無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して、実在するドイツのトラムを制作中です。(その1) | トップページ | モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して制作した、実在するドイツのトラム「6MGT」が完成しました。 »

2023年6月21日 (水)

モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して、実在するドイツのトラムを制作中です。(その2)

モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して、実在するドイツのトラムを制作中です。(その2)

Dsc02263

製作するのは写真のトラムです。

日本でも有名なシーメンスグループとなった、デュワグが製造した「6MGT」という形式。

店長の妹家族が住んでいたドイツのハイデルベルグと路線がつながるマンハイムという都市を走る路面電車。

マンハイムでは主力として活躍する車両です。

先日制作した「バリオバーン」はハイデルベルグからマンハイムへ乗り入れるため一緒に走行できるように作ることにしました。

P1520065

こちらは塗装を終えた後、塗分けのバランスを見るため先日作った「バリオバーン」と並べた状態の写真です。

一番手前には同時に塗装している別の車両が写っていますが・・・。

こちらはまた後日に紹介させていただきます。

どの車両も形が違うのですが、ほぼ同じ位置で塗分けてイメージカラーに塗装されています。

その影響で塗分けラインを決めるのに苦労しました。

そもそもモデルにした車両が違うので、実車通りに塗分けるわけにもいかず・・・。

イメージ重視で多少デフォルメさせていただきました。

P1520067

塗装ができた車体に動力ユニットを組み込めば、写真のように完成です。

前面と側面の行先表示はそのままでは、「宮島駅」になっていて違和感丸出しです。(笑)

そこで以前にカトーから出ていた、ドイツの近郊電車の余っていたシールを貼り付けました。

S3 Mannheim Hbfシールなので、日本語にするとマンハイム中央駅行ですね。

実車の表示は通常MA Hauptbahnhofとなり、マンハイムが省略されてMAとなり中央駅部分が強調されますが。

手持ちのシールがありませんので、意味は同じですからココは妥協します。

実車とは扉の位置と窓の高さが全然違うため、見比べると違和感が残りますが・・・。

ここは雰囲気重視なので、妥協してこれで完成としました。

« モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して、実在するドイツのトラムを制作中です。(その1) | トップページ | モデモの広電5000形グリーンムーバーを加工して制作した、実在するドイツのトラム「6MGT」が完成しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事