無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« マイクロエースのコキ71、カーラックコンテナ車の連結器を変えてみました。 | トップページ | ワールド工芸のED19が完成しました。 »

2012年3月18日 (日)

ワールド工芸のED19を組み立てています。

ワールド工芸のED19を組み立てています。

P1200754

お客様からのご依頼分なのですが、いろいろと手間がかかると聞いている難しい機関車の組立てキットです。

ED19自体はクリアケースに入った昔のキットを何両か組み立てたことがありますが、この紙箱になってからのリニューアルされたキットは初めてとなります。

リニューアルされているとは言え、そんなにキット構成も変わらないだろうと思っていたのですが・・・。

P1200755

開けてビックリ! 中身はまったく変わっています。

銀色の板ばっかりが入っていて見慣れた金色の板がほとんどありません。(笑)

素材が洋白の板になっていますので、価格が高くなったのでしょうか?

洋白の方がディテールが細かく再現できているような気がしますね。

P1210244

素材が違っても作り方は変わりません。

まずはボディからハンダ付けで組み立てます。

気のせいかも知れませんが真鍮板よりも熱のまわりが早いような・・・。

組立てがサクサクと進みますが、余計な熱がまわらないよう素早く作業をしなければいけません。

P1210253

リニューアルされてからはパンタグラフも組み立てる必要があります。

写真のようにバラバラになっているものを組み立てるのは大変です。細長い真鍮線の扱いが特に・・・。

部品同士の合いもイマイチなので、パンタグラフがちゃんと動くようにする微調整が大変でした。

P1210254

というわけでここまで組みあがりました。

集中力が続かなかったので、気が向いたときに時間をかけて組み立てるという工法にしたため、ここまで一週間弱かかっております。

特に台車が何枚もの板を重ね合わせて厚みを再現し、補強するようになっていたので通常の3倍くらい時間がかかりました。

P1210256

というわけで動力ユニットをボディに仮に入れて、走行試験いたしました。

塗装する前に試験しておかないと調整ができませんから、大切な工程です。

さすがにリニューアルされた製品なので、動力関係の調整にはそれほど時間はかかりませんでした。昔の製品はここが大変でしたからね・・・。

« マイクロエースのコキ71、カーラックコンテナ車の連結器を変えてみました。 | トップページ | ワールド工芸のED19が完成しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事