無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、京阪600型特急色のライトを点灯化した特製品をM付2両セット21000円で販売します。 | トップページ | Nゲージのアメリカ形、アムトラックのタルゴ客車をグレードアップ加工中です。(その2) »

2018年10月21日 (日)

Nゲージのアメリカ形、アムトラックのタルゴ客車をグレードアップ加工中です。(その1)

Nゲージのアメリカ形、アムトラックのタルゴ客車をグレードアップ加工中です。(その1)

P1410800店長の個人的な持ち物です。

タルゴという名から分かる通りスペインの客車をアメリカへ持ち込んだもので、実車は現在でもいろいろ改造されて「カスケード」という名称で活躍中。

模型もスペインのメーカーが製造・発売しているのですが、カラーリングだけアムトラック仕様にしたいわゆる「タイプ」商品なのが残念なところ。

そこで、グレードアップついでに現在の活躍中の「カスケード」仕様に加工しようというわけです。

「カスケード」については下記のリンク先に詳しく掲載されていますので、参考にどうぞ。

http://www.trainweb.org/usarail/cascades.htm

P1410803カスケードと同じように14両編成とするために、同じメーカー製のスペインのタルゴを中古で買い集めました。

中古なのでカラーリングはバラバラですが、再塗装しますから問題はありません。

機関車だけはカスケード牽引用のものを前から持っていたので、そのまま流用します。

Amtraktalgo0P1410806左の写真が実車のカスケード客車、右の写真が現在の模型の状態です。

とても同じものとは思えないくらい改造されていますね。

加工は大変そうですが、やりがいがありそうです・・・。(笑)

まずは外観で一番目立つところ、フィンと呼ばれる機関車との高低差をやわらげるカバーのようなものを作りましょう。

P1410805どうやって作るのかいろいろ悩んだのですが・・・。

緩くカーブしている構造体であり同じ形のものを前後で2つずつ、合計4個もフルスクラッチで作る自信はありません。

そこで手頃な既製品から探し出して、カトーの半径150mmのユニトラック線路をベースに使うことにしました。

P1410808P14108101本150円くらいなので、もったいない気もしますが素材としては手頃でしょう。

まずは不要なレールを引き抜いて、表面をヤスリかけして平らにします。

後は手元の資料をもとに長さを計算して、必要なフィンとなる部分だけを切り出しました。

P1410811P1410807同じものを2つ用意して、客車の屋根に仮置きしてみました。

写真のとおり、思っていたより簡単に作れましたね。

細かいところを修正すれば、十分に使い物となるでしょう。

長くなりますので続きは後日です。

« トミーテックの鉄コレ、京阪600型特急色のライトを点灯化した特製品をM付2両セット21000円で販売します。 | トップページ | Nゲージのアメリカ形、アムトラックのタルゴ客車をグレードアップ加工中です。(その2) »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事