無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ワールド工芸のイベント限定品、20t貨車移動機を再び組み立てています。 | トップページ | グリーンマックスの京急1000系の標識灯を点灯化しました。 »

2011年9月 6日 (火)

グリーンマックス完成品の先頭車両とカトーカプラー装備の車両を連結させるには?

グリーンマックス完成品の先頭車両とカトーカプラー装備の車両を連結させるには?

どうすればいいか?という問い合わせを時々受けます。

P1190703

みなさまご存知のとおり、グリーンマックスの完成品の先頭車両は原則としてダミーカプラーが装備されています。

そのために台車のカプラーポケットがカットされているため、このままでは他車と連結させることができません。

写真の近鉄電車だけでなく他の車両も同じですよね。

P1190705

そこで良く知られた方法として、トミックスのTNボディマウントカプラーを使う手があります。

説明書にもその旨が記述されているので、メーカー推奨でもあります。

近鉄の場合は写真のようにカプラーを一度分解して、製品付属のスカートパーツに装着ができるようになっています。

P1190704

しかしながら、これだと連結相手もTNカプラーを装備している必要があります。

店長の場合、安価なカトーカプラーを愛用しており、先頭車でもカトーカプラーになっている場合が多く、これでは写真のように連結ができません。

特にグリーンマックスの未塗装キットを組み立てた車両の場合はTNボディマウントカプラー化が大変なので、楽に装着できるカトーカプラーが重宝します。

P1190706

ということで、店長はいつも写真のようにしています。

どうしているかと言うとつまり、連結面側の台車と交換することで解決しています。

こちら側の台車にはカプラーポケットが付いているので、交換するだけですね。

P1190711

写真のようにカトーカプラー同士で簡単に連結できております。

何でもかんでもTNボディマウント化すると、結構お金がかかってしまいますので、安価なカトーカプラーが利用できるのであれば出来る限り利用しているというわけです。

P1190707

それで残った連結面側はどうするかというと・・・。

マイクロエースの中間にある先頭車両によく付いてくるカプラーを利用しています。TNカプラー化すると余るあのパーツです。(笑)

これをそのまま床板にはめ込めば、普通のアーノルドカプラーつきの中間車になります。

P1190710

連結させるとこんな感じですね。

同じ方法がグリーンマックスの12200系スナックカーと、カトーの10100系ビスタカーの連結にも使えますよね。

P1190712

でも、やっぱり前からみた感じはTNカプラーが一番かっこいいですね。

« ワールド工芸のイベント限定品、20t貨車移動機を再び組み立てています。 | トップページ | グリーンマックスの京急1000系の標識灯を点灯化しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事