無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« グリーンマックスの塗装済みキットを組み立てた京阪600形のライトを点灯化しました。 | トップページ | グリーンマックスのキットを組み立てたクモハ12のライトを点灯化しました。 »

2013年12月 5日 (木)

トラムウェイのHOゲージ、C12にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

トラムウェイのHOゲージ、C12にDCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1260804と言っても車体がもともと小さい機関車なので、中にはDCCデコーダーを搭載するスペースがほとんどありません。

しかしながら内蔵されているユニットにはDCCソケット用の8ピンプラグと、スピーカー搭載用の穴は初めから設けられています。

そこで今回は小さなスペースでも搭載しやすいデジトラックスのNゲージ用サウンドデコーダーを使いました。もちろん外国型のデコーダーなので音源は国産SLのものに入れ替えて使用いたします。

そのままではスピーカーが小さく、音に迫力がありませんのでHOゲージ用のスピーカーに交換しています。(それでも音量は少し小さめになりますが・・・)

P1260805キャブ内にはどうしてもデコーダーがはみ出してしまいますので、キャブライトは無意味になってしまいますが仕方がありません。(点灯できないので配線は外しました。)

ちなみに加工工賃は同じ仕様にした場合、デコーダー代込み22000円となります。

以下のリンクから動画のデモを見ることができますので、参考にどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=gaLRlh_f10I

« グリーンマックスの塗装済みキットを組み立てた京阪600形のライトを点灯化しました。 | トップページ | グリーンマックスのキットを組み立てたクモハ12のライトを点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事