無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミーテックの鉄コレ、201系中央線のライトと室内灯の点灯化をしました。 | トップページ | グリーンマックスの京阪260型のライトを点灯化しました。 »

2013年11月 7日 (木)

マイクロエースの200系新幹線にDCCデコーダーを入れました。

マイクロエースの200系新幹線にDCCデコーダーを入れました。

P1260538_3お客様からご依頼を受けたもので、今回はサウンドなしの方向制御のみのDCCデコーダーを入れております。

使うデコーダーはコスパの良いカトーの先頭車用フレンドリーデコーダー(当店価格1418円)です。

このデコーダーは安いうえに大きさが小さいので便利なものです。

目立たないよう運転席の後ろと客席の間のデッキ部分に設置しました。

P1260540P1260539写真のように横から見てもデコーダーは見えません。

加工後は写真のように両先頭車を同じ線路に置いても、一緒にヘッドライトとテールライトを点灯させることができます。

アナログではこういうことはできませんので、ちゃんとDCC化できた証明にもなります。

もちろんDCCコントローラを使えばライトの点灯はOFFにすることもできます。

P1260537_2

モーター車は写真のように加工いたしました。

使うデコーダーはコスパの良いカトーの動力車用フレンドリーデコーダー(当店価格1890円)です。

こちらも安くて小さいのでNゲージには便利なデコーダーですね。

いつものようになるべく外からは目立たないよう組み込みました。

ちなみに今回の工賃はデコーダー代は別で、先頭車が1両5000円、モーター車が1両6000円で承りました。

« トミーテックの鉄コレ、201系中央線のライトと室内灯の点灯化をしました。 | トップページ | グリーンマックスの京阪260型のライトを点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事