両でも製造メーカーが違うため、車体の形が異なります。

乗降扉の位置や窓の高さも異なるので、違和感は残りますがお手軽制作なのでご容赦ください。

まあ、塗装を塗り替えただけでもそれっぽくなったような気がしますね。

後は動力ユニットにライトユニットを取り付けて点灯化させれば完成となります。

« トミーテックの鉄コレ、ドイツのマインツトラムタイプ200を加工して、実在するドイツのトラム[MGT6D」が完成しました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、ドイツのジェナトラムタイプGT6Mを加工して、実在するドイツのトラム[MGT6D」旧塗装が完成しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事