無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« カトーのEF510-500北斗星色のテールライトを点灯化しました。 | トップページ | 珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを制作中。(その1) »

2020年10月18日 (日)

珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを格安で入手しました。

珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを格安で入手しました。

P1460321

外国形のSLはキット形式で作ったことがなかったので、挑戦してみたくなりました。

その特徴から日本でも比較的知られている変わった蒸気機関車なので、外国形の専門店に行けば5万円ほどで購入が可能です。

それが未組立のキット状態で15000円で売られていましたので、迷わず飛びついてしまいました。

本当は完成品を買えば楽なのですが、10万円を超えますのでさすがに手が出せません。

P1460322

中身はこんな感じです。

HOeなので線路はNゲージと同じ9mmですが、サイズはHOなので部品が非常に多いですね。

店長程度の経験ではいろいろな面で、かなりの挑戦となりそうです。

そろそろこういう本格的なキットに手を出してもいいかな・・・なんて甘い考えだったのかも。(汗)

P1460323

ドイツ製品なので、当たり前ですが説明書はドイツ語表記です。

店長は大学でドイツ語を第二外国語として学びましたがほとんど忘れているうえに、英語ももともと得意ではありません。

ですから細かいニュアンスはさっぱり分かりませんが、説明書は注意事項さえ理解できれば何とかなります。

幸いボディの組み立てだけは、写真のように図解がありますから助かりました。

P1460324

ボディはほとんどホワイトメタル製となっています。

熱に弱いためハンダ付けができないのが難点ですね。

瞬間接着剤と2液混合エポキシ接着剤の併用で強度を確保することになります。

日本型のキットの場合、強度が必要な個所は真鍮製でハンダ付けが基本ですから違和感がものすごくあります。

« カトーのEF510-500北斗星色のテールライトを点灯化しました。 | トップページ | 珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを制作中。(その1) »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事