無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

トラムウェイのHOゲージ、8620形デフなしに永末システム製DCCサウンドデコーダーを入れました。

トラムウェイのHOゲージ、8620形デフなしに永末システム製DCCサウンドデコーダーを入れました。

P1340138お客様のご要望でヘッドライトの制御のみで承りました。

9600用のサウンドデコーダーなのですが、音はほぼ同じなので違和感はないでしょう。

デコーダーにハンダで配線して、元からテンダーに入っているユニット基盤のソケットに接続するだけです。

写真のようにヘッドライトはF0で点灯制御が可能です。

ちなみに今回の加工ですが、DCCサウンドデコーダー代込みで27000円にて承りました。

サウンドの参考動画(9600形)はこちらになります。音は同じなのでどうぞ参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=MnNRp3tzGZA

2016年2月28日 (日)

トミックスのHOゲージ、EF81カシオペアに永末システム製DCCサウンドデコーダーを搭載しました。

トミックスのHOゲージ、EF81カシオペアに永末システム製DCCサウンドデコーダーを搭載しました。

P1340102お客様からのご依頼で搭載したものです。

永末システム製の新型電機用DCCサウンドデコーダーを搭載いたしました。

写真はヘッドライトと入換標識灯を点灯させた状態です。

各ファンクションの機能は以下の通りです。

F0・・・ヘッドライトのON/OFF

F1・・・テールライトのON/OFF

F2・・・ホイッスル

F3・・・キャブライトON/OFF

F4・・・ヘッドライトの減光&ATS音

F5・・・連結動作と連結音

F6・・・ブロワー起動

F7・・・入換標識灯のON/OFF

F8・・・消音

P1340104_2キャブライトとテールライトを点灯させた状態です。

動作音のみでホイッスルなどの制御はできませんが、アナログでも音は鳴ります。

標準色EF81のデモですが、下のリンクから動画のデモがご覧になれます。サウンドは同じなので参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=wX41s5wLyBU

ちなみに加工工賃は車両持ち込みでデコーダー代込み52000円にて承りました。

2016年2月27日 (土)

お客様が100均のランチプレート(中)を活用したジオラマを持って来てくれました。

お客様が100均のランチプレート(中)を活用したジオラマを持って来てくれました。

P1340014先日も同じようなジオラマを見せていただいた同じお客様です。

今度はランチプレートの仕切りを活用した生活道路の上を線路が跨いでいます。

踏切にしている点はなかなか難易度が上がっていますね・・・。

せっかくなのでローカルな雰囲気に似合うレールバスのようなものを置いてみたかったのですが、残念ながら店長の手もちにはありません。

仕方ありませんので、適当な保線車両を置いてごまかしてみました・・・。

P1340013やっぱり店長はこういう角度から見た線路が好きですね。

木立の間を抜けて来る線路がいい感じ。

こういう景色に憧れがあるのでしょうか?

撮影しながら、しばらくこの風景に見とれていると・・・。

奥になにやら気になるものが・・・。

P1340012クルマの廃車体が自然に埋もれています。

実在する廃車体でもモデルにしたのでしょうか?

すごく自然な雰囲気で表現されていませんか?

こういうのは見ていても勉強になりますね。

お客様に伺うと、100均で売っていたライケンのような乾燥ゴケを活用しているとのこと。

最近の100円ショップは何でも売っているんですね。

2016年2月26日 (金)

HOゲージの外国型中古品がいろいろ入荷しました。特記以外はDC2線式です。

HOゲージの外国型中古品がいろいろ入荷しました。特記以外はDC2線式です。

まずはドイツ型の紹介となります。

P1340119ROCO DB BR181 タルキス塗装 12800円

ドイツのフランス乗入用複電圧の大型機関車で、SAARという愛称つきのタルキス塗装仕様。

付属品未開封の美品です。模型でも人気があり、なかなか中古市場では見かけません。

お探しの方はぜひこの機会にどうぞ。

P1340122TRIX DRG E75 02 10800円

ドイツの有名な旧型ELの登場時仕様。

古い製品なので、走行時に少し振動があります。

ロッド式の旧型機は貴重です。こちらもお探しの方は、ぜひこの機会にどうぞ。

ここから先はHOm 12mmゲージのBEMO製品のスイス型となります。

P1330747Rhb Ge4/4Ⅱ 633号機 19800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

現在でも活躍しており、氷河急行やベルニナ急行だけでなく貨車まで牽引する使い勝手の良い車両。

残念ながら元箱はありませんが、状態の良い美品です。

P1330746Rhb Ge4/4Ⅱ 618号機 12800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

現在でも活躍しており、氷河急行やベルニナ急行だけでなく貨車まで牽引する使い勝手の良い車両。

床下の一部パーツが欠品しているためお買い得価格で販売中。

P1330410Rhb Ge4/4Ⅱ 622号機 12800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

現在でも活躍しており、氷河急行やベルニナ急行だけでなく貨車まで牽引する使い勝手の良い車両。

床下の一部パーツが欠品しているためお買い得価格で販売中。

P1330755Rhb Ge4/4 609号機 16800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

先に紹介した機関車の旧型ELですが、現在でも動態保存的な形で数両が残って活躍しています。

残念ながら元箱はありませんが、状態の良い美品です。

P1330752Rhb Ge4/4 607号機 16800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

先に紹介した機関車の旧型ELですが、現在でも動態保存的な形で数両が残って活躍しています。

残念ながら元箱はありませんが、状態の良い美品です。

P1330743Rhb Ge4/4 608号機 9800円 箱なし

氷河急行も牽引するレーティッシュ鉄道の汎用電気機関車です。

先に紹介した機関車の旧型ELですが、現在でも動態保存的な形で数両が残って活躍しています。

床下の一部パーツが欠品しているためお買い得価格で販売中。

BEMO製品は他にも客車が多数入荷しております。

荷物車が1両4000円、1等や2等客車が1両3500円で販売中。

詳しくは下の写真を参考にしてください。

P1340164P1340165P1340167P1340168P1340169

他にもいろいろ在庫があります。

宜しければ下記の在庫表もご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/overseaslist.html

お電話での問い合わせ通信販売・お取り置きも大歓迎です。遠慮なくお申し付けください。

もけいや松原 電話番号 072-338-9991

毎週火曜定休 営業時間12時~20時45分

2016年2月25日 (木)

トミーテックの鉄コレ、若桜鉄道WT3001&WT3003のライト点灯化特製品をM付2両セット16800円にて販売いたします。

トミーテックの鉄コレ、若桜鉄道WT3001&WT3003のライト点灯化特製品をM付2両セット16800円にて販売いたします。

P1340141写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に光ります。

いつも通り運転席はシースルーの仕様にしておりますので、前面の窓からは客室内がよく見えます。

2両編成を前提としていますので、それぞれの片側の運転台のみ点灯加工を施しておりますのでご注意ください。

P1340142中間側はトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付けてあります。

他のほとんどの製品はライトが点灯するなかで、鉄コレだけ点灯しないのも寂しいものです。

ちなみに車両持ち込みでも加工は承っております。工賃は1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

2016年2月24日 (水)

トミーテックの鉄コレ、真岡鉄道モオカ63-1をライト点灯化した特製品をM付13800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、真岡鉄道モオカ63-1をライト点灯化した特製品をM付13800円で販売します。

P1340139両方の運転台ともにライトを点灯化しており、前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯します。

加工方法を改良しましたので、より明るくヘッドライトが点灯するようになっております。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1340140こちらはテールライトの点灯状態です。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み片運転台5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2016年2月23日 (火)

貼るダケシリーズの新製品、小型ターニングパッドシートを1枚216円にて3月1日より販売開始します。

貼るダケシリーズの新製品、小型ターニングパッドシートを1枚216円にて3月1日より販売開始します。

1/144や1/200サイズの飛行機モデルに使えるものを以前から販売しておりましたが、小型モデルの1/400や1/500サイズの飛行機に使えるシートも発売して欲しいとのご要望を受けたものです。

P1340024ターニングパッドとは空港用地が狭いなどの地理的条件で誘導路を設けられない場合や、離着陸回数が少ないため誘導路を設けられていない地方空港で、よく見られる滑走路端でのUターン部分のことです。

それを多少デフォルメして再現したもので、全部で4組8種類を発売させていただきました。

日本の空港のおよそ半分には誘導路の設置がなく、そのほとんどの滑走路端には航空機がUターンする場所としてターニングパッドが設置されており、使用例として旧岡山空港・石見空港・鳥取空港などが挙げられます。

P1340057積雪の際に雪で溶け込んで見にくくならないよう、黄色のラインになっている積雪地域用の滑走路も用意いたしました。

こちらは富山空港・出雲空港・山形空港などで使用されています。

詳しくは当店ホームページ内の滑走路シートのページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/runway.html

2016年2月22日 (月)

当店オリジナル商品でご好評いただいております「走るんデスシリーズ」価格改定中のお知らせです。

当店オリジナル商品でご好評いただいております「走るんデスシリーズ」価格改定中のお知らせです。

原材料であるトランジスタ・スイッチ・コンデンサなど電子部品の価格が年々上がっているため、在庫がなくなった商品から順番に価格を改定させていただいております。

価格の改定幅は製品により異なりますので、詳しくは以下のリンクから当店ホームぺージを内をご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/item.html

現在どの製品が価格改定済みなのかお問い合わせが増えてまいりましたので、ここで改めてお知らせしたいと思います。

もっともベーシックな価格の「かんたんパワーパック」シリーズは早々に在庫分が完売したため、価格改定が完了しキットを含めていずれも500円ずつ値段が上がっております。

コンデンサーによる制御で好評の「かんたんポイント切替機」シリーズはまだ在庫がありますので、価格改定はしておりません。在庫の完売後はいずれも500円ずつ値段が上がる予定です。

車両は無加工で手軽に自動往復運転ができる「かんたん自動往復運転装置」シリーズは在庫分が完売したため、価格改定が完了していずれも500円ずつ値段が上がっております。

停車中でもライトや室内灯が点灯する「PWM常点灯パワーパック」シリーズも在庫分が完売したため、価格改定が完了していずれも1000円ずつ値段が上がっております。

低速での運転がしやすくなる「低速重視型PWM常点灯パワーパック」シリーズおよび「PWM常点灯スイッチ付パワーパック」も在庫分が完売したため、価格改定が完了していずれも1000円ずつ値段が上がっております。

実車のような加速や減速で運転が楽しくなる「加減速機能付パワーパック」はまだ在庫がありますので、価格改定はしておりません。在庫の完売後は1000円ほど値段が上がる予定です。

在庫分は現在の価格のまま販売させていただきますので、ご購入予定がある方はお早目にどうぞ。

2016年2月21日 (日)

トミーテックの鉄コレ、京阪700形トーマス号のライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、京阪700形トーマス号のライトを点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1340136両先頭車ともにライトの点灯加工を施しています。

写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

もちろん運転席はシースルーになるよう加工しましたので、ライトユニットはほとんど見えないようになっています。

P1340137走行中はこんな感じです。

電圧を上げるとモーター車が走り出してしまいますので、写真は暗めに写っていますが走行するともう少し明るく光ります。

ベース車をお持ちの方には持ち込みでも加工を承っております。

ライトの点灯加工は1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

トレーラー車には集電可能な金属車輪を取り付けの上でお申込みください。

2016年2月20日 (土)

トミーテックの鉄コレ、福井鉄道200形新塗装202号車のライト点灯化特製品をM付22800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、福井鉄道200形新塗装202号車のライト点灯化特製品をM付22800円で販売します。

P1340132P1340130両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には左側写真のようにヘッドライトと標識灯が電球色LEDで点灯します。

もちろん後進時には右側写真のようにテールライトが赤色LEDにて点灯いたします。

運転席はシースルーなので、トレーラー側は客室内までちゃんと見えます。

専用の動力ユニットを装備しており、パンタグラフも交換しています。

P1340125動力ユニットは連接車用の専用品のため、通常の車両のように集電加工ができません。

そこで写真のようにモーター車側からコネクタ接続で、トレーラー側にも電気を供給できるように加工してあります。

それに伴いライトユニットへの配線も少々複雑化してしまいましたが、連接車ゆえに仕方ありません。

解結できないようにできれば配線は簡単にすむのですが、収納のためには連結が解けないと不便でしょう。

P1340135こういう感じのコネクタを組み込みました。

トレーラー側のライトを点灯するためにはコネクタを接続してから、連結してください。

持ち込みでも点灯加工は承っております。料金は集電加工を含めて1編成18000円となります。

連接車なので加工がどうしても複雑になり、お値段が少々高くなってしまう点はご容赦ください。

2016年2月19日 (金)

トミーテックの鉄コレ、福井鉄道200形旧塗装非冷房のライト点灯化特製品をM付22800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、福井鉄道200形旧塗装非冷房のライト点灯化特製品をM付22800円で販売します。

P1340126P1340127両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には左側写真のようにヘッドライトと標識灯が電球色LEDで点灯します。

もちろん後進時には右側写真のようにテールライトが赤色LEDにて点灯いたします。

運転席はシースルーなので、トレーラー側は客室内までちゃんと見えます。

専用の動力ユニットを装備しており、パンタグラフも交換しています。

P1340125動力ユニットは連接車用の専用品のため、通常の車両のように集電加工ができません。

そこで写真のようにモーター車側からコネクタ接続で、トレーラー側にも電気を供給できるように加工してあります。

それに伴いライトユニットへの配線も少々複雑化してしまいましたが、連接車ゆえに仕方ありません。

解結できないようにできれば配線は簡単にすむのですが、収納のためには連結が解けないと不便でしょう。

P1340134こういう感じのコネクタを組み込みました。

トレーラー側のライトを点灯するためにはコネクタを接続してから、連結してください。

持ち込みでも点灯加工は承っております。料金は集電加工を含めて1編成18000円となります。

連接車なので加工がどうしても複雑になり、お値段が少々高くなってしまう点はご容赦ください。

2016年2月18日 (木)

トミックスのHOゲージ、ED79-0番台のDCCサウンド搭載特製品を69800円で販売します。

トミックスのHOゲージ、ED79-0番台のDCCサウンド搭載特製品を69800円で販売します。

P1260033_2新品在庫の商品に、当店にて永末システム製のDCCサウンドデコーダーを搭載したものです。

トミックス製ED79の新品購入+サウンドデコーダー&工賃より少し安くしておりますのでお買い得となっております。

各ファンクションの機能は以下の通りです。

F0・・・ヘッドライトのON/OFF

F1・・・テールライトのON/OFF

F2・・・ホイッスル

F4・・・ヘッドライトの減光&ATS音ON/OFF

F5・・・連結動作と連結音

F6・・・ブロワー起動

F7・・・入換標識灯のON/OFF

F8・・・消音

F10・・・キャブライトのON/OFF

P1260019キャブライトはF3での制御に変更することも可能です。

動作音のみでホイッスルなどの制御はできませんが、アナログでも音は鳴ります。

下のリンクから動画がご覧になれます。参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=aVn8OCBtReA

ちなみに持ち込みでも加工は承っております。同じ内容の場合、加工が大変なので少し高価になりますが、デコーダー代込み1両52000円にて承っています。

2016年2月17日 (水)

カトーのユニトラムを使ったジオラマを展示ショーケースに設置しました。

カトーのユニトラムを使ったジオラマを展示ショーケースに設置しました。

P1330908ようやく完成したジオラマですが、いよいよ展示ショーケースへ移動いたします。

本当はもっと、写真のように作業机の上で遊びたかったのですが・・・。

いつまでもココにあると、お客様からご依頼いただいている加工作業ができませんので、すぐに移動です。

P1330913まずは移動に際して、邪魔になる車両たちとストラクチャーを撤去しました。

撤去と言っても置いてあっただけですから、簡単に元のプレート状に戻ります。

ただ、プレート自体の解体には少しコツが必要です。

カトーのユニトラックをお持ちの方には良く分かると思いますが、レールどうしがユニジョイナーでガッチリ連結されますので、簡単には外せません。

P1330914そこで、簡単に持ちあげて外せる中央部分のプレートだけを先に撤去します。

もちろんマニュアルには記載されていることなので、知っている方には問題のない話ですよね。

でも、お客様からのユニトラムに関する問い合わせでは、一番多い質問がこの「ユニトラム」の外し方なんです。

P1330915あとは、レールプレートだけになった部分を水平にねじるだけでユニトラムは解体が可能となります。

外れた部分から順番にレールプレートをねじっていくと、写真のように解体が簡単にできるようになります。

というわけで、これからユニトラムをはじめようと思っている皆さんは、中央部分のプレートだけはガッチリ固定しないように気をつけてくださいね。

中央部分のプレートが簡単に持ちあげられるようになっていないと、あとで解体する時に苦労いたします。

P1330916手で持てるサイズにまで解体できたら、展示ショーケース内へ持って行って元通りに組み立てるだけです。

ユニトラムはこの手軽さが良いですね。

写真のように、無事に展示ショーケース内へ設置できました。

分解できるユニトラムでなければ、この大きさのジオラマはショーケースには入りませんからね。

P1330917本来の使い方とは異なるかも知れませんが、オマケで付属している街並み写真をコーナーの奥に立ててみました。

何もない風景より街並み写真があることで奥行きがあるように見えます。

今後は展示車両を時々変えながら、あまり得意でなかった路面電車関連商品の販売にも貢献したいと思います。

2016年2月16日 (火)

もけいや松原ホームページが移転しました。

もけいや松原ホームページが移転しました。

突然のお知らせで申し訳ございません。

当店ホームページのデータを管理していただいているニフティ株式会社様の@homepageサービス終了によるもので、新しいサーバーにデータを移転いたしました。

新しいアドレスは http://mokei-ya.la.coocan.jp/ となります。

右のリンクからお入りください。新しいもけいや松原ホームページ

旧アドレス http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/ で登録されている方は、今後の情報が更新されませんのでご注意ください。

新しいアドレスで登録していただくか、以下の当店ドメインで再登録をお願いいたします。

当店ドメイン http://www.mokei-ya.com でご登録いただいている方は新しいアドレスへ
自動転送されますので変更の必要はございません。

8周年を迎えていきなりお手数をおかけして申し訳ございませんが、ご対応のほど宜しくお願いいたします。

2016年2月15日 (月)

本日より8周年記念セールを開催させていただきます。

当店をご利用いただいている皆様のおかげで本日、もけいや松原は8周年を迎えることができました。

2008年2月15日のOPENから、今日より9年目に入ることになります。

こうやってブログを書いていると、10年なんてあっという間に来るのかな? と思います。

そこで日頃の感謝をこめて、ささやかですが8周年記念セールを開催いたします。

「グリーンマックス近鉄特急がお買い得品に!!」

ライトグレードアップ&TNカプラー取付加工済みの特製品が、通常のノーマル商品と同じ価格で販売させていただきます。

商品によって違いがありますが、つまり3500円~4000円分お買い得になります。

今回、8周年記念セールとして追加させていただく商品は以下のとおりです。

P1340114グリーンマックス 品番4072 近鉄12200系スナックカー未更新タイプ(スナックコーナーつき) M付2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込11232円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340115グリーンマックス 品番4069 近鉄12200系スナックカー未更新タイプ(スナックコーナー撤去後) M付2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込11232円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340116グリーンマックス 品番4070 近鉄12200系スナックカー未更新タイプ(スナックコーナー撤去後) Mなし2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み、標識灯も実車と同じオレンジに点灯するよう加工しました。

手軽に増結できるようパンタなし先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込8468円で販売します。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340112グリーンマックス 品番4503 近鉄16400系ACE登場時 M付2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。

手軽に増結できるようパンタつき先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込9504円で販売中。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340113グリーンマックス 品番4504 近鉄16400系ACE登場時 Mなし2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようLEDを交換済み。

手軽に増結できるようパンタなし先頭車のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込7258円で販売中。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340107グリーンマックス 品番4573 近鉄16000系 Mなし2両セット特製品

両先頭車ともヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようレンズを加工済み、付属品の前面ホロと渡り板も実車と同じ雰囲気になるよう加工したうえで取り付け済みです。

手軽に増結できるよう両方の先頭車ともトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込8468円で販売中。

つまり、通常4000円かかる工賃分がサービスのお買い得品です。

P1340111グリーンマックス 品番4573&4574 近鉄16000系先頭車4両セット+増結セット M付6両セット特製品

ライトユニットがついている4両の先頭車すべてにヘッドライトを実車と同じ電球色に点灯するようレンズを加工済み。

付属品の前面ホロと渡り板も実車と同じ雰囲気になるよう加工したうえで取り付け済みです。

簡単に増解結できるよう6両すべての先頭側のみトミックスのボディマウントTNカプラーを加工のうえで取り付け済み。

特製品にもかかわらず通常商品と同じ、定価から20%OFFの税込25230円で販売中。

つまり、通常10000円以上かかる工賃分がサービスのお買い得品です。こちらのみタネ車が完売しましたので1セットのみの限定品となります。

P1340118写真のようにレジカウンター上で8周年記念セールコーナーを設置させていただいております。

通販や取り置きも大歓迎です。

みなさまのご来店をお待ちいたしております。

2016年2月14日 (日)

カトーのユニトラムを使ったジオラマが完成しました。

カトーのユニトラムを使ったジオラマが完成しました。

P1330867完成しましたと言っても、昨日つくったプレート中央の空き部分に適当なストラクチャーを置いただけです。

カトーのユニトラムはジオラマ用品としては少々高価なのですが、ストラクチャーを置くだけでジオラマが完成するのが良いところ。

道路も標記類が印刷済みなので、何もしなくても完成度は高いです。

プランさえできればすぐにジオラマは完成ですね。

P1330878電停がある方の街並みは展示場所の手前側に来ますから、なるべく背の低いストラクチャーにしてみました。

あまりお金をかけたくなかったので、手持ちで余っているストラクチャーを集めたのでメーカーはバラバラです。

当然、建物にも統一感がありませんが、都市部の街並みはこの方が自然かも知れません。

P1330879電停がない方の街並みは背の高いビルを中心としてあり、奥行き感を出してみました。

リニューアル前のレンタルレイアウトで使っていたストラクチャーばかりの余りものですが、意外と違和感なく置けたような気がします。

中央部分の道路と接していない空間には、トミーテックのジオコレにあった中古車屋から事務所とガレージだけもって来て、何となくごまかしてあります。

P1330893完成しましたので、展示ショーケースに収める前に試運転です。

トミーテックの鉄コレ、阪堺1001型がカトー製のファミリーレストラン前をすれ違って行きます。

阪堺電車にはユニトラムのような軌道敷はあまりないのですが、路面電車なので違和感はありませんね。

P1330884電停前の平面交差部でも撮影してみました。

トミックス製のコンビニが交差点の角らしくて良い感じです。

試運転中なので、街中にクルマや人がいないのが惜しいですね。

列車の車輪が発するガタガタ音を楽しみたいだけのために平面交差を設置したのですが、よく考えれば展示ショーケース内に収納すると意味がないかも・・・。

P1330880次に試運転させてみたのはマイクロエースの京阪800形です。

実車もこういう併用軌道を走行するので、ぜひ走らせてみたかった車両でもあります。

ただ、車体が大きいので許容半径は内周ではギリギリのようす。

モーター車からは少しシャフトがこすれるような音がしてしまいます。

P1330881トミーテックの鉄コレ、京阪600形とすれ違いです。

実車をイメージして、浜大津駅あたりをモデルにプランを組みましたが・・・。

カーブの向きが逆でしたね・・・。(汗)

でも、もう購入して完成しちゃったので、気にしないようにしましょう。

P1330903最後はモデモの名鉄車両で試運転してみました。

モデモの動力ユニットは結構クセがあるので、ユニトラムとの相性を心配しましたが・・・。

特に問題もなく快調に走行いたしました。

今日の試運転の中では、一番トラブルなく走行したかもしれません。

P1330900それにしてもユニトラムの道路標記はレベルが高いですね。

当店ではオリジナル商品として貼るダケシリーズで道路を販売していますから、標記には詳しくなってしまったので良く分かります。(笑)

標記類は実物からの換算ではなく、ユニトラムのレールに合わせて微妙にサイズを変えているようなのですが、実に違和感なくデフォルメされている点に感心してしまいます。

今回、ユニトラムのジオラマを導入してみて一番勉強になった点かも・・・。

2016年2月13日 (土)

お客様が100均のランチプレート(小)を活用したジオラマを持って来てくれました。

お客様が100均のランチプレート(小)を活用したジオラマを持って来てくれました。

P1340015去年も同じようなジオラマを見せていただいた同じお客様です。

今回は草木に力を入れたバージョンアップ? だそうで・・・。

ピンク色のスポンジを細かくちぎって、つつじ・・・か何かの花を表現されていますね。

全体的に春っぽくて、寒い今の時期には待ち遠しい景色です。

P1340016反対側はこんな感じ。

ランチプレートの仕切りを活用して、線路沿いの生活道路としているのが良い雰囲気です。

せっかくなのでこの風景に似合う、小さな電気機関車を置いてみました。

ついつい手前のおっさんより、奥の女子高生に目が行ってしまいます・・・。(笑)

P1340017店長が気に入ったのはこの角度から見た線路です。

木立の間を抜けて機関車が走ってくる様子が好きになりました。

ちなみにこの木は100均で売っていた竹ぼうきの先を幹に見立てて、そばの台所用品コーナーで売っていたスポンジを適当に接着後、着色したものだそうです。

手を加えることで安い材料を使っているようには見えない工夫がされています。

こうして写真を撮影していても、お客様に言われるまで気づきませんでした。

2016年2月12日 (金)

カトーのユニトラムを使ったジオラマを制作中です。

カトーのユニトラムを使ったジオラマを制作中です。

P1330909お店に入ってすぐに設置している展示ショーケースを、年末に模様替えしました。

この一番下の段に発売されてからずっと使ってみたかった、カトーのユニトラムを使ったジオラマを設置する予定です。

今は暫定的に適当なジオラマを並べているだけなので、テーマが訳わからない場所になっていますね。(笑)

P1330860使うのはもちろん写真のユニトラム基本セットです。

20%OFFの当店価格でも15552円と、ジオラマ用品としては結構な値段なので導入に躊躇してしまいます・・・。

でも、バラバラで単品ユニトラムを購入するよりかなりお得なので、ここは一気にセットを購入しました。

P1330861去年、妹が住むドイツへ遊びに行ってから路面電車のジオラマが欲しくなった店長です。

11月から仕事中もずっと(汗)、いろいろプランを考えてばかりだったのですが、結局写真のような形になりました。

ショーケースの大きさに合わせて基本セットのエンドレスと、追加で購入したポイントプレートを3個使って外周と内周を結ぶ渡り線としてみました。

こういうプランにするとパワーパック1個で外周と内周が同時に運転可能となります。

途中に渡り線がS字になってリバースのような形になりますが、電気的にはリバースにはなりませんのでギャップとかヤヤコシイことは関係ありません。

P1330866そのままでも街並みらしくてほぼ完成に見えますが、歩道には付属品取付用の穴だらけです。

営業しながらだったので、途中で接客を挟みながらほぼ1日がかりで付属品を取り付けました。

ガードレールや信号機が付いただけでもかなり雰囲気が変わって見えます。

P1330864一か所だけ設けた電停にもグレードアップ用の付属シールを貼り付けてあります。

もう一か所くらい電停を増やそうかな・・・と思っていたのですが、このシール貼りが大変だったので中止しました。(笑)

販促用の展示ジオラマなので、設置するものも程々にしたほうが良いでしょうからね。

P1330862ただ一か所だけ、写真のように全ての付属品を取り付けても穴が埋まらない場所がありました。

ポイントで分岐させた直後の交差点上のプレートには中央分離帯用のパーツ穴が開いたままです。

道路の構造上、ここに分離帯パーツを置くと通行するクルマが大変なことになります。

おとなしく交差点用プレートを買い足せばいいのですが、余っている直線プレートが勿体無いので何とかしたいものです。

P1330865そこで、当店オリジナル商品の貼るダケシリーズを活用させていただきました。

色と模様から、もっとも違和感がなかったのが写真の「歩道用タイル」部分を切ったもの。

これを適当な大きさに切って両面テープで貼り付けただけなのですが、上手く穴を塞ぐことができました。

続きは後日に紹介いたします。

2016年2月11日 (木)

カトーのHOゲージ、24系寝台特急「北斗星」基本4両セットの電源車DCCサウンド搭載特製品を49800円で販売します。

カトーのHOゲージ、24系寝台特急「北斗星」基本4両セットの電源車DCCサウンド搭載特製品を49800円で販売します。

P1340002DCC対応加工済みということで、電源車にはサウンドデコーダーを、緩急車にはライト制御のファンクションデコーダーを組み込んであります。

カニは屋根上にスペースがありましたので、目立たないようデコーダー本体を入れてみました。

もちろん使っているデコーダーは永末システム製の電源車用サウンドデコーダーです。

P1340006スピーカーは音響効果も考えて、床下の大きな機器内に組み込んでおり、音が効率良く抜けるようにスピーカーを外向きに剥き出しにしています。

実車は床下よりボディのルーバーあたりからの音が大きいのですが、さすがにルーバーに実車のような穴を開けるのは難しいので、床下からの音でご容赦ください。

レール面に音が反響しますので、それほど違和感はないかと思われます。

P1340003カトー製の製品は、テールライトとテールマークが同じ回路なので、どちらも一緒に点灯制御することになります。

DCCコントロールでのファンクションは、F1でテールライト&テールマーク点灯、F6でエンジンON/OFF、F7で高負荷状態の再現となっています。

おまけとしてF2にホイッスルが入っており、機関車次位に連結した場合はサウンドなしの機関車でもホイッスルが鳴っているようにできます。

P1340004もちろんセット内に含まれるオハネフ25にもカトーのフレンドリーDCCデコーダーを組み込んでありますので、テールライト&テールマークのON/OFFがF0で可能です。

ちなみに今回と同じ内容での持ち込み加工も承っております。工賃はデコーダー代込みで電源車は23000円、緩急車はソケット付なので3460円にて承っております。

興味がある方は下のリンクから動画をご覧ください。

塗装は違いますが電源車のエンジン音は同じものです。

https://www.youtube.com/watch?v=YKG8tk13Q_k

2016年2月10日 (水)

エンドウ製のHOゲージ、富山ライトレールのライト&室内灯点灯化ができました。

エンドウ製のHOゲージ、富山ライトレールのライト&室内灯点灯化ができました。

P1330845_2昨日の続きです。

光漏れを防ぐため車内をできるだけ遮光テープで覆い、前面のライトも点灯するよう穴を開けました。

開けた穴にヘッドライト用の光ファイバーを加工したレンズを入れてあります。

テールライトは横長の特徴ある形なので、リューターでおおまかに削ったあとヤスリで灯具部分を凹ませています。

P1330848車体の内側にはあらかじめ自作してあった室内灯基盤を入れました。

短い車体なので点灯するLEDは2箇所で十分です。

オマケとして方向幕が点灯するよう、幕の裏あたりにチップLEDを極細コードで伸ばしてあります。

ただ、方向幕のシールが思っていたよりも厚みがあったので、かろうじて光っているのが分かるという程度ですが・・・。

P1330847床板部分に集電のための配線をしました。

ボディ側とはうすいシール状の金属板で接点するようにしてあります。

連結面側が室内灯用の接点で、運転席側がライト類の接点になります。

こうしておくと分解整備が容易なのと、不必要に車内にコードが見えなくなるので見た目が良くなります。

P1330849ボディ内に収める運転席パーツにライト用のチップLEDを取り付けました。

こちらもほとんど空間がないので極小のチップLEDを用いてあります。

ちなみにヘッドライト用LEDは上下4灯になっていますが、下段のものはフォグランプ用となります。

実車は消灯していることも多いようですが、せっかくなのでヘッドライトと一緒に点灯するようにいたしました。

P1330850配線が完了したら運転席パーツをボディに接着です。

分解整備できなくなるので、できれば接着は避けたかったのですが・・・。

クリアボディには固定用の爪がないという構造上いたしかたありません。

メーカーさんにはぜひとも改良をお願いしたいところですね。

ちなみにテールライトは0.4mm厚の透明プラ板で灯具を表現しています。

P1330859ということで、まるまる一日使って完成しました。

ライトにレンズが入っただけで、ずいぶんと見た目がよくなりますね。

さすがにHOゲージで、ライトの印刷表現はダメでしょう・・・。プラレールじゃないんだから。(笑)

配線に工夫したので、外からは余計なコード類がほとんど見えません。

P1330856P1330853停車状態でも点灯している室内灯が分かりやすいよう暗い場所で撮影してみました。

良い感じでライトと室内灯が点灯していますね。

エンドウ製の富山ライトレールの点灯化については、これまで何度もお客様から可能かどうか問い合わせがあり、ぜひ挑戦してみたかった案件でした。

格安の中古品が手に入ったのでこうして試すことができ、ようやく肩の荷が降りた気がします。

ちなみに持ち込みでも本日から同じ加工は承っております。

料金は室内灯の点灯化が1編成1万円、ライトの点灯化が1編成2万円となります。

2016年2月 9日 (火)

エンドウ製のHOゲージ、富山ライトレールのライト&室内灯点灯化に挑戦!

エンドウ製のHOゲージ、富山ライトレールのライト&室内灯点灯化に挑戦!

P1330839ということで、写真の車両がその製品です。

パッと見たところ「おもちゃ」みたいな・・・。

実売価格で4万円もする製品には失礼ながら見えません。

さすがに同じ富山ライトレールでもNゲージの鉄コレよりクオリティは高いですが、カトーの1万円弱の製品には明らかに負けております。

P1330840おもちゃみたいに見える一番の原因は、ライト類が全て単なる印刷で済まされていることでしょうね・・・。

せめてダミーでもクリアレンズが入っていれば違う印象になったのに、惜しい製品です。

エンドウ製品ですが、パッケージをよく見ると製造はオーストリアのレオポルドへリングになっています。

昨日、このブログで紹介したドイツとオーストリアの路面電車の模型を作った会社と同じなんですね。

P1330842ですからボディの印象がよく似ています。

作りもほぼ同じでプラスチックのクリアボディに、窓を残して印刷&塗装されています。

これがおもちゃっぽく見える原因のひとつかもしれません。

窓とボディが一体になっているのでキレイなんですけどね・・・。

P1330843クリアボディへのライト&室内灯点灯化は、昨日のブログのように既に試しているので同じ要領で行います。

まずは接着されている床板を慎重に外しました。

昨日の路面電車もそうですが、メンテできるようせめて爪で固定するようにしていただきたいものですね。

P1330844塗装がクリアボディにされているだけなので、そのままでは見事に光がボディの外へ漏れてしまいます。

そこで結構面倒くさいのですが、写真のようにテープ類を使って細かく遮光していきます。

ちょっとした工夫ですが、より光が拡散するよう外から見えにくい天井側は反射するよう銀テープで遮光し、外からよく見える窓より下側は黒いテープで遮光しております。

この富山ライトレールは幸いなことに、窓の桟が黒い印刷なのでこの部分は遮光を省略することができます。

P1330846車内の高さが狭く窓から天井の空間はほとんどありませんので、既製品の室内灯は使えません。

そこで、写真のようにテープLEDを流用して、チップLEDによる室内灯点灯基盤を即席で作りました。

方向幕も点灯するよう極細のコードでチップLEDを延ばしてあります。

長くなりそうなので、続きは後日に・・・。

2016年2月 8日 (月)

ディスプレイモデルの路面電車をHOゲージ化してみました。

ディスプレイモデルの路面電車をHOゲージ化してみました。

P1330835去年の年末にヤフオクで安く手に入れた商品で、ドイツはニュルンベルクの路面電車です。

HOゲージサイズながら単なる置物のような形で販売されていたもののようで、なんとか動力化してHOゲージのレールで走行させたいと考えていました。

お正月からずっと忙しく、2月になってようやくお店の仕事が一段落しましたので、いざ挑戦・・・。

P1330833走行させることなんて全く考えていないディスプレイモデルなので、ボディを持ちあげると簡単に床板が外れました。(笑)

爪も何もないようです・・・。

ボディも写真のように一体のクリア素材にガラス部分を残して、印刷&塗装しただけの何とも簡易な構造ですね。

P1330834P1330830床板はダイキャストの一体成型物に、プラスチックの椅子を貼りつけているだけ。

台車まわりは写真のように、プラ車輪が回るようになっているだけの簡易構造です。

まるでNゲージの鉄コレのようですね。

いや、鉄コレの方が台車が回転するだけまだマシかも・・・。

P1330831というわけで、たまたま手元にあったHO用のギアつき小径車輪を使って中央の車体だけ動力化してみました。

簡易な方法で取り付けたので耐久性に自信がありませんが、車輪どうしをトミックスのSL動輪用ゴムで結んで駆動力をつけてあります。

集電も簡単な方法で、バネを効かせた金属線を車輪に当てることにしました。

P1330832モーターはNゲージ用のグリーンマックス製モーターとギアをそのまま使っています。

これもたまたま手元にあったのと、サイズが小さかったので本体はほぼ無加工で車体の中に入れられたことから採用しました。

床板へのマウント方法がいかにも手作りといった感じですが、ギアへのかみ合わせ調整を楽にするためです。

P1330836ただHOゲージのレールで走行させるだけでは面白くないので・・・。

室内灯とライトを点灯化も一緒にしてみました。

同時に手に入れたオーストリアのグラーツにいる路面電車も同じように加工して完成です。

やはりライトが点灯すると良いですね。

2016年2月 7日 (日)

天賞堂製HOゲージ、9600形2灯ライトに永末システム製のサウンドデコーダーを組み込みました。

天賞堂製HOゲージ、9600形2灯ライトに永末システム製のサウンドデコーダーを組み込みました。

P1330007お客様からのご依頼で施工させていただきました。

天賞堂の9600形はこれまで50両近くDCC加工させていただきましたが、2灯ライトは初めてですね。

店長はSLにはあまり詳しくないのですが、北海道で活躍していた有名機だそうです。

この機関車にサンドデコーダーを入れている方も少ないでしょうから、とても価値のある1台になったと思います。

P1260890_2P13300089600の場合はテンダーの容積が小さく狭いので、元の基盤は撤去してデコーダーを接続する必要があります。

もちろんテールライトは配線を工夫して、個別にON/OFFできるようにいたしました。

個別にON/OFFができますので写真のように後進時でもテールライトの点灯が可能です。

下のリンクから動画がご覧になれます。車体は異なりますが音は同じです。参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=MnNRp3tzGZA

ちなみに今回の加工ですが、DCCサウンドデコーダー代込みで38000円にて承りました。

2016年2月 6日 (土)

グリーンマックスの京阪6000系新塗装のライトを点灯化しました。

グリーンマックスの京阪6000系新塗装のライトを点灯化しました。

P1330004お客様より加工を承ったものです。

以前にも同じ形式のライト点灯化を当ブログで紹介しましたが、点灯方法を少し改良いたしましたので再び紹介させていただきます。

向かって右側が前進時の状態でヘッドライトと同時に方向幕が点灯します。

向かって左側が後進時の状態で、テールライトが点灯します。

P13300066000系の場合、標識灯とテールライトが隣り合っている形状の都合で標識灯の点灯化はできないことはないのですが、どうしても光漏れしてしまいますのでオススメしていません。

京阪電車では昼間は通常、標識灯は消灯しておりますので違和感は少ないかと思います。

ちなみにこちらの加工料金ですが、ヘッド&テールライトの点灯化で1両5000円、トレーラー車の場合は集電加工に1両1500円が必要となります。

標識灯を点灯化する場合は1両につき2500円の追加料金となります。

2016年2月 5日 (金)

トミーテックの鉄コレ、南海21000系ズームカー旧塗装のライト点灯化特製品をM付4両セット23000円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、南海21000系ズームカー旧塗装のライト点灯化特製品をM付4両セット23000円で販売します。

P1330816両方の先頭車ともにライトを点灯化しており、前進時には写真のようにヘッドライトと標識灯が点灯します。お

もちろん、後進時にテールライトが赤く光ります。

運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

トレーラー車は金属車輪に交換済みで、パンタグラフも交換しています。

P1330818たまたま倉庫から出てきた在庫を加工いたしましたので、1セット限りの販売となります。

興味がある方はお早目にどうぞ。

もちろん持ち込みでも点灯加工は承っております。料金は部品代込み1両5500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

2016年2月 4日 (木)

ワールド工芸の組立キット余り部品から制作した貨車移動機輸送貨車を1両7480円で販売します。

ワールド工芸の組立キット余り部品から制作した貨車移動機輸送貨車を1両7480円で販売します。

P1330820先日、当店にて制作して特製品として販売中のワールド工芸製、協三20t貨車移動機の余り部品から作ったものです。

ボディ一式が余ったのが勿体無くて、トミックスのチキに積載して輸送貨車にしてみました。

旧国鉄色の薄緑色と国鉄&JRの赤色の2種類作ってみました。

P1330821反対側はこんな感じです。

貨車移動機を輸送する際は通常、キャブを分解もしくは台車を別輸送にして車両限界内に収まるようにしてから積載します。

今回は台車を外した状態を再現いたしましたが、台車の輸送貨車は付属しませんのでご注意ください。

適当なトラでも用意してホロでも被せておけば、簡単に再現可能かと思います。

こういう商品は他にないと思いますので、貨物列車のバリエーションにいかがでしょうか?

ちなみに既にキットをお持ちの方向けに、チキさえ持ち込んでいただければ塗装込み6500円にて制作も請け負います。

2016年2月 3日 (水)

ワールド工芸の組立キット余り部品から作った、貨車移動機輸送貨車が完成しました。

ワールド工芸の組立キット余り部品から作った、貨車移動機輸送貨車が完成しました。

昨日の制作の続きです。

P1330812車体を貨車に載せてワイヤーで固定しただけでは何か物足りません。

よく見ると車体のボンネットには何の表現もありませんから、見た目があっさりしすぎですね。

キットにはエッチングのグリルなどが付いて居るのですが、これは余り部品なのでありません。

というわけで、ボンネットの省略されたグリル表現を隠すため、覆い用のブルーシートを再現することにします。

P1330813現物合わせで切ったティッシュペーパーをボンネット上に載せて、ボンドと水を1:1で溶いたものを筆塗りしました。

薄緑の車体では分かりにくいので、写真は赤いボディのほうに交代です。

ひ弱なティッシュでもボンド水が乾燥すれば結構固くて頑丈なものに変わります。

わざと皺をつくるように載せた方がシートらしくなってリアルな表現になるようです。

P1330815十分に乾燥させたティッシュ部分に、水性アクリルの水色を塗れば保護用のブルーシートみたいになりました。

皺を上手くつくれば、結構それらしく見えますね。

ただし、このままで走行させると固定されていませんから飛んでいってしまいそうです。

もちろんこの模型ではボンド水で固定していますから大丈夫なのですが・・・。

見た目的に心配です。

P1330819そこで、再び黒い「糸」の登場。

写真のように巻くように縛ってあげればシートを固定するロープの完成です。

余り部品を上手く活用できましたね。

糸を固定している接着剤が乾けば出来上がりなので、明日には店頭で特製品として販売できます。

2016年2月 2日 (火)

ワールド工芸の組立キット余り部品から、貨車移動機輸送貨車を制作中です。

ワールド工芸の組立キット余り部品から、貨車移動機輸送貨車を制作中です。

P1330731_2先日、制作した特製品として販売中のワールド工芸製、協三20t貨車移動機の余り部品から写真のようにボディが作れます。

実はキットの中に成形色の違いで、グレーとブラックのボディランナーが1枚ずつ入っています。

そこで使わなかった部品を集めるともう1台分ボディだけが作れるというわけです。

P1330740このボディだけ余ったのが勿体無くて、何か活用する方法はないものかと考えました。

とりあえず塗装だけしてみて、イメージを膨らませてみます。

こうやってみると、やはり動力ユニットを入れたくなってみますが・・・。

それではキットをもうひとつ組み立てたほうが早いので、意味がありませんね。

P1330811というわけで、トミックスのチキに積載して輸送貨車にしてみました。

これなら動力ユニットは不要ということです。

車両限界に納めるためにキャブもしくは台車を外して輸送するのが基本ですから、積載するのもボディだけでOKです。

単に載せるだけでは芸がありませんので、ちゃんと機関車を固定するワイヤーも再現しました。

P1330810使用したのはこちらの「糸」です。

細い黒い糸であれば、ちょうどNゲージには良い太さのワイヤーになります。

あとは裁縫と同じ要領で、止め玉をつくって抜けないようにしたうえであらかじめ開けた穴に通してあり、最後に接着剤で固定してしまえば完了です。

2016年2月 1日 (月)

貼るダケシリーズの新製品、CPライン付乗車位置標示シート(JR西日本新タイプ)を本日2月1日より1枚216円で販売いたします。

貼るダケシリーズの新製品、CPライン付乗車位置標示シート(JR西日本新タイプ)を本日2月1日より1枚216円で販売いたします。

先に発売開始させていただきましたJR西日本タイプの乗車位置標示シートの派生商品となり、ラインカラーを採用した新しいデザインの乗車位置標示シートとなります。

CPラインとは何?という方もおられると思いますので、簡単に説明しますと。

CPとは「Color Psychology(色彩心理学)」の略で、赤色色彩を用いることで注意喚起しホームの安全性を高めることだそうです。

改装やリニューアル時に採用されているケースが多いようです。

今回の新デザインのものは路線ごとのラインカラーに合わせて、青・赤・黄・緑の4系統の色にまとめて発売させていただくことにしました。

路線によってはまだ新デザインのものが存在しなかったりしますので、この点はご容赦いただければと・・・。

今回はよく見られるパターンを狭幅と広幅の2種類にしてラインナップさせていただいております。

P1330574まずは狭幅仕様から紹介いたします。

黄色い点字ブロックよりもホームの内側に乗車位置標示が設置されていますが、横長になっているため幅の狭いホームによく用いられているようです。

学研都市線のJR鴫野駅ホームにあるものをモデルに制作しております。

Dsc009151こちらがその実物写真です。

Nゲージの狭いホームに導入しやすいように、多少デフォルメしているため幅などは異なりますが雰囲気は出ているかと思います。

小さな文字はプリンターの性能による都合で印字できませんので、あえて省略させていただきました。

P1330618次に紹介するのは広幅仕様です。

黄色い点字ブロックよりもホームの内側に乗車位置標示が設置されているもので、比較的幅に余裕のあるホームによく用いられているようです。

JR大阪駅の東海道線ホームにあるものをモデルに制作しております。

こちらも路線名など小さな文字はプリンターの性能による都合で印字できませんので、あえて省略させていただきました。

Dsc009211こちらがその実物写真です。

Nゲージの狭いホームに導入しやすいように、多少デフォルメしているため幅などは異なりますが雰囲気は出ているかと思います。

それぞれラインカラー別に4種類あり、各社のホームの色に合わせてそれぞれ濃色と薄色をラインナップいたしましたので、合計16種類となりました。

今後、こういうホームは増えていくと思われますので、ぜひご利用ください。

詳しくは下のリンクから当店ホームページ内の商品紹介ページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/romenhyouzi.html

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »