無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ワールド工芸の国鉄キ700除雪車の組立キットを制作中。(その3) | トップページ | ワールド工芸のキ700除雪車を税込29800円にて販売いたします。 »

2019年6月16日 (日)

ワールド工芸の国鉄キ700除雪車が完成しました。

ワールド工芸の国鉄キ700除雪車が完成しました。

先日から制作しているキットの続きで、本日はいよいよ完成です。

P1430474

写真のようにパーツごとに塗装が終わりました。

黄色帯が別パーツになっているのでマスキング不要なのが楽でした。

アームなどの可動部分も塗装してみましたが、稼働により擦れるので塗装は少し剥げてしまうかも知れませんね。

P1430475

車体の塗装が完全に乾いてから、先にインレタを貼り付けておきます。

インレタ保護のためクリア塗装を終わらせたのが写真の状態です。

ライト類も別パーツだったので塗装後に取り付けてもOKなのですが、取り付けステーや基部がボディ色なので塗装前に先に取り付けてあります。

いろいろ調べてみるとプロトタイプがキ718のようでしたので、車番や所属表記も指定通りに貼り付けました。

P1430477

全ての部品を取り付けて、ライトに色差しをしたのがこの状態です。

かなり除雪車らしくなってきました。

各部品が別パーツなので、仕上がりがキレイになりますね。

除雪板の稼働状況も良い感じで、塗料による動作の影響が思ったよりないようです。

P1430478

あとはボディについている除雪板に、極細の電気配線コードを流用した油圧ケーブルを付けるだけとなりました。

ボディと床板を組み合わせる前に、除雪板の動作を最終確認します。

この時点で動きが悪いようであれば、油圧ケーブルも合わせて調整が必要です。

床下に動作用のリンク機構がありますから、動作は渋くなりますので事前調整は必須でしょう。

ショーケース内に展示販売場所を確保してから、特製品として販売する予定です。

« ワールド工芸の国鉄キ700除雪車の組立キットを制作中。(その3) | トップページ | ワールド工芸のキ700除雪車を税込29800円にて販売いたします。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事