無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« レオポルドヘリングのHOゲージ、オーストリアのさらに旧型の路面電車に室内灯を入れました。 | トップページ | 貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて本日3月1日より販売開始します。 »

2018年2月28日 (水)

トミックスのJR四国5000系マリンライナーの標識灯(フォグランプ)と車掌室灯の点灯化を行いました。

トミックスのJR四国5000系マリンライナーの標識灯(フォグランプ)と車掌室灯の点灯化を行いました。

P1390591お客様からご依頼を受けたものです。

右側が製品そのままの非点灯状態、左側が今回点灯化した製品です。

実車は点灯していないことが多いらしいのですが、模型的には点いてないと寂しいですね。

せっかく装備があるのですから点灯化した方がカッコ良く見えます。

P1390593同時に車掌室灯の点灯加工も承りました。

右側が製品そのままの非点灯状態、左側が今回点灯化した製品です。

前進時には運転室となるので消灯し、後進時のみ車掌室が点灯するようになります。

実車では車掌室は薄暗いので、車掌が仕事をする際はほぼ必ず点灯させているそうです。

P1390592前進時はこんな感じです。

室内灯が装備されている場合は車内の明かりが漏れていますから、車掌室灯はなくても良いのではという意見もあります。

でも、こうして並べて比較してみると車掌室灯があるのとないのとでは違いますね。

ちなみに加工料金は部品代込みで標識灯(フォグランプ)の点灯化が1両4000円、車掌室灯の点灯化が1両2500円となります。

両方、同時加工の場合のみ500円割引の6000円となります。

« レオポルドヘリングのHOゲージ、オーストリアのさらに旧型の路面電車に室内灯を入れました。 | トップページ | 貼るダケシリーズの新製品、積雪地域軍用誘導路シートを1枚216円にて本日3月1日より販売開始します。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事