無料ブログはココログ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを11月1日より発売いたします。 | トップページ | 珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5をキットから作りました。 »

2020年10月28日 (水)

珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを制作中。(その6)

珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5の組み立てキットを制作中。(その6)

P1460408

せっかく組み立てた動力ユニットですが、塗装のために一度バラバラにしました。

本当はロッドも分解して塗装したほうがリアルなのですが、走行性能に悪影響がありそうなので止めました。

完成品でも塗装はされていないようなので、ここは妥協することにします。

P1460410

塗料を良く乾かした後に、再度組み立てて走行試験します。

と言っても後位側だけなので、レール上ではなくモーター直結の転がり試験です。

ここで軽く動輪が回るように、最終的な調整を行いました。

P1460412

前位側は未塗装の状態でも少し動きがぎこちないことがありましたから、念入りに再組立します。

組み立てながら途中途中で動きをチェックしつつ、見た目の歪みより走行重視で調整。

P1460414

最終的に動力ユニットだけで組み立てを完成させた後、キレイに動くように徹底的に微調整しました。

普通のSLの2両分ありますので、調整が大変です。

P1460422

ボディの方も付属のナンバープレートなどを取付して、細かい部品の色入れを行いました。

キャブの屋根は取り外せるようになっていますので、説明書とは異なり内部まで作りこんでみました。

適当に配管やメーターをそれなりに見えるよう付けただけですが、満足のいく出来になっています。

P1460425

ボディと動力ユニットを組み立てれば完成。

とにかく時間だけはかかりましたが、上手く作ることができました。

初めは自信がなかったのですが、やってみれば何とかなるものですね。

挑戦してみて良かったキットでした。

 

« 貼るダケシリーズの新製品、昭和の対面通行曲線道路シートを11月1日より発売いたします。 | トップページ | 珍しいMODELLOCOのHOeゲージ、BR99.5をキットから作りました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事