無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« カトーのあけぼのASSY組立品、カニ24-23を1両2573円で販売中です。 | トップページ | トラムウェイのHOゲージ、DD13初期型にDCCサウンドデコーダーを組み込んでみました。 »

2013年7月28日 (日)

天賞堂のHOゲージ、EF57-1号機にDCCサウンドデコーダーを組み込んでみました。

天賞堂のHOゲージ、EF57-1号機にDCCサウンドデコーダーを組み込んでみました。

P1250560いつもは永末システム製のDCCサウンドデコーダーを組み込みますが、今回は8ピンのソケットが装備されていますので、それを活用してデジトラックスのデコーダーを組み込みます。

ただし、8ピンソケットを使うとライトユニットを装備した基盤がそのまま使える反面、デコーダーを入れるスペースがありません。

そこで、小さなスペースですむNゲージ用のサウンドデコーダー(写真の赤い部品)を使います。

P1250561ただし、スピーカーのサイズが小さいと音に迫力がありませんので、スピーカーだけはHOゲージ用のものに入れ替えました。

それでも音量は少し小さくなってしまうのが欠点です。

そのまま8ピンソケットに差し込むだけでサウンド化は完了なのですが、それだけでは簡単すぎますね。

そこでキャブライトと電暖表示灯の点灯化も行なってみました。

P1250581P1250582ヘッドライトとテールライトは製品の仕様により、F0ボタンで一緒にON/OFFすることになります。

もちろん両運転台とも前進時はヘッドライトが、後進時にはテールライトが点灯いたします。

キャブライトは両運転台とも同時にF4ボタンでON/OFFできます。

P1250584電暖表示灯は写真のようにF3ボタンでON/OFFが可能です。

模型ではもちろん無関係ですが、実車は客車への通電が遮断されると表示灯が点灯し、安全に連結・解放作業ができるというわけです。

ということは客車を連結している場合、通常は消灯しているのが普通ということですね。

せっかく点灯化しましたが自己満足に終わりそうです。

P1250586P1250587前から見ると電暖表示灯の点灯・消灯が良く分かります。

点灯化してみると思ったより目立ちますね。

ちなみに加工工賃ですが、ヘッドライトとテールライトの制御のみであればデコーダー代込み26000円となります。

キャブライトの点灯化と電暖表示灯の点灯化はともに+11000円、両方同時の加工であれば+17000円です。

ただし、デコーダーには入換標識灯の点灯装備がありませんので必要な場合は通常の永末システム製デコーダーを使う形となります。その場合はデコーダー代込み46000円になります。

音源はお客様がEF58から録音して編集したものに入れ替えて使わせていただきました。

以下のリンクから動画のデモがご覧になれますので、参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=L_5mubk04uQ

« カトーのあけぼのASSY組立品、カニ24-23を1両2573円で販売中です。 | トップページ | トラムウェイのHOゲージ、DD13初期型にDCCサウンドデコーダーを組み込んでみました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事