無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 去年の秋に依頼を受けて制作したミニジオラマの作り方を紹介(その2) | トップページ | カトーのASSYパーツを組み立てたオロハネ10・スロ54・スユニ61・マニ60が入荷しました。 »

2013年3月 8日 (金)

Nゲージの南海2000系と2200系天空の室内灯を点灯化しました。

Nゲージの南海2000系と2200系天空の室内灯を点灯化しました。

P1240666お客様からのご依頼で、レールクラフト阿波座さんの完成品だそうです。

塗装はもちろんのこと、細かい部分まで手を抜かずに再現されている素晴らしい製品です。

前進時のみヘッドライトが点灯するよう当店にて加工しております。テールライトの点灯化も可能なのですが、今回はせっかく作りこまれた細かい運転席のディテールを残したいとのことなのでヘッドライトのみ点灯化を行っています。

P1240662_2P1240663_2室内灯はこのようにチップLEDを用いて点灯化しました。

細かく作られた室内に極力影響を与えずに、キレイに点灯させるにはこの方法が最適となります。

写真のように細かく作りこまれた室内には、ブリッジダイオードさえも組み込むと目立ってしまいます。そこでブリッジダイオードを省略し、LEDの極性を3個ずつ逆にしてどちらに進行させても点灯するようにいたしました。

P1240668_2P1240675室内灯を目立たないよう組み込みましたので、写真のようにキレイに室内が照らされるようになりました。

細かく作りこまれた室内の座席までキレイに見えます。

こうしてみると天空の座席は観光列車らしく、よく考えて作られていますね。

お店の前を走る近鉄南大阪線にもこんな車両が走って欲しいものです。(笑)

P1240677_2P1240678_2一緒に連結された走る2000系にも同じように室内灯を点灯化しました。

天空のような座席はありませんが、車内のロングシートがよく見えます。

ただし、鉄コレ用の動力ユニットを使用したモーター車はあまりキレイには見えませんね。中にモーターユニットがあるのが丸見えですが仕方ありません。

P1240664中はこんな感じです。金属車体なので絶縁には気を使いました。

天空と同じようにブリッジダイオードを省略するため、チップLEDの極性をお互いに逆にしたものどうしで3ユニットを組み込んでいます。

車内の吊革の間に室内灯を入れるにはこういう方法しかありません。

実物がこの位置に照明がありますから、一番実感的に車内を照らしてくれますね。

P1240680天空と連結して走らせるとこういう風になります。

ちなみに室内灯の点灯化は部品代込み1両3000円で承りました。

ヘッドライトの点灯化は部品代込み1両2500円(集電加工1両1500円別途必要)となります。

« 去年の秋に依頼を受けて制作したミニジオラマの作り方を紹介(その2) | トップページ | カトーのASSYパーツを組み立てたオロハネ10・スロ54・スユニ61・マニ60が入荷しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事