無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミックスのキハ20系にDCCデコーダーを入れました。 | トップページ | トミックスの485系の車掌室灯を点灯化しました。 »

2012年4月 6日 (金)

カトーの24系日本海セット、スハネフ24の車掌室灯を点灯化しました。

カトーの24系日本海セット、スハネフ24の車掌室灯を点灯化しました。

P1210614

お客様からのご依頼により加工したものです。

テールライトの点灯に連動して車掌室灯も点灯いたします。

テールライトが点灯しない前進状態では、車掌室灯も消灯しますので実感的です。 機関車のすぐ後ろで光っていたら違和感がありますからね。

P1210615

こちらが消灯状態です。

明るいはずの室内灯クリアを組み込んでいるのですが、車掌室まで光がまわっていないので、車掌が不在のように見えます。

今回の加工はその姿が不自然なので、車掌室灯を組み込んで欲しいというご依頼でした。

P1210616

P1210617

比較のため実際の走行状態を再現してみました。

左が列車を前進させての点灯状態、右が列車を後進させての消灯状態となります。

室内灯を組み込んでいてもその違いは歴然としており、やっぱり車掌室灯が点灯している方が本物っぽく見えますよね。

ちなみに車掌室灯の点灯加工料金は部品代込み1両2500円となります。

« トミックスのキハ20系にDCCデコーダーを入れました。 | トップページ | トミックスの485系の車掌室灯を点灯化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事