無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« カトーのトワイライトEXP瑞風が入荷しましたので、トミックス製と比べてみました。 | トップページ | 走るんデスシリーズの新製品、ミニサイズポイント切替器を昨日12月1日より税込2200円で販売開始させていただきました。 »

2019年12月 1日 (日)

カトー製のトワイライトEXP瑞風の室内灯を明るく点灯するように加工しました。

カトー製のトワイライトEXP瑞風の室内灯を明るく点灯するように加工しました。

P1440587 P1440591  P1440592 P1440593 P1440594 P1440596

写真のようにTORM製のLED室内灯に交換しました。

それぞれ展望先頭車・ツイン車両・スイート車両の交換前と交換後を並べています。

純正のプリズムだと専用品で改善されているとはいえ、どうしてもトミックス製の標準装備の室内灯よりは暗く見えてしまいます。

特に端に行くほど暗くなってしまうのは構造上、仕方がありませんのでチップLEDが複数配置されたTORM製のものに交換するほうが賢明ですね。

但しそのままでは取り付けができませんので、車内部品の室内灯に当たるところを削って入るように加工しました。

また、集電板も接触不良を起こさないように室内灯とハンダ付けしてあります。

展望車のハイデッキ部とスイート車両のダブルデッカー部は外から見えないよう室内灯そのものを加工して組み込みました。

P1440620 P1440624  P1440622 P1440626 P1440621

写真のようにトミックス製よりもキレイに明るく光るようになりました。

食堂車のシャンデリアもちゃんと光るように、元のプリズムを加工して組み込んであります。

真横から見ると複数設置してあるチップLEDが光っているのが、そのまま室内の電灯器具にも見えたりしますから良い雰囲気ですね。

特に展望室が端から端まで明るく光っているのと、中間車のデッキやドアの窓部分にまで明かりが届いているのがよくわかります。

純正の室内灯ではこのあたりは暗くなってしまいますから効果的です。

P1440618 P1440616 P1440615 P1440613 P1440611

こちらはそれぞれの室内灯の明るさの比較写真です。

いずれも比較のため同じパワーパックから同じ電圧にて点灯させています。

奥から順にトミックス製品、中央がカトー製品に純正室内灯を組み込んだもの。

一番手前が今回加工したTORM製の室内灯を組み込んだカトー製品となります。

トミックス製のものより室内灯が明るく点灯しているのがよくわかりますね。

ちなみに加工工賃ですが、カトー製に純正の室内灯クリア電球色を組み込む場合は室内灯代込み1編成7500円。

今回加工したように明るいTORM製の室内灯を組み込む場合は、室内灯代込み1編成15000円となります。

当店以外で購入された車両に組み込む場合は工賃が+2000円となりますので、ご了承ください。

« カトーのトワイライトEXP瑞風が入荷しましたので、トミックス製と比べてみました。 | トップページ | 走るんデスシリーズの新製品、ミニサイズポイント切替器を昨日12月1日より税込2200円で販売開始させていただきました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事