無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« グリーンマックスの京阪6000系新塗装のライトを点灯化しました。 | トップページ | ディスプレイモデルの路面電車をHOゲージ化してみました。 »

2016年2月 7日 (日)

天賞堂製HOゲージ、9600形2灯ライトに永末システム製のサウンドデコーダーを組み込みました。

天賞堂製HOゲージ、9600形2灯ライトに永末システム製のサウンドデコーダーを組み込みました。

P1330007お客様からのご依頼で施工させていただきました。

天賞堂の9600形はこれまで50両近くDCC加工させていただきましたが、2灯ライトは初めてですね。

店長はSLにはあまり詳しくないのですが、北海道で活躍していた有名機だそうです。

この機関車にサンドデコーダーを入れている方も少ないでしょうから、とても価値のある1台になったと思います。

P1260890_2P13300089600の場合はテンダーの容積が小さく狭いので、元の基盤は撤去してデコーダーを接続する必要があります。

もちろんテールライトは配線を工夫して、個別にON/OFFできるようにいたしました。

個別にON/OFFができますので写真のように後進時でもテールライトの点灯が可能です。

下のリンクから動画がご覧になれます。車体は異なりますが音は同じです。参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=MnNRp3tzGZA

ちなみに今回の加工ですが、DCCサウンドデコーダー代込みで38000円にて承りました。

« グリーンマックスの京阪6000系新塗装のライトを点灯化しました。 | トップページ | ディスプレイモデルの路面電車をHOゲージ化してみました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事