無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« カトーの叡山電鉄きららを白色LED化しました。 | トップページ | カトーのDE10の入換標識灯を点灯化しました。 »

2012年3月 7日 (水)

天賞堂のEF16に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

天賞堂のEF16に永末システム製DCCサウンドデコーダーを組み込みました。

P1210358

永末システム製の旧型電気機関車EF15・EF16用を組み込んでおります。

今回は金属製の車体に組み込みましたので、スピーカー周りやライト関係など配線と絶縁に気を使いました。

写真はテールライトの点灯状態です。デッキ付機関車のテールライトってなんか雰囲気があって良いですよね。

P1210357

キャブライトは少し工夫して、旧型機関車らしく白熱灯の暖かさと薄暗さを再現してみました。

特に天賞堂の機関車はキャブ内に駆動ユニットが見えますので、あまり明るいと不要なところまで目立ってしまい雰囲気が壊れてしまいます。

わざと薄暗くしてカモフラージュしているわけです。

P1210355

もちろん入換標識灯の点灯も可能です。

ちなみに今回は工賃51000円(デコーダー代込み)で承っております。

興味がある方は下のリンクから動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=u7VDksY_XpA

動画の中でヘッドライトの右下に光っているように見えるのがキャブライトです。うす暗いので動画では分かりにくいのですが、ヘッドライトが漏れているわけではありません。

« カトーの叡山電鉄きららを白色LED化しました。 | トップページ | カトーのDE10の入換標識灯を点灯化しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事