無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« グリーンマックスの103系スカイブルー高運転台のライトを電球色LED化しました。 | トップページ | カトーのレムフ10000のテールライトを点灯化しました。 »

2015年6月15日 (月)

カトーのNゲージC57旧製品にサウンド付DCCデコーダーを組み込んでみました。

カトーのNゲージC57旧製品にサウンド付DCCデコーダーを組み込んでみました。

P1310446お客様からのご依頼です。

カトーでも取扱いのあるデジトラックスのNゲージ用サウンドデコーダーを使いました。

お客様の方でC57の音源に入れ替えたものをご用意いただいております。

P1310442旧製品のC57なのでテンダーにはあらかじめデコーダーとスピーカーが入るような空間は用意されていません。

現物合わせでウエイトをカットして搭載する空間を作り出しました。

テンダー側のドローバー挿入口にモーターからの細いコードを入れて、テンダーをドローバーで元通り連結します。

写真のようにコードはドローバーの両側の空間を利用して通ることになります。テンダーの台車が軽く動くように、コードが通る空間を開けるためカッター等で削っておきます。

テンダーの底に小さな穴をピンバイスでいくつか開けておくと、少しですがサウンドが大きくなります。

P1310443写真のようにウエイトへテンダーの集電シューからのコードを接続し、DCCデコーダーの赤色と黒色のコードへハンダ付けすればレールからの集電は完了です。

あとはモーターからのコードをDCCデコーダーの灰色とオレンジのコードにハンダ付けすれば、モーターとの接続も完了です。

P1310445少し手間はかかりますが、これでC57へのサウンド付DCCデコーダーの組み込みはできました。

F0でヘッドライトのON/OFFができます。

こちらの内容でのDCCデコーダー組込みですが、工賃15000円にて作業を承っております。

« グリーンマックスの103系スカイブルー高運転台のライトを電球色LED化しました。 | トップページ | カトーのレムフ10000のテールライトを点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事