無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 花園のNゲージ、土佐くろしお鉄道9640型のライトを点灯化してみました。 | トップページ | 2017年4月1日現在の中古品在庫の写真です。 »

2017年4月 1日 (土)

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域用誘導路シートを1枚216円にて、本日4月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、積雪地域用誘導路シートを1枚216円にて、4月1日より販売開始します。

P1370246以前から発売しておりました通常の「誘導路シート」に対して、積雪時でもよく見えるようラインを黄色に舗装された「積雪地域用誘導路シート」として再現しました。

とは言っても「誘導路」自体はもともと黄色ラインで構成されているため、今回の発売は正確には「誘導路から滑走路への進入部」ということになります。

ラインナップは通常のアスファルト舗装の「誘導路シート」と全く同じで、全部で7種類のラインナップとなります。

大きく分けて幅が違う2種類の滑走路があり、滑走路の幅が広い幅広タイプと幅が狭い幅狭タイプに分かれており、ともに1/144や1/200サイズ用のNゲージに近い大きさのモデル用です。

P1370247写真は幅広タイプの滑走路シートで、モデルとして関空をベースに活躍しているピーチ航空のエアバスA320の1/150サイズを置いてみました。

この幅広タイプはA4用紙を横に使っており、1/144サイズのモデルを置くと幅約45mの滑走路に、1/200サイズのモデルを置くと幅約60mの空港滑走路になります。

P1370244写真は幅狭タイプの滑走路シートです。

この幅狭タイプはA4用紙を縦に使っており、1/144サイズのモデルを置くと幅約30mの滑走路に、1/200サイズのモデルを置くと幅約45mの空港滑走路になります。

積雪地域用滑走路は千歳空港や青森空港はもとより、意外と西にある松本空港や出雲空港などでも使われています。

以前から要望があったのですが、諸般の事情で発売が今頃になってしまった点はお許しください。

« 花園のNゲージ、土佐くろしお鉄道9640型のライトを点灯化してみました。 | トップページ | 2017年4月1日現在の中古品在庫の写真です。 »

オリジナル商品の案内」カテゴリの記事