無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ワールド工芸のHOゲージ、国鉄EF15に永末システム製のサウンドデコーダーを入れました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、国鉄52系2次車飯田線湘南色のライトを点灯化しました。 »

2015年7月13日 (月)

トミックスのHOゲージ、名鉄モ510急行色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、名鉄モ510急行色に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1310863_2お客様からのご依頼を受けたものです。

同じ釣りかけモーター車の音なので、永末システム製の旧型国電用サウンドデコーダーを搭載しました。

写真のように床下を含めて車内にスペースがありません。

そこでボディの屋根を切開して搭載するスペースを作りました。

P1310864_2この車両は構造が特殊なため、先に動力ユニットをボディに組み込んでから屋根を閉める形で組み立てます。

本来なら屋根の中にスピーカーを納めることができるのですが、今回はお客様のご要望で車内に床置きしてあります。

理由はスピーカー音量を上げるためエンクロージャーをスピーカーに付けたため、屋根の中に収まらないからです。

こういうご要望も受けておりますので、ご希望があればお申し付けください。

P1310865_2同時にもう1両もDCC化の依頼を受けました。

こちらは重連で運用するためサウンドなしで承っております。

デコーダーはカトーのDZ143を使いました。

ちなみに今回の工賃はデコーダー代込み、サウンド付は32000円、サウンドなしは14000円で承りました。

P1310866下のリンクから動画のデモがご覧になれます。

以前に加工したものなので塗装は違いますが、雰囲気を参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=b0JMdFbUK60&feature=youtu.be

« ワールド工芸のHOゲージ、国鉄EF15に永末システム製のサウンドデコーダーを入れました。 | トップページ | トミーテックの鉄コレ、国鉄52系2次車飯田線湘南色のライトを点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事