無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« レンタルレイアウトに新たな展示物を導入しました。 | トップページ | カトー製Nゲージ、キハ52にDCCサウンドデコーダーを入れてみました。 »

2012年4月14日 (土)

トミックス製HOゲージの琴電300形に永末システム製旧国用DCCサウンドデコーダーを入れました。

トミックス製HOゲージの琴電300形に永末システム製旧国用DCCサウンドデコーダーを入れました。

P1210593

P1210594

お客様から依頼を受けて施工したものです。

ご要望により室内灯を一緒に入れ、ヘッドライトと尾灯もDCCで点灯を制御できるようにしました。

機関車と違って電車は車内がよく見えるので、スピーカーとデコーダーの搭載位置に工夫しております。

P1210586

試行錯誤して最終的に室内灯の上部にデコーダーを搭載することにしました。

スピーカーも目立たないよう端のほうに床置きにしています。

音源は床下から聞こえる方がリアルなので、多少室内を犠牲にしてでも床置きにこだわりました。

P1210589

P1210590

写真のように室内灯を点灯させても違和感がないかと思います。

スピーカーも思ったより目立たないで済みました。

どんなサウンドか興味がある方は以下の動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=hAU6j6FIR_M

ちなみにこちらの加工賃はデコーダー代込み41000円にて承りました。

« レンタルレイアウトに新たな展示物を導入しました。 | トップページ | カトー製Nゲージ、キハ52にDCCサウンドデコーダーを入れてみました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事