無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ワールド工芸のED19が完成しました。 | トップページ | マイクロエース製DD53のロータリヘッドのライトと機関車の尾灯点灯化を行いました。 »

2012年3月20日 (火)

グリーンマックスの東京メトロ15000系にDCCデコーダーを入れました。

グリーンマックスの東京メトロ15000系にDCCデコーダーを入れました。

P1210332 いつものようにモーター車にはカトーのフレンドリーデコーダーを加工して入れました。

本来はカトーのフレンドリー対応車専用なのですが、写真のようにコードで配線してあげると他社の車両にも使える汎用デコーダーとなります。

この後、デコーダー本体に黒い収縮チューブをかぶせてカバーしております。

P1210333

外からみるとこんな感じです。

グリーンマックスのモーター車は車内に少し出っ張りがありますので、デコーダーも少し目立ってしまいますね。

ちなみにこの工賃ですが、デコーダー代1890円+6000円(当店で車両を買っていただいた場合は1000円割引)で施工させていただきました。

P1210335

次に両方の先頭車のライトもDCCで制御するためデコーダーを搭載しました。

こちらもカトーのフレンドリーデコーダーを写真のように加工して取り付けております。

元の基盤を利用して配線いたしましたので少々複雑です。

P1210338

完成すると写真のように同一線路上でも、ヘッドライトとテールライトをそれぞれに点灯させることができます。

こちらの1両分の工賃ですが、デコーダー代1418円に+5000円(当店で車両を買っていただいた場合は1000円割引)で施工させていただきました。

« ワールド工芸のED19が完成しました。 | トップページ | マイクロエース製DD53のロータリヘッドのライトと機関車の尾灯点灯化を行いました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事