無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« カトーのHOゲージ、DD51に永末システムさんのDCCサウンドデコーダーを組み込みました。 | トップページ | お客様に模型関連雑誌を自由に読んでいただけるよう、レイアウト横に本棚を設置させていただきました。 »

2011年8月11日 (木)

とうとう日本型のHOゲージをはじめてしまいました。

とうとう日本型のHOゲージをはじめてしまいました。

と言っても、お店の話ではありません。(笑)

もともとお店では日本型HOゲージの在庫はありませんが、以前から予約とお取り寄せは承っており時々中古品も入荷いたしますので、今さらはじめたというのも可笑しいわけです。

今回はあくまでも店長の個人的趣味の話です。たまにはいいですよね!

Imga0751

というわけで、数ヶ月前にはじめて個人で楽しむためだけに購入した日本型HOゲージたちです。

これまでお店のデモ用には何台かHO車両を購入していましたが、純粋な個人用としては初の入線で、いずれもカトー製のEF65 500番台と20系客車7両です。

寝台列車らしく夜の設定で楽しもうと全ての車両に室内灯を組み込みました。

Imga0750

持ち運びができるように退役したカメラバックを流用して、HO専用の輸送ケースにしております。

先日、ようやく時間をとってDCCサウンドデコーダーを機関車と電源車に搭載してみました。下のリンクでサウンドの動画がご覧になれます。

http://www.youtube.com/watch?v=wxP0efeIxYc

機関車には永末システムさんのサウンドデコーダーを組み込んであります。ブロワー起動の音が個人的には気に入っており、発車時のヘッドライトが明るくなるギミックが素晴らしいです。

最後尾の電源車にはMRCの電気式DL用のサウンドデコーダーを入れて、電源車らしい騒音を撒き散らすようにしてみました。

下のリンクでは短笛を鳴らして走り去っていくEF65と20系客車の動画がご覧になれます。

http://www.youtube.com/watch?v=-izj8aGK8OA

ちなみに奥に見える天賞堂のC59はお店で使っていた各種テスト用実験車両です。先日DCCの試験に酷使したせいでモーターが不調になってしまい、残念ながら保留車となっております。

ちょっともったいないので、そのうちモーターを交換して復帰させようかと企んでいるところです。

オマケ話ですが、個人的な車両を購入する際にはコレクションしている車両を代わりに売却して、総両数は増えないようにしなければならないという決まりが結婚後の店長にはあります。(笑)

今回のHO車両の購入で50両近いNゲージ車両を売却するはめになり、少し寂しい思いをしております。

« カトーのHOゲージ、DD51に永末システムさんのDCCサウンドデコーダーを組み込みました。 | トップページ | お客様に模型関連雑誌を自由に読んでいただけるよう、レイアウト横に本棚を設置させていただきました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事