無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« オーストリアのHOゲージ、2階建てシティシャトルのライトを修理しました。 | トップページ | ドイツのHOゲージ、キブリの工事用車両を修理しました。 »

2023年2月16日 (木)

オーストリアのHOゲージ、シティシャトルのライトを点灯化しました。

オーストリアのHOゲージ、シティシャトルのライトを点灯化しました。

P1510160

クレインバーンというメーカーのもので、某所の中古品を店長が個人的に購入したものです。

訳ありということで安かったのですが・・・。

そのわけというのが写真のようにヘッドライトもテールライトも故障して点灯しないというもの。

P1510165

こちらも最初はDCCデコーダーでも入っていて、誤作動しているのかと思いましたが・・・。

分解してみるとそういうわけでもなく、どうやらもともとライトが点灯しないようです。

そもそもライトユニットが入るスペースさえありません。(笑)

P1510166

ということで当店にてライトの点灯化を行うことにしました。

面白いことにこの製品は写真のように制御客車の前面が外れます。

加工がやりやすくて良いですね。

P1510167

内部に遮光のための塗装を施して、自作のライトユニットを組み込みました。

P1510168

集電はこんな感じで、台車の裏にカトーのNゲージ用室内灯の集電板を流用したものを入れました。

P1510169 P1510170

ということで無事にライトが点灯するようになりました。

« オーストリアのHOゲージ、2階建てシティシャトルのライトを修理しました。 | トップページ | ドイツのHOゲージ、キブリの工事用車両を修理しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事