無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« グレードアップ加工したチップ輸送貨車11両編成をカトー製DD51付19800円で販売します。 | トップページ | グリーンマックスの京阪9000系のライトを点灯化しました。 »

2013年4月 4日 (木)

トミーテックの鉄コレ、小田急2200系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、小田急2200系のライトを点灯化しました。

P1240743お客様からご依頼を受けたもので、おそらく小田急の鉄コレは初めてではないでしょうか?

前進時は小田急独特の片目点灯を再現いたしました。

もちろん点灯しないときはリアルに見えるようレンズに緑色を着色しています。

P1240744こちらは先ほどの写真とは極性を逆にしてみました。

非貫通の2枚窓と貫通の3枚窓がありますので、それぞれ印象が違って見えます。

もちろん運転席はシースルー仕様で加工していますので、前面窓から客席がよく見えます。

P1240745鉄コレでもヘッドライトが点灯するだけで高級感が漂います。

ちなみに向かって右側のライトが普段点灯しないのは、球切れ時の予備灯という扱いだったからだそうで、蒸気機関車の主灯と副灯の関係に似ていますね。

ただし、2200系が現役の頃は予備灯ではなく種別灯としても使っていたそうで、なんだかややこしいです。

P1240747こちらはテールライトの点灯状態です。

消灯しているヘッドライトのレンズが緑色になっているのが分かりますでしょうか?

ちなみに今回の加工料金は部品代込み1両7500円(集電加工含む)で承りました。

« グレードアップ加工したチップ輸送貨車11両編成をカトー製DD51付19800円で販売します。 | トップページ | グリーンマックスの京阪9000系のライトを点灯化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事