無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、静岡鉄道1000系のライトを点灯化しました。 | トップページ | マイクロエースの神戸電鉄3000系の標識灯を点灯化しました。 »

2014年4月10日 (木)

ムサシノモデルのOJゲージ、EF66にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

ムサシノモデルのOJゲージ、EF66にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1270558Nゲージの同じモデルと並べてみましたが、大きさがこんなに違います。

ただ、12VDCで動く点ではNゲージやHOゲージと同じようなモーターなので、DCCサウンドデコーダーも組み込むことが可能です。

今回はお客様からのご依頼でクマタ貿易さんが発売しているEF66用サウンドデコーダーを組み込みました。

P1270555中はこんな感じで組み込みました。

大きさが大きいだけに内部には十分すぎるほどの空間があり、DCCデコーダーが小さく見えてしまいます。

ヘッドライト・キャブライト・テールライトはパンタグラフ下にある小さな穴を使ったスイッチで個別に制御できますので、DCCデコーダーではF0でのON/OFF機能のみ有効となっています。

軽自動車が買えるくらいの金額で購入されたそうなので、加工は少し緊張しました・・・。

P1270557

モーターは実車と同じ位置に搭載されています。

各軸に一個すつあり合計6個あったのですが、さすがにDCCデコーダー1個ではモーターを2個制御するのが限界なので、4個は配線を撤去してダミー化させていただきました。

ちなみに今回の工賃は50000円で承りました。

« トミーテックの鉄コレ、静岡鉄道1000系のライトを点灯化しました。 | トップページ | マイクロエースの神戸電鉄3000系の標識灯を点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事