無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミックスのHOゲージ、EF66-0番台JR貨物更新車のDCCサウンド搭載特製品を64800円で販売します。 | トップページ | 今週は新しいレンタルレイアウトのトンネルを制作中です。(その2) »

2014年9月 8日 (月)

今週は新しいレンタルレイアウトのトンネルを制作中です。(その1)

今週は新しいレンタルレイアウトのトンネルを制作中です。(その1)

P1290036まずは適当にスタイロフォームを切って、トンネルのイメージを考えます。

カーブの途中にトンネルを設けるので、車体が当たらないよう試運転しながら慎重に位置を決めました。

トンネル上部の山はイメージを掴むため適当に置いただけですので、こんな急な山にはなりません・・・。(笑)

P1290038トンネルの出口から進入してくる列車が見えるようにしたかったので、全長は2~3両分と少し短めのトンネルとなります。

短いトンネルだと脱線時の復旧も容易なので安心です。

外側を走る1番線・2番線のトンネルは少し長くなっておりますので、進入してくる列車のヘッドライトが良い感じに壁面に反射するようにしたいですね。

少し工夫してトンネルを制作いたしましょう。

P1290041というわけで、作業中のトンネル内部です。

スタイロフォームを切っただけの壁面そのままだとトンネル入口から覗いた時にリアルではありません。

そこで、写真のようにまずは外側の壁面だけですが、それらしく見えるよう壁面パーツを貼り付けました。

P1290040使った素材はこれです。

近くの100円ショップに売っていた薄いスポンジ状のマットに、同じく100円ショップで売っているシルバーの布テープを貼りつけています。

これをトンネル内部の壁面に貼り付けるだけで、かなりトンネルがリアルになりました。

素材がスポンジなので、万が一列車が脱線しても傷がつかないという効果も狙っております。

« トミックスのHOゲージ、EF66-0番台JR貨物更新車のDCCサウンド搭載特製品を64800円で販売します。 | トップページ | 今週は新しいレンタルレイアウトのトンネルを制作中です。(その2) »

レイアウトの話題」カテゴリの記事