無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、片上鉄道キハ302のライトを点灯化しました。 | トップページ | マイクロエースの0系新幹線0+1000番台NH49編成ひかり号セットを加工したお召仕様16両セットを49800円で販売します。 »

2017年5月12日 (金)

エンドウ製HOゲージのキハ261系新塗装にDCCデコーダーを組み込みました。

エンドウ製HOゲージのキハ261系新塗装にDCCデコーダーを組み込みました。

P1370373お客様からご依頼を受けたものです。

先頭車にモーターが入っているためヘッドライトとテールライトの点灯制御に加えてモーターも制御できるようDCCデコーダーを組み込みました。

写真のようにDCC制御でライトのON/OFFが可能になっています。

ヘッドライトとテールライトは進行方向により自動で切り替わります。

P1370370いつもは手に入れやすいカトーのフレンドリーデコーダーを使うのですが、この車両はモーター車にライトの制御が必要なのでデコーダーが2つ必要になります。

それではアドレス変更などいろいろ不都合がありますので、在庫があったレンツのデコーダーを今回は使いました。

ヘッドマークの点灯回路がありますので少々加工は難しくなります。

P1370371デコーダーは外からなるべく見えないよう、運転席のすぐ後ろにあるデッキに設置いたしました。

ライトユニットが天井裏に付いている関係で、どうしても配線が見えてしまいますが、そこはご容赦ください。

ちなみに加工工賃ですが、ライトユニットの加工に追加工賃2000円が必要になりますので、1両9000円(デコーダー代は別途5000円必要)にて承りました。

« トミーテックの鉄コレ、片上鉄道キハ302のライトを点灯化しました。 | トップページ | マイクロエースの0系新幹線0+1000番台NH49編成ひかり号セットを加工したお召仕様16両セットを49800円で販売します。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事