無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミックス製HOゲージ、EF64の1000番台にもけいや松原製DCCデコーダーを入れてみました。 | トップページ | 入荷したばかりのグリーンマックス新製品、近鉄1620系・1252系塗装済みキットを組み立てました。 »

2012年2月23日 (木)

カトー製HOゲージのカニ24に永末システム製電源車サウンドデコーダーを組み込みました。

カトー製HOゲージのカニ24に永末システム製電源車サウンドデコーダーを組み込みました。

P1210203

実車のように床下のエンジンからサウンドを鳴らせるように、電源エンジン用として発売されているDCCサウンドデコーダーです。

カニ用・スハフ用・カハフ用と3種類のサウンドが用意されています。

今回ご依頼いただきましたカニ25はカニ用サウンドを使います。

P1210204

デコーダーとスピーカーをどこに搭載しようか考えながら分解してみました。

構造的には床下機器の中にスピーカーを搭載できそうです。

サウンドデコーダーはできるだけ目立たないよう床板の上に、できるだけ低くして搭載します。

P1210209

興味のある方は下のリンクからデモ動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=YKG8tk13Q_k

F1でテールライト点灯、F2でホイッスル、F3でテールマーク点灯が制御できます。

後半ではクーラー作動時の高負荷状態をF7の音量変更ボタンで再現しています。

ホイッスルは機関車の次位に連結した際に使えますね。

ちなみに今回はデコーダー+スピーカー代10500円、搭載工賃11000円で承りました。

« トミックス製HOゲージ、EF64の1000番台にもけいや松原製DCCデコーダーを入れてみました。 | トップページ | 入荷したばかりのグリーンマックス新製品、近鉄1620系・1252系塗装済みキットを組み立てました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事