無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 先日、約1か月かけて制作したピギーパック貨車で遊んでみました。 | トップページ | カトーのHOゲージ、クモハ40にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。 »

2022年6月14日 (火)

トミックスのHOゲージ、琴電3000形にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、琴電3000形にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

お客様からのご依頼です。

工賃を抑えるためヘッドライトとテールライトのみの点灯制御で承りました。

P1500103

車体を分解すると中はこんな感じです。小さな車体一杯に動力ユニットが詰め込まれています。

トミックス製品ということもあり、そのままではとてもDCCデコーダーの組込ができない仕様です。

とりあえず写真のようにDCCデコーダーの組込に耐えられるよう、配線をやり直してあります。

P1500160

永末システムさんの旧型国電用サウンドデコーダーを使いました。

サイズが小さい製品を使いましたので、写真のように大きなスピーカーを設置することができました。

P1500161

通常どおりファンクションはF0でヘッドライトとテールライトの同時点灯制御が可能です。

ちなみに加工工賃は同じ仕様にした場合、デコーダー代込み38000円となります。

追加で室内灯点灯化は6000円の工賃で可能です。

« 先日、約1か月かけて制作したピギーパック貨車で遊んでみました。 | トップページ | カトーのHOゲージ、クモハ40にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事