無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 新年明けましておめでとうございます。2012年も宜しくお願いいたします。 | トップページ | 試走台にメルクリンデジタルシステムを導入しました。 »

2012年1月 2日 (月)

壊してしまった天賞堂C62のカンタムサウンドデコーダーを有効活用してみました。

壊してしまった天賞堂C62のカンタムサウンドデコーダーを有効活用してみました。

壊してしまったといっても私が壊したわけではなく、お客様がショートさせてしまったものです。

SLの停車中の音が出るだけで走行音が出ません。ただアナログだとちゃんと音がでるのですがバックができません。完全に壊れていますね・・・。

使えないからということで工賃代わりにいただきました。

P1200477

修理に出すとお金がかかりそうだし、でも音は出るので捨てるのはもったいない。

ということなので、ちょうど持っていたロータリー除雪車に入れることにしました。

これなら音が出るだけで充分です。基本的に前進しかしないのでアナログ使用で楽しむことにしましょう。

P1200479 スピーカーとサウンドデコーダーを乗せるだけでは芸がないので、ついでにヘッドライトも点灯加工しました。

配線だらけでややこしく見えますが、やった本人からみればそれほど難しい加工ではありません。

モーター内臓なのでちゃんとロータリーが回転いたしますが、実車と同じく走行はしませんので常に機関車に押してもらう必要があります。

P1200481

こんな風にヘッドライトが光って、ロータリーが回るようになりました。

写真では分かりませんが、アナログ線路だとちゃんとロータリーの回転に合わせて蒸気機関の音がします。

興味がある方は下のリンクから動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=62ebCRnoky0

たまにはこんな車両も良いですよね。

« 新年明けましておめでとうございます。2012年も宜しくお願いいたします。 | トップページ | 試走台にメルクリンデジタルシステムを導入しました。 »

DCC加工の紹介」カテゴリの記事