無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作します。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。(その2) »

2023年6月13日 (火)

トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。(その1)

トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。(その1)

Rnv2020

製作するのは写真のトラムです。

チェコのシュコダが製造した新世代の超低床路面電車。

写真は今年から運転を始めた3車体の36Tという形式ですが、制作するのは来年以降に運転を開始する4車体の37Tです。

店長の妹家族が住んでいたドイツのハイデルベルグという街を走る新しい路面電車。

なんとなく富山ライトレールに似ているので、制作できないかと挑戦しています。

P1520010

まずは塗装を変更する前に、しっかりと油分を落とすため洗浄。

写真は乾燥中の姿です。

こうして4車体を並べてみると、なんとなく実車の姿をイメージできます。

先日、広電のグリーンムーバーマックスからドイツのトラムを制作した時よりは、実車のイメージに近いかも・・・。

P1520015

写真は下地にサーフェイサーを塗装して、ベースになるホワイトまで塗った状態。

白に車体を塗装するといよいよ実車のイメージに近づきますね。

P1520028

実車と同じく窓周りのブラックアウト部に黒色を塗装しました。

だいぶ実車の写真に近づいてきましたね。

ヘッドライト部は少々強引ですが、塗装で無理やり6灯式に変えました。

続きは長くなりますので、また後日に。

« トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作します。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、富山ライトレールを加工して、実在するドイツのトラムを制作中。(その2) »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事