無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、北大阪急行9000形ラッピング車M付4両セットのライト点灯特製品を26800円で販売します。 | トップページ | カトーの923形3000番台ドクターイエローに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。 »

2019年9月 9日 (月)

ワールド工芸の秩父鉄道デキ1の動力ユニットを組み立てました。

ワールド工芸の秩父鉄道デキ1の動力ユニットを組み立てました。

P1430502 

プラスチック箱時代の古い製品ですね。

お客様からのご依頼で、動力ユニットのみ組み立てを承りました。

P1430503

動力ユニットだけでもこれだけの部品があります。

ギヤユニットだけでなく車輪も組み立てる必要があるようですね。

P1430504

まずは主要な部品を組んでみました。

説明書通りに組み立てることができるか、分解できる範囲で仮組みしてみました。

P1430505

仮組みでは特に問題ないようなので、外板や台車回りなど外から見える場所は先に塗装しておきます。

というのも古いワールド工芸の動力ユニットは、一度組み立てると再び分解できない構造なので・・・。

塗装が必要な個所は先に把握する必要があります。

組み立てたあと、最後に写真のように万力で車輪を圧入すれば動力ユニット単体では完成。

P1430506

まずはこの状態でスムーズに走行するかチェックします。

この構造の動力ユニットは台車が首を振らない半固定式なので、性能はそれなりです。

カーブを曲がるのがスムーズでなかったりポイントで脱線しやすいという欠点がありますね。

P1430507

先に塗装しておいた輪芯や台車枠、床下機器を取り付ければ完成です。

重量配分が変わってしまいますので、念のためこの時点でもスムーズに走行するかチェックする必要があります。

P1430508 

問題なく走行すれば、お客様が完成させたボディを載せて走行テスト。

ちなみに今回は1動力ユニットにつき、塗装まで含めて工賃1万円にて作業させていただきました。

« トミーテックの鉄コレ、北大阪急行9000形ラッピング車M付4両セットのライト点灯特製品を26800円で販売します。 | トップページ | カトーの923形3000番台ドクターイエローに永末システムのパンタスパーク点灯ユニットの取付加工をしました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事