無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 外国型HOゲージの中古品がいろいろ入荷中です。 | トップページ | カトーの313系5000番台の車掌室を点灯化しました。 »

2015年1月19日 (月)

トミックスのHOゲージ、DF50に新発売されたばかりの永末システム製DF50用DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トミックスのHOゲージ、DF50に新発売されたばかりの永末システム製DF50用DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1300401お客様からのご依頼で、ヘッドライトの制御のみで加工いたしました。

永末システム製のDF50用DCCサウンドデコーダーはCV値の変更でエンジン音が変えられます。

ポンポン音が特徴の0番台スルザー社のものと、ドドドド音が特徴の500番台マン社のものに切り替えができるのが良いですね。

各ファンクションの主な機能は以下の通りです。

F0・・・ヘッドライトのON/OFF

F2・・・ホイッスル

F4・・・ヘッドライトの減光

F5・・・連結動作と連結音

F6・・・エンジン起動

F8・・・消音

P1300396トミックスの機関車はスペースが狭いので組込が大変です。

写真は別件で同時に加工中のキャブライト&テールライト装備車ですが、空いているスペースに部品を配置したために配線だらけになってしまいました。

どちらかといえばスペースに余裕があるカトー製品の方が加工は楽ですね。

P1300397_2それでもコンデンサーとファンクション制御用の基盤はボディ内には収まり切りません。

屋根上のモニター内にはみだしての収納となりました。

下のリンクからサウンドのデモがご覧になれます。参考にどうぞ。

0番台のスルザー社製エンジン音(ポンポン音が特徴)

https://www.youtube.com/watch?v=rBH_h9BnGc8

500番台のマン社製エンジン音(ドドドド音が特徴)

https://www.youtube.com/watch?v=79cyTuoUH9I

ちなみに加工料金はヘッドライトの制御のみなので、デコーダー代込み1両30500円で承っております。

テールライト(入換標識灯込み)とキャブライトも制御する場合は+25000円となります。

« 外国型HOゲージの中古品がいろいろ入荷中です。 | トップページ | カトーの313系5000番台の車掌室を点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事