無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

トミーテックの鉄コレ、京阪700形鉄道むすめラッピングのライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、京阪700形鉄道むすめラッピングのライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1340899両先頭車ともにライトの点灯加工を施しています。

写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

もちろん運転席はシースルーになるよう加工しましたので、ライトユニットはほとんど見えないようになっています。

P1340900走行中はこんな感じです。

電圧を上げるとモーター車が走り出してしまいますので、写真は暗めに写っていますが走行するともう少し明るく光ります。

ベース車をお持ちの方には持ち込みでも加工を承っております。

ライトの点灯加工は1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

トレーラー車には集電可能な金属車輪を取り付けの上でお申込みください。

2016年5月30日 (月)

トミーテックの鉄コレ、105系和歌山線W11編成・青色のライト点灯化特製品をM付2両セット15800円にて販売いたします。

トミーテックの鉄コレ、105系和歌山線W11編成・青色のライト点灯化特製品をM付2両セット15800円にて販売いたします。

P1340902当店の新品在庫に加工を施したものです。

前進時には写真のようにヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

もちろん前後で顔が違いますからライトの光り方も異なります。

いつも通り運転席はシースルーの仕様にしておりますので、前面の窓から客室内がよく見えます。

P1340901こちらは顔が違う方のヘッドライトの点灯状態です。

新品購入+動力ユニット&Nゲージ対応化+点灯加工料金よりお買い得になっておりますので、ぜひこの機会にどうぞ。

ちなみに車両持ち込みでも加工は承っております。工賃は1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

2016年5月29日 (日)

もけいや松原8周年記念セール第3弾を開催中です。

昨日から開始しました「8周年記念セール第3弾!」の紹介です。

先に紹介した近鉄通勤車以外のものを紹介させていただきます。

ライトグレードアップ&TNカプラー取付加工済みの特製品が、通常のノーマル商品と同じ価格で販売させていただきますので、商品によって違いがありますが2500円~5000円分お買い得になります。

P1350021グリーンマックス 品番4728 近鉄12200系スナックカー更新車 試験塗装 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350020グリーンマックス 品番4625 近鉄15200系あおぞらⅡ15201編成 Mつき4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350018グリーンマックス 品番4627 近鉄15200系あおぞらⅡ15203編成 Mつき2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込11232円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350019グリーンマックス 品番4628 近鉄15200系あおぞらⅡ15203編成 Mなし2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタなし先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込8468円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350022グリーンマックス 品番4702 JR201系大和路線ND608編成2014 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済みです。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込19872円で販売します。

つまり、通常3000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350023グリーンマックス 品番4456 JRクモヤ145形0番台 M付2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済みです。(中間先頭側はライト非点灯)

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込9936円で販売します。

つまり、通常3000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350024グリーンマックス 品番4457 JRクモヤ145形0番台 Mなし2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済みです。(中間先頭側はライト非点灯)

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込7776円で販売します。

つまり、通常3000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350025グリーンマックス 品番4321 国鉄クモニ83形100番台 Mなし特製品

ヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済みです。(片側は非点灯)

手軽に連結できるようライト点灯側の先頭部のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。(非点灯側はアーノルドカプラーのまま)

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込5012円で販売します。

つまり、通常2500円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350028グリーンマックス 品番4140 南海10000系サザン現行塗装 Mなし4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済みです。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込12960円で販売中。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350027グリーンマックス 琴電1200形ことちゃんひやく号 M付2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済みです。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込14580円で販売中。

つまり、通常4500円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350034グリーンマックス 京阪2400系2次車未更新車 M付7両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。標識灯も前進時のみ実車と同じオレンジ色に点灯するよう加工してあります。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込25056円で販売中。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350033グリーンマックス 阪神9000系新造時 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。標識灯も前進時のみ実車と同じオレンジ色に点灯するよう加工してあります。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込19872円で販売中。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350032グリーンマックス 阪神2000系登場時2201編成 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。標識灯も前進時のみ実車と同じオレンジ色に点灯するよう加工してあります。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込22464円で販売中。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350031グリーンマックス 阪神2000系連結器交換後2207編成 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。標識灯も前進時のみ実車と同じオレンジ色に点灯するよう加工してあります。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込22464円で販売中。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350035写真のようにレジカウンター上で8周年記念セールコーナーを設置させていただいております。

通販や取り置きも大歓迎です。

みなさまのご来店をお待ちいたしております。

2016年5月28日 (土)

8周年記念セール第3弾を本日より開催させていただきます。

当店をご利用いただいている皆様のおかげで今年、もけいや松原は8周年を迎えることができました。

2008年2月15日のOPENから、9年目に入っていることになります。

そこで日頃の感謝をこめて、ささやかですが8周年記念セールを開催中なのですが、第3弾ということで以下の商品をセールに追加させていただきます。

ライトグレードアップ&TNカプラー取付加工済みの特製品が通常のノーマル商品と同じ価格で販売しておりますので、商品によって違いがあるものの3500円~5000円分お買い得になります。

P1350004グリーンマックス 品番4078 近鉄5200系 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるよう大阪・名古屋方先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350005グリーンマックス 品番4164 近鉄5200系更新車 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるよう大阪・名古屋方先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350006グリーンマックス 品番4343 近鉄5200系更新車名古屋線 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるよう大阪・名古屋方先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350007グリーンマックス 品番4257 近鉄5211系 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるよう大阪・名古屋方先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込15552円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350009グリーンマックス 品番4764 近鉄5200系更新車エリアキャンペーン M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるよう大阪・名古屋方先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込16416円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350010グリーンマックス 品番4532 近鉄8600系前期形 Mなし4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込12960円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350012グリーンマックス 品番4447 近鉄2800系LCカー M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込13997円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350014グリーンマックス 品番4448 近鉄2610系連続キセB更新車 M付4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込12960円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350013グリーンマックス 品番4153 近鉄2680系鮮魚列車タイプ M付3両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込12096円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350015グリーンマックス 品番4431 近鉄1026系京都・奈良線 Mなし4両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込11751円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350016グリーンマックス 品番4429 近鉄1026系京都・奈良線 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込18576円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1350017グリーンマックス 品番4528 近鉄5800系LCカー大阪線 M付6両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

もちろんテールライトの光漏れ対策を施してあります。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込19440円で販売します。

つまり、通常5000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

セール品はまだありますが数が多くなりましたので残りは明日、紹介させていただきます。

2016年5月27日 (金)

トミーテックの鉄コレ、叡山電車デナ21のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、叡山電車デナ21のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

P13408964月に発売されたばかりの事業者限定品です。

ゴールデンウィーク前にまだ駅で売っていたので、少しだけ購入してきました。

2両編成で走らせることを前提にされているようなので、それぞれ片側の先頭部のみライトを点灯化しており、前進時には写真のようにヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1340898動力車は専用の動力ユニットを組込み、トレーラー車はNゲージ走行化対応済みです。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両7000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

構造上、ライトユニットの取り付けが複雑なので割り増し料金になっていますが、ご容赦ください。

2016年5月26日 (木)

マイクロエースの山陽3000系アルミカーの標識灯を点灯化しました。

マイクロエースの山陽3000系アルミカーの標識灯を点灯化しました。

P1340717お客様からのご依頼です。

左側が製品そのままの状態、右側が今回点灯化した製品です。

写真のように前進時にはヘッドライトとともに白色の標識灯が点灯いたします。

今回はお客様からのご要望で白色で点灯化しましたが、お好みにより電球色やオレンジでも可能です。

P1340719こちらはテールライトの点灯状態です。

標識灯と兼用されていますので、後進時には自動的に赤色のテールライトに変わります。

ちなみに今回の加工料金は標識灯点灯化が1両2500円にて承りました。

山陽電車は標識灯が点灯していることが多いそうなので、効果は大きいかと思います。

P1340721加工料金は決して安くはありませんが、せっかく点灯可能な標識灯があるのにそのままでは勿体ない話です。

空いて居れば30分ほどの待ち時間で加工できますので、お気軽にお申し付けください。

2016年5月25日 (水)

ポイントスイッチ4個付かんたんパワーパックを6月1日より税込7020円にて新発売いたします。

ポイントスイッチ4個付かんたんパワーパックを6月1日より税込7020円にて新発売いたします。

P1340887ご好評いただいております当店オリジナル商品の「かんたんパワーパック」に、ポイントスイッチを4個内蔵させていただきました。

以前よりポイントスイッチ1個付の商品は販売し、先月にはポイントが2個制御できるものを販売開始しておりましたが、どうせならということで4個内蔵のものもこの度製品化させていただきました。

このポイントスイッチは出力に余裕がありますので、カトー製もしくはトミックス製であればスイッチ1個につき同時に2つの電動ポイントまで操作することができますので、エンドレスに島式ホームの待避線付きの小型レイアウトなどにご利用いただければ便利かと思います。

もちろん走るんデスシリーズの共通規格となっておりますので、別売の各種オプションを用いて拡張することができます。ポイント切替機を増設することでポイントスイッチを追加したり、自動往復運転装置を増設することも可能です。

2016年5月24日 (火)

お客様が「廃墟」をテーマにしたジオラマを持って来てくれました。

お客様が「廃墟」をテーマにしたジオラマを持って来てくれました。

P1340667不要になったお盆を再利用したそうです。

今回は「廃墟」がテーマだそうで、長崎県の片島というところに実在する魚雷発射試験場の跡をモデルにしているそうです。

廃墟を作りたくなったそうで、錆の表現など廃墟らしい細かいところにこだわったとのこと。

P1340668特にグリーンマックスの架道橋を流用した橋の跡の表現が凄いです。

錆の感じなど、ちょっと店長の撮影の仕方が悪くていまいち分かりにくいかもしれませんが・・・。すいません。

肉眼で見ると素晴らしい表現でした。

本物の錆みたいに見える表現でして、店長にはマネのできないところです。

P1340669なかでも店長が気になったのはこの花を表現した素材です。

あべののキューズモールにあるABCマートで「造花」として販売されていたものを流用したそうです。

大きさ的にはNゲージの「みかん」として使えそうな粒ですね。

果物を表現した素材は模型メーカー各社から出ていますが、どれもスケールより大きくて実感的じゃないですが、これを使えばリアルな果物ができそう・・・。

今回もいろいろと勉強になりました。

2016年5月23日 (月)

ワンマイルのNゲージ、西鉄1300形のライトを点灯化した特製品をM付4両セット24800円で販売します。

ワンマイルのNゲージ、西鉄1300形のライトを点灯化した特製品をM付4両セット24800円で販売します。

P1340888両先頭車ともにライトの点灯加工を施しています。

写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

運転席はシースルーになるよう加工しましたので、ライトユニットはほとんど見えないようになっています。

P1340890元の製品はディスプレイモデルとのことで、走行対応可能な連結器がついていません。

そこで、先頭部も含めて全車トミックスのボディマウントTNカプラーを装備いたしました。

パンタグラフはNゲージのものに交換済みです。

動力ユニットは鉄コレのものを流用しておりますので、走行性能はバッチリです。

P1340889タネ車をお持ちの方には持ち込みでの加工も受け付けております。

屋根やガラスが接着されているなど加工に時間がかかりますので割り増し料金となります。

ライトの点灯加工は1両7000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

トレーラー車には集電可能な金属車輪を取り付けの上でお申込みください。

2016年5月22日 (日)

ワールド工芸のJR東海キヤ97キットを組み立てたライト点灯特製完成品をM付2両セット32400円で販売します。

ワールド工芸のJR東海キヤ97キットを組み立てたライト点灯特製完成品をM付2両セット32400円で販売します。

P1340860前回と同じくほぼ説明書どおりに組み立てておりますが、今回はグレードアップ版としてトミックスのボディマウントTNカプラーを装備しました。

また、車番のインレタは前回と異なりキヤ97-3とキヤ97-103を貼り付け済みです。

今回からは工法を変えましたのでインレタ保護のためクリアーを塗装してあります。

P1340854P1340857両方の先頭部ともに写真のようにライトが極小のチップLEDにて点灯するよう加工済みです。

前進時にはヘッドライトが電球色に4灯とも点灯し、後進時にはテールライトが赤色に2灯とも点灯いたします。

外からはライトユニットや配線がなるべく見えないよう、工夫して取り付けてあります。

P1340861ライトがチラつかないよう、写真のように後ろの台車からも集電するように追加で加工してあります。

かなりマシにはなりましたが、車体が軽いためトミックスやカトーの完成品車両ほどの性能ではありません。

軽減するよう努めましたが、この点はすいませんがご容赦ください。

ちなみに持ち込みでも加工は承っておりますが、構造上の都合でライト点灯化は未組立状態のものに限ります。

2両1セットで工賃は塗装&組立が10000円。ライト点灯化が15000円、TN化が2両で4000円となります。

2016年5月21日 (土)

トミーテックの鉄コレ、名鉄6000系のライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、名鉄6000系のライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1340873両先頭車ともにライトの点灯加工を施しています。

写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に点灯するとともに、標識灯がオレンジ色に光ります。

もちろん後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

運転席はシースルーになるよう加工しましたので、ライトユニットはほとんど見えないようになっています。

P1340875パンタグラフはNゲージのものに交換済み、先頭車のアンテナはライトユニットがある関係で、後から加工が不可能なので装着済みです。

タネ車をお持ちの方には持ち込みでの加工も受け付けております。

ライトの点灯加工は1両5500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

トレーラー車には集電可能な金属車輪を取り付けの上でお申込みください。

2016年5月20日 (金)

トミーテックの鉄コレ、阪神3501形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、阪神3501形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

P1340868事業者限定で過去に販売されていた製品です。

当店にてヘッド&テールライトを点灯化、インレタで車番を貼り付けて保護のためクリアー塗装を施してあります。

行先看板は写真のとおり、普通の西九条⇔尼崎を貼り付け済みです。

写真の3507・3508編成の1セット限りとなります。

P1340866両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には写真のようにヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2016年5月19日 (木)

トミーテックの鉄コレ、阪神7861形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、阪神7861形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

P1340865事業者限定で過去に販売されていた製品です。

当店にてヘッド&テールライトを点灯化、インレタで車番を貼り付けて保護のためクリアー塗装を施してあります。

行先看板は写真のとおり、普通の武庫川支線用を貼り付け済みです。

写真の7864・7964編成の1セット限りとなります。

P1340864両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には写真のようにヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2016年5月18日 (水)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系パノラマカーのDCCサウンド搭載特製品を4両セット268000円で販売します。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系パノラマカーのDCCサウンド搭載特製品を4両セット268000円で販売します。

P1340793限定スペシャルセットとして108000円で販売されている未塗装の組立キットを、当店にて組立&塗装をおこないDCCサウンド加工したものです。

両側の先頭車とも当店で改造したミュージックホーンサウンドユニットを搭載いたしました。

中間のパンタなし車の床下にはデジトラックスのサウンドデコーダーを搭載しており、当店のお客様が編集したサウンドに許可を得て書き換えたものを入れてあります。

4両編成の中にDCCデコーダーを合計6個、スピーカーを3個使った贅沢仕様です。

IMONの通電カプラーを採用しましたので、室内灯&ライトやサウンドが途切れることはほぼありません。

ただし、通電端子が連結器に内蔵されているため破損を防ぐよう慎重に連結&解結をお願いいたします。(説明書を同梱していますが、特に解結時は破損を防ぐため引っ張らずに上下にボディをずらして切り離してください。)

P1340863_2P1340862写真のようにキットが入っていた大きな赤い箱に入れてお渡ししたいところなのですが・・・。

車両の大きさに対して巨大すぎるため、カトーのHO用車両ケースに収納してお渡しいたします。

もちろんご希望の場合は、元の豪華そうに見える大きな赤い箱もそのままお付けいたします。

DCCコントローラーにおけるファンクション機能は以下の通りとなります。

ご注意・・・電源を入れて車両に通電すると、まず初めにチェックのため1度ミュージックホーンが鳴ります。(故障ではありません。)

F0・・・ヘッドライト&テールライトのON/OFF(ヘッドとテールは前後自動切替)

F1(2回押し)・・・偶数車側のパンタつき先頭車ミュージックホーン吹聴

F2・・・タイフォン

F3(2回押し)・・・奇数車側のパンタなし先頭車ミュージックホーン吹聴

F4・・・コンプレッサーON/OFF

F5・・・エア抜き音

F6・・・ドア音

F7・・・ブロアー音

F8・・・減速&停止音

その他・・・走行中に加速を止めると実車と同じくモーター音が途切れて、惰性状態となります。

P1340774付属品も写真のようにいろいろと付いています。

お好きな行先を再現できるよう看板仕様&電動幕仕様の行先シールに、お好きな車番が再現できる編成分の車番デカール。

それに特別に遮光処理済みの前面看板仕様用行先表示板を交換用に付属させていただきました。

併結運転をさせたい方向けに、要加工ですがケーディーカプラーを先頭車につけるためのネジとアダプターのセットも付属いたします。

P1340794上部のヘッドライトの間にあるパノラマアイもレンズを入れてリアルに再現してあります。

デモ動画を載せましたので興味がある方はどうぞご覧ください。

DCC制御ミュージックホーンのデモ動画(著作権などの関係でコピーを防ぐため、動画では音量を小さくしてあります。)

https://www.youtube.com/watch?v=Otao3YbpV_k

DCCサウンド走行デモ1(発車→前進)

https://www.youtube.com/watch?v=8Xh8fgpgKV0

DCCサウンド走行デモ2(後進側通過)

https://www.youtube.com/watch?v=ngl-RHzGees

2016年5月17日 (火)

トミーテックの鉄コレ、阪神5201形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、阪神5201形のライトを点灯化した特製品をM付2両セット19800円で販売します。

P1340872事業者限定で過去に販売されていた製品です。

当店にてヘッド&テールライトを点灯化、インレタで車番を貼り付けて保護のためクリアー塗装を施してあります。

行先看板は写真のとおり、普通の元町⇔梅田を貼り付け済みです。

写真の5217・5218編成の他に5219・5220の編成もあります。

P1340871両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には写真のようにヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2016年5月16日 (月)

天賞堂のHOゲージ、103系高運転台ウグイスにDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

天賞堂のHOゲージ、103系高運転台ウグイスにDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1340600お客様からのご依頼を承ったものです。

デジトラックスのDCCサウンドデコーダーに、当店のお客様が編集された103系のサウンドを許可を得て入れ替えたました。

大型のデコーダー基盤ということと室内灯が標準装備なので屋根に置けず、残念ながら写真のように車内に置くことしかできません。

スピーカーとともに外から見えてしまいますが仕方ありませんね。

ファンクションはF2でタイフォン、 F4でコンプレッサー音(定期的に自動制御)、F5でブレーキエア音、F7でブロア起動の制御ができます。室内灯の制御はできませんので点灯しっぱなしになります。(増結時に室内灯を制御させると大変なため)

P1340602先頭車にはカトーのフレンドリーデコーダーを使いました。

室内灯が標準で付いていますので点灯時でも目立たないよう、デコーダーの設置場所は配慮させていただきました。

写真のように目立たないよう運転席後ろの機器室内に設置しました。

従いましてファンクションはF0でヘッドライトもしくはテールライトの点灯(進行方向により自動切り替え)ON/OFFのみとなります。

P1340606同時に先頭車の方向幕点灯化とヘッドライトの電球色化も行っております。

ちなみに今回の工賃は両先頭車のDCC対応化がデコーダー代込み1両8500円、モーター車のDCCサウンド化がデコーダー代込み1両27000円。

先頭車のヘッドライト電球色化が1両2500円、方向幕の点灯化が1両5000円の合計59000円にて承りました。

下のリンクから色が異なりますが同じサウンドのデモがご覧になれます。参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=TwxP3jxUs18

2016年5月15日 (日)

トミックスのHOゲージ、DD51暖地型プレステージモデルに永末システム製DCCサウンドデコーダーを搭載しました。

トミックスのHOゲージ、DD51暖地型プレステージモデルに永末システム製DCCサウンドデコーダーを搭載しました。

P1340577お客様からのご依頼で搭載したものです。

永末システム製のディーゼル用DCCサウンドデコーダーを搭載いたしました。

写真はヘッドライトと入換標識灯&キャブライトを点灯させた状態です。

車体の中にはデコーダーを搭載するスペースがほとんどないため、このように搭載しています。

P1340574細い配線を通す空間すらありませんから、なるべく車体に干渉しないよう極細のコードで全て配線いたしました。

各ファンクションの機能は以下の通りです。

F0・・・ヘッドライトのON/OFF

F1・・・テールライトのON/OFF

F2・・・ホイッスル

F3・・・キャブライトON/OFF

F4・・・ヘッドライトの減光&ATS音

F5・・・連結動作と連結音

F6・・・エンジン起動

F7・・・入換標識灯のON/OFF

F8・・・消音

P1340579テールライトだけを点灯させた状態です。

動作音のみでホイッスルなどの制御はできませんが、アナログでも音は鳴ります。

下のリンクから動画のデモがご覧になれますので参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=Tf7jkdZWZGg

ちなみに加工工賃は車両を当店で予約購入していただいたので、2000円サービスのデコーダー代込み60000円にて承りました。

特殊なデコーダーを使う点もあり通常の車両より加工個所が多岐に渡り、時間がかかりますので工賃が多少高価なのはご容赦ください。

また、注文が多くて搭載できるデコーダーの在庫がなくなってしまい、次の入荷は5月末以降となります。

従いまして加工受付は行いますが、納期は少し先になってしまいますのでご容赦ください。

2016年5月14日 (土)

カトーのHOゲージ165系3両基本セットにDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

カトーのHOゲージ165系3両基本セットにDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1340586お客様よりご依頼を受けたものです。

片側の先頭車が動力車になっておりますので、この車両にサウンドデコーダーを取り付けました。

デコーダーの大きさという制約がありますので、なるべく車内から見えないようにと・・・。

写真のように場所がありませんので、屋根のなかに組み込んであります。

P1340587少し配線が見えてしまいますが、なんとか車内にはデコーダーが見えないようにできました。

サウンドも当店のお客様が編集した165系のものに入れ替えてあります。

ファンクションはF0でヘッドライトもしくはテールライトの点灯(進行方向により自動切り替え)、F2でタイフォン、 F4でコンプレッサー音(定期的に自動制御)、F5でエア音、F6でドア音、F7でブロア起動の制御ができます。

P1340588P1340589反対側のモーターなし先頭車にはカトーのフレンドリーデコーダーを使いました。

従いましてファンクションはF0でヘッドライトもしくはテールライトの点灯(進行方向により自動切り替え)ON/OFFのみとなります。

運転席後ろのデッキ内にデコーダーを組み込んでありますので、少し配線は見えてしまいますが目立たないかと思います。

P1340590ついでに両先頭車ともヘッドライトはLEDにより電球色に、方向幕は白色LEDで光るように加工済みです。

ちなみに車両を持ち込みの場合でも取り付けは承っています。工賃は両先頭車のライト制御加工込みでデコーダー代含めて44000円となります。

下のリンクからサウンドのデモがご覧になれます。参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=2RHnpGjmf9Q

2016年5月13日 (金)

でんてつ工房製HOゲージの115系にクマタさんのDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

でんてつ工房製HOゲージの115系にクマタ貿易さんのDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1340532P1340534ESU製のデコーダーに115系のサウンドを入れたデコーダーをクマタ貿易さんの方で販売されており、お客様からのご依頼で組み込んだものです。

屋根が低くてデコーダーやスピーカーを隠す場所がないので、写真のように車内に組み込んであります。

スピーカーからの音が抜けるように片側の貫通扉の窓は外しています。

P1340662P1340535先頭車はヘッドライトとテールライトの点灯制御だけなので、価格が安価なカトーのフレンドリー用DCCデコーダー(当店価格1460円)を使っております。

デコーダーは外からなるべく見えないよう、運転席のすぐ後ろにあるデッキに設置いたしました。

同時施工で車掌室灯の点灯加工も承っており、その配線が少し見えますね。

P1340663写真のようにDCC制御でライトのON/OFFが可能になりました。

ヘッドライトとテールライトは進行方向により自動で切り替わります。

ちなみに加工工賃ですが、先頭車のデコーダー搭載が1両7000円(デコーダー代は別途)、車掌室灯の点灯化が1両4000円、モーター車はスピーカーも搭載しましたので1両12000円にて承りました。

2016年5月12日 (木)

カトーのHOゲージ、D51に永末システム製DCCサウンドデコーダーを入れました。

カトーのHOゲージ、D51に永末システム製DCCサウンドデコーダーを入れました。

P1340659もちろんそのままではDCCには対応していませんので、元の基盤を利用しながらサウンドデコーダーと配線をしております。

D51はテンダーが広いので作業は楽なはずですが、ウエイトが大きくて邪魔をしているので設置場所の決定には苦労しました。

今回からは少し改良して、なるべくウエイトを撤去せずに済むように工法を工夫いたしました。

これでボイラー側のヘッドライトとテンダー側のヘッドライトとともにON/OFFが可能です。

P1340660厳密にいうと9600用のサウンドデコーダーを使用していますので、D51とは音が違うのでしょうけれど、現役時代をあまり知らない店長のような世代にはその違いが分かりません。

ということで違和感はないのですが、詳しい方からすれば音は違うように聞こえるのでしょうかね?

動画はごちらからご覧になれますので、参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=PEGSuzC5H2c

ちなみに今回の加工工賃は、デコーダー代込み27000円にて搭載を承りました。

2016年5月11日 (水)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットが完成しました。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットが完成しました。

P1340767限定セットに同梱されていた純正のライトユニットと室内灯を取り付けてあります。

かなり明るい室内灯のため、見栄えを考慮してボディ内側には内装色を塗装しました。

純正の室内灯は少々高価なのが難点ですが、床板の集電部とはコネクターで接続されますので整備性が良くなります。

P1340771プラスチックで出来たボディを少し広げて、ツメにかかるよう床板をはめ込んだら完成です。

上部のヘッドライトの間にあるパノラマアイは、製品そのままだと穴が開いておらず見栄えがイマイチでした。

そこで実車と同じように、ピンバイスで穴を開けたうえで光ファイバーを加工したレンズを入れております。

ちゃんと貫通していますから、覗き込むと向こう側が透けて見えるようになっています。

P1340770純正のライトユニットを使っていますので、後進にすると下部のヘッドライトが赤いテールライトに切り替わります。

真ん中にある行先表示器も実車と同じように白く点灯しているのが良い感じです。

同梱されている看板仕様の行先表示板に交換できるよう、両面テープを使ってボディにはめ込みました。少し硬い目なので走行中に外れる心配はないかと思います。

P1340772車内はこんな感じで見ることができます。

明るい室内灯のおかげか床板までよく見えますね。

ブラウンに塗装した椅子とともに、あえて手塗りで質感を出した白い枕カバーが良い感じになりました。

ここまで出来ていると人間を座らせたくなりますね。

ボディと床板はツメで固定されているだけなので、あとから簡単に乗せることができます。

P1340766この製品の特徴というかセールスポイントに、運転席へ上がる外側のステップに仕込まれた小さなライトが実車と同じように点灯するというものがありました。

しかしながら製品そのままではほとんど点灯しているのが見えません。

そこで光源から遠くなってしまう一番下のステップへは、極小のチップLEDを追加して直接照らすように改造してみました。

光源に近い一番上のステップ以外は、写真のように光ファイバーを用いて導光してあります。

P1340773ちょっと分かりにくいかもしれませんが、写真のように何とか分かる程度に光るようになりました。

全車ともDCC対応の加工を施していますので、DCCコントローラーのファンクションボタンによりF0でヘッド&テールライトが自動切替で点灯、F1で偶数車側先頭車のミュージックホーンが鳴り、F2で中間車に装備したサウンドデコーダーからタイフォンが鳴り、F3で奇数車側先頭車のミュージックホーンが鳴ります。

ただし、室内灯に関してはファンクションの空きがない点とON/OFFする意味があまりあありませんので、アナログと同じく通電させると点灯するようになっています。

P1340769完成後にDCCでテスト走行させると、線路の状態によって集電があまり良くなくサウンドが途切れがちでした。

おそらく台車が片軸集電になっているのと、プラスチックボディなので少し軽いからなのでしょう。

そこで、少し高くついてしまいましたがIMONの通電カプラーを全車に導入して集電効果をUPさせました。

おかげでサウンドも途切れることなく、室内灯やヘッドライトのちらつきもほぼなくなりました。

P134078510日間まるまる使ってようやく完成いたしました。

値段も記録更新ですが、作業時間も記録を更新した大変やりがいのあったキットです。

窓枠の塗装などかなり面倒くさい作業があるので、できればもう作りたくないキットでもありますね。(笑)

デモ動画を載せましたので興味がある方はどうぞご覧ください。(昨日掲載分と同じ)

DCC制御ミュージックホーンのデモ動画(著作権などの関係でコピーを防ぐため、動画では音量を小さくしてあります。)

https://www.youtube.com/watch?v=Otao3YbpV_k

DCCサウンド走行デモ1(発車→前進)

https://www.youtube.com/watch?v=8Xh8fgpgKV0

DCCサウンド走行デモ2(後進側通過)

https://www.youtube.com/watch?v=ngl-RHzGees


2016年5月10日 (火)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットをDCCサウンド化しました。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットをDCCサウンド化しました。

P1340752というのも、限定セットに同梱されていたミュージックホーンサウンドユニットに納得がいかなかったからです。

アナログで運用することが前提なので仕方ない面もありますが、起動時に再生されたあとは走行中のみ自動的に2分ごとに鳴るという仕様というのはあまりにもおもちゃっぽい・・・。

せめてリモコンでも付属して、任意のタイミングでミュージックホーンが鳴らせるようにしていただきたかったです。

P1340753また、写真のように先頭車に装着するよう設計されている点も不満。

ミュージックホーンは先頭車から鳴っていなければ、明らかに違和感がありますので良いのですが・・・。

後進時は最後尾車両から鳴っているのが聞こえるということに。

この点をDCC化によって改善したいと思います。

P1340761ミュージックホーンの基盤は両方の先頭車に搭載しますから、残りの中間車にサウンドデコーダーを載せます。

といっても、車内は椅子まで完全に再現されていますから、デコーダー搭載に使える空間は床下のみ。

スペースがありませんから動力車にはモーター制御用として、カトーのフレンドリーデコーダーを搭載。

P1340764残りの中間車にサウンドデコーダーとスピーカーを床下に載せました。

線路とのクリアランスを確認するため横から撮影してみましたが、いかがでしょうか?

何とかサウンドデコーダーは床下機器の陰に収まっているのが分かるかと思います。

P1340763付属のミュージックホーンサウンドユニットはそのまま使わずに、DCC対応のため大改造のうえで両先頭車にユニットと再生用のスピーカーを搭載してみました。

こちらも線路とのクリアランスを確認するため横から撮影してみましたが、いかがでしょう?

F1ボタンで偶数車側先頭車(パンタつき)のスピーカーから、F3ボタンで奇数車側先頭車(パンタなし)のスピーカーからミュージックホーンが鳴るようにしてあります。

P1340768サウンドデコーダーとは別にスピーカーを搭載していますから、実車のようにミュージックホーンを鳴らしつつ、中間車のサウンドスピーカーからタイフォンを鳴らすという芸当が可能です。

結果的に4両のうち3両にスピーカーを装備するという、大変贅沢なパノラマカーになりましたね。

デコーダーについても、先頭車にミュージックホーン制御用とライト制御用に2個ずつ使っていますから、中間車に搭載したモーター制御用とサウンドデコーダーを含めて4両編成に合計6個のデコーダーを使っています。

デモ動画を載せましたので興味がある方はどうぞご覧ください。

DCC制御ミュージックホーンのデモ動画(著作権などの関係でコピーを防ぐため、動画では音量を小さくしてあります。)

https://www.youtube.com/watch?v=Otao3YbpV_k

DCCサウンド走行デモ1(発車→前進)

https://www.youtube.com/watch?v=8Xh8fgpgKV0

DCCサウンド走行デモ2(後進側通過)

https://www.youtube.com/watch?v=ngl-RHzGees

2016年5月 9日 (月)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その3)。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その3)。

P1340754限定セットに同梱されている純正の室内灯を入れるため、室内を内装色に塗りました。

説明書にはアイボリーが指定されていましたが、かなり明るく点灯する室内灯のようなので、内装色にはグレーを少し混ぜて落ち着いた感じに見えるよう工夫してあります。

完成後はおそらく見えないかとは思いますが、少しでも光の反射を利用するために屋根裏にも同じ内装色を塗りました。

P1340762座席パーツは1脚ごとに分かれているので、塗装が楽にできました。

実車の写真を参考に調色したブラウンを塗装後、床下パーツに接着しています。

名鉄電車らしい白い枕カバーは、質感を重視してフラットホワイトを1脚ずつ丁寧に筆塗りして再現いたしました。

前後どちら向きに走っても違和感がないように、椅子の向きは適当に変えてあります。

ただし、展望室に関しては実車の最後尾に乗った際も、ほとんど後ろ向きにしていることが多かった記憶がありますので、展望側の向きに統一しております。

P1340750ここからがこのキットの最難関になります。

写真のように、ガラスパーツは色入れが一切されていない状態です。

ご存じのようにパノラマカーは大きな窓に入ったサッシの縦桟がよく目立っており、この銀色がきれいに再現されていなければ台無しです。

しかも窓の周囲にはグレーのHゴムまであるという有様・・・。

ゴールデンウィーク中の暇な時間を利用して、店長は2日間かけて慎重に塗らせていただきました。

めちゃくちゃ辛かったです。

P1340765というわけで作業を始めてから1週間かかって、ここまで完成しました。

Hゴム塗るのは苦手ですから、あまり腕が良くないのがバレてしまいますね・・・。(笑)

説明書が分かりにくかったり、いろいろ不満ばかり書きたててきましたが、完成が近づくと造形に関しては素晴らしいキットだと思います。

ここからはライトや室内灯などの電装系の作業になりますが、付属のミュージックホーンも含めてDCC化する予定です。

続きはお楽しみに・・・。

2016年5月 8日 (日)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その2)。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その2)。

P1340693ボディの塗装まで終わりましたので、今日は床下や屋根の組立に入ります。

ボディ以外のパーツはこんな感じです。

床下機器の細かさと座席が1脚ごとに分かれているので、ものすごく量が多いように感じてしまいます。

屋根上パーツも細かな機器が多い初期車をモデルにしていますから、パーツの多さに拍車をかけているのも仕方ありません。

P1340698まずは限定セットに同梱されている純正のT車化パーツを組み立てて、1両には付属の動力化キットを入れました。

T車化とはなんとも分かりにくい名称ですが、鉄コレに例えるとHO化のための走行用パーツみたいなものですね。

ただし、半完成品のため説明書を見ながら組み立てる必要があるのですが、ちょっと不親切なので分かりにくいのが難点。

床下を艤装する穴が開いているため、表裏と前後の向きを確認しながら組み立てる必要があるのですが、そのことに対する記載がまったくありません。

P1340699写真は床下機器を塗装後に取り付けた状態です。

向きが間違っていても組み立てはできますから、このように床下機器を取り付ける段階まで間違いには気づかない仕様なのでご注意。

店長は4両のうち2両の表裏を間違えていたので、もう一度分解して組み立てなおす羽目になりました。

このような組立間違いを防げるよう、何とか予防策が説明書上で欲しかったところです。

P1340726屋根上パーツもそれぞれ塗装した後、組み立てたので完成。

コストダウンのためなのか、屋根板にパーツ取付用の穴が開いていないのが残念。

裏に穴あけ用ガイドがあったのですが、開けなくていいガイドも多数あります。

間違えないよう説明書には穴あけに関する記載があったのですが、これがまた分かりにくい・・・。

結局、店長は慎重を期してちょうど入荷していたNゲージのトミックス製パノラマカーを横に置いて、屋根上パーツの位置を参考にしながら穴を開けました。

Nゲージの完成品を参考にしながらHOゲージをつくるというのは、何とも言えない気持ちでしたね。

2016年5月 7日 (土)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その1)。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットを組立て中(その1)。

P1340711_2ボディの組立が終わりましたので、油分除去のため洗剤で洗浄&乾燥後そのまま塗装作業に入ります。

ただし、そのままでは光を通してしまう素材のため下地に遮光塗装が必要です。

説明書には黒もしくは銀色で下地塗装するよう指示があったのですが、銀色だと乾燥後に上塗り塗料が剥離してしまう恐れがあります。

ということで、チキンな店長は安全な黒色を使って下地塗装しました。

P1340716下地に黒色を使いましたので、そのままスカーレットを塗装するわけにはいきません。

ということで2層目の塗装はグレーのサーフェイサーです。

グレーを下地にすることでボディ色であるスカーレットの発色を良くするとともに、表面の細かな荒れを目立たなくする役割もあります。

P1340723限定セットには写真のような専用塗料が特別に付属しています。

もちろん、この塗料を使うのですが・・・。

HOゲージ車両4両にはちょっと心元ない量です。

ここでもチキンな店長は安全策をとり、いきなりこの専用塗料を塗らずにあらかじめ下地に朱色を塗装しています。

発色を手助けするとともに、少ない塗料を節約しようというわけです。

P1340751そのおかげか、付属の専用塗料が良いのか分かりませんが・・・。

いい感じの発色とツヤで仕上がりました。

クツズリやライトケースの銀色を塗ってボディ外側は完成です。

2016年5月 6日 (金)

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットの組立を開始しました。

ネコパブのHOゲージ、名鉄7000系の限定スペシャルセットの組立を開始しました。

P1340689さすがにスペシャルセットというだけあって、写真のような大きな立派な箱に組立キットが入っています。

当店に入荷したのは3月末だったのですが、忙しく手なかなか組み立てを始められず・・・。

ようやく開封したのは入荷から1か月も経った4月末でした。

ゴールデンウィークが終わるころには完成させたいと思いますが、どうなることでしょう。

P1340690店頭価格108000円の高価な組立キットなので、わくわくしながら開封したのですが・・・。(笑)

中身は写真のように、単品販売されている各種キットを詰め合わせただけ。

パノラマカーをイメージした外箱が立派なだけに、もっと限定セットらしいものを期待していたのですがね。

なんだか肩すかしをくらった気分です。

P1340692気を取り直して、さっそくボディの組立から始めます。

一体ボディかと思いきや・・・、写真のようにボンネット部とドアが別パーツになっていました。

ボンネット分割は6連と4連でのカプラー部の違いを再現するためらしいのですが、カプラー部だけ別パーツにするなどもっと工夫して欲しかったですね。

一体ボディだったら制作も楽なのに・・・。

P1340700慎重に位置合わせしながら各パーツを接着後、写真のようにヤスリで表面を整えてボディの組立は完成です。

パノラマカーらしい赤い整形色なのですが、これがまた安っぽい質感でして・・・。

試しに裏から光を当てますと、見事に透け透け。

ちょうど来店していただいていた某店の店長とともに、まるで大きな鉄コレみたいという意見で一致しました。(笑)

2016年5月 5日 (木)

お客様が「お盆」を使ったジオラマを持って来てくれました。

お客様が「お盆」を使ったジオラマを持って来てくれました。

P1340582100円均一で売っている小さなお盆を使ったそうです。

これだと下手なレイアウトボードより見栄えも良くて、安くてお手軽なボードしても使えますね。

こちらも玄関先に置いておいても違和感がなさそう・・・。

P1340585制作されたのがちょうど桜が咲いている時期だったので、テーマは「桜」だそうです。

近くで見ると黄色いスポンジにピンク色を着色したように見えますが、ちょっと離れてみるとなかなかリアルに見えました。

ちゃんとパウダーを蒔いて、桜の花びらが散っているのが良い感じです。

P1340583でも、店長が気に入ったのはこの材木置き場? です。

廃コンテナを使って倉庫にしているのも良いですが、その横にあるトイレのような事務所のような建物に注目。

これ、実はグリーンマックスのキュービクル(信号機の中継器)を流用したとのこと。

このアイデアには脱帽ですね。

2016年5月 4日 (水)

HOゲージのカナダ&アメリカ型とドイツ型の中古品が入荷しました。特記以外はDC2線式です。

HOゲージのカナダ&アメリカ型とドイツ型の中古品が入荷しました。特記以外はDC2線式です。

まずはカナダ&アメリカ型から紹介します。

アトラス Santa Fe SD-24 #923 DCCサウンド付P1340728 19800円

いかにもアメリカの機関車らしい形の貨物用DLです。

車体の上にエアタンクが並んだ姿が特徴。

小型機ながらカンタムサウンドなので、迫力ある音が素晴らしいです。

P1340708MTH Canadian National SD70M-2 #8010 アナログサウンド付 14800円

カナダの新型貨物用DL。

アナログでサウンドが鳴る珍しいモデル(DCCは不可)です。

カナダの機関車はあまり入荷しないので、ぜひこの機会にどうぞ。

P1340742ラピッドトレインズ VIA RAIL CANADA FP9A&F9B 2両重連セット 14800円

ドックノーズ形のDLです。

重連セットですが運転台のあるAユニットにモーターが入っており、運転台のないBユニットはダミーとなっています。

こちらも珍しいモデルなので、お探しの方はぜひこの機会にどうぞ。

P1340747バウザー Santa Fe FT-A&B 2両重連セット 10800円

少し古い形のドックノーズ形DLです。

重連セットですが運転台のあるAユニットにモーターが入っており、運転台のないBユニットはダミーとなっています。

重連にしてはお買い得価格で販売中。

P1340733アサーン AMTRAK AMD-103 P42 #25 9800円

アムトラックのスーパーライナー牽引用大型DL。

今となっては珍しいフェーズ3塗装のモデルです。

この機関車の登場時の印象が大きかったので、店長は個人的に好きな塗装。

P1340730バックマン AMTRAK ACELA HHP-8 #650 12000円

アムトラックの新型電気機関車。

現在の電化区間では主力機関車なので、アムトラックファンには必須でしょう。

ユーチューブの動画でこの機関車が高速進行する姿はステキです。

P1340704フライシュマン DB BR112 TEE塗装 9800円

ドイツの汎用型機関車ですが、珍しいTEE塗装仕様のモデル。

フライシュマンの機関車は頑丈で定評がありますので、少々相場は高いのが難点です。

ただし、この商品は片側先頭部にタッチアップ跡があるため、お買得価格で販売中。

P1340675TRIX DR VT858 ロッド式ディーゼルカー 室内灯つき 10800円

ドイツの有名な古いディーゼルカー。

模型も年代物の珍品です。

古い製品なのでフランジが少し高めです。ご注意ください。

貴重な商品なのでお探しの方は、ぜひこの機会にどうぞ。

P1340701こちらはHOm 12mmゲージのBEMO製品です。

Rhb ABe4/4 32号機 付属品未使用 21600円

レーティッシュ鉄道の汎用電車です。

新品同様の非常に状態の良い製品です。

機関車のように強力な電車なので、客車や貨車を牽引することもあります。

他にもいろいろ在庫があります。

宜しければ下記の在庫表もご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/overseaslist.html

お電話での問い合わせ通信販売・お取り置きも大歓迎です。遠慮なくお申し付けください。

もけいや松原 電話番号 072-338-9991

毎週火曜定休 営業時間12時~20時00分

2016年5月 3日 (火)

グリーンマックスの阪神9300系の標識灯を点灯化しました。

グリーンマックスの阪神9300系の標識灯を点灯化しました。

P1340105お客様からのご依頼です。

左側が製品そのままの状態、右側が今回加工した製品です。

写真のように前進時にはヘッドライトとともにオレンジ色の標識灯が点灯いたします。

今回は同時にヘッドライトの白色LED化も承りましたので、明るく点灯するようになりました。

P1340106こちらはテールライトの点灯状態です。

標識灯を点灯化すると同時にテールライト自体もLEDを交換いたしますので、元の製品より赤色の光がよりキレイな赤色に発色し、明るく光るように変わります。

写真では分かりにくいのが残念ですが、肉眼ではハッキリ違いが分かります。

ちなみに今回の加工料金は標識灯点灯化が1両2500円、ヘッドライトの白色LED化が通常1両1500円のところ同時施工なので+1000円にて承りました。

2016年5月 2日 (月)

トミーテックの鉄コレ、静岡鉄道1000系集中冷房車新塗装のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、静岡鉄道1000系集中冷房車新塗装のライトを点灯化しました。

P1340201お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが白色に点灯し標識灯がオレンジに光ります。

もちろん、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

P1340203お客様からのご要望でヘッドライトは白色になっていますが、実車と同じ電球色で点灯化することも可能です。

ちなみに加工料金は部品代込みで、1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

標識灯を点灯化しない場合は1両5000円と少々リーズナブルになります。

2016年5月 1日 (日)

ポイントスイッチ2個付かんたんパワーパックを本日、5月1日より税込5400円にて販売開始させていただきます。

ポイントスイッチ2個付かんたんパワーパックを本日、5月1日より税込5400円にて販売開始させていただきます。

P1340671_2以前よりポイントスイッチ1個付の商品は販売していたのですが、コンパクトさを保ったままポイントが2個制御できるものが欲しいという声にお応えさせていただいたものです。

このポイントスイッチは出力に余裕がありますので、カトー製もしくはトミックス製であればスイッチ1個につき同時に2つの電動ポイントまで操作することができますので、エンドレスに島式ホームの待避線付きの小型レイアウトなどにご利用いただければ便利かと思います。

P1340674_2こちらは背面の端子部の写真です。

右側の2列がポイント配線用の端子となっており、ポイントスイッチ2個に対応した2系統分の入力端子があります。

各社のポイントコネクタをカットして配線を剥き出しにしたコードを、1本ずつレバーを押して入れてください。

残りの4つの入力端子はレール出力用の端子となっています。

端子が2個分余りましたので、オマケとしてレール出力用の端子を2系統を設けました。

もちろん走るんデスシリーズの共通規格となっておりますので、別売の各種オプションを用いて拡張することができます。ポイント切替機を増設することでポイントスイッチを追加したり、自動往復運転装置を増設することも可能です。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »