無料ブログはココログ
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • 当店オリジナル商品の販売コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミックスの485系スーパー雷鳥パノラマグリーン車を白色LED化しました。 | トップページ | トミーテックの鉄道コレクション第12弾など、いろいろ新製品が入荷しました。 »

2010年9月22日 (水)

ジャンク品のHOゲージ機関車、ドイツのBR103をリニューアル加工してみました。

ジャンク品のHOゲージ機関車、ドイツのBR103をリニューアル加工してみました。

P1150408

手前がジャンク品の機関車、奥が通常品の同じ機関車です。

比べてみるとよく分かりますが、片側のパンタ・屋根上機器・バッファーが欠品しているうえに、ボディはキズだらけの無残な姿となっております。

P1150409

これらの部品をメーカーから取り寄せると1万円近くかかってしまううえに、古い製品なので部品がない可能性が高く、元に戻すのは現実的な選択ではありません。

分解してみたところモーターを含め動力系の調子はよいので、片パンタのフリーランス機としてリニューアルしてみることにしました。

P1150410

まずは欠品している屋根上機器用の穴を埋めてしまい、初めから屋根上機器がなかったことにしてみます。

グリーンマックスの未塗装キットのランナーをつかって、穴を埋める材料としています。

P1150411

ボディのキズをパテで埋めて、ヤスリで表面を成型しました。

この段階ではまだそれほどオリジナルと変わっていないように見えますね。

P1150413

側面のルーバーと正面の「DB」マークはオリジナルの塗装で残したいので、マスキングしました。

側面の表記も自分で入れるのは無理なので、セロテープでマスキングしています。(セロテープを使ったのはオリジナルのレタリングの位置が確認しやすいため)

P1150414

塗装まで終わった状態です。お手軽に塗装を済ませたかったので、グリーンマックスの缶スプレーを使いました。

クリームはスカ色のクリームを、ブルーは近鉄ダークブルーを使っています。

P1150416P1150417 こちらが完成した姿です。

パンタがあるほうはあまりオリジナルと変わらない姿ですが、パンタを撤去したほうは丸坊主みたいです。

P1150418

側面はこんな感じです。

レタリング類をオリジナルで残したので、青の部分に赤色のなんともいえない、つぎはぎのような塗装になってしまいましたが、これはこれでいいかな・・・。

P1150419

塗装をクリームとダークブルーにしたのは有名な「ラインゴルト」塗装機にしたかったからです。実機にはこのような塗装はありませんので、完全なフリーランスですが、欧州ではお遊びで同じようにこの機関車にラインゴルト塗装している人が多くいるようです。

左はその本家のラインゴルト塗装牽引機です。比較してもなんとか色は近いようにできました。

P1150420

こうやって他のドイツの機関車と並べても違和感がないかなと思います。

フリーランスなので、自己満足の世界ですけどね。

« トミックスの485系スーパー雷鳥パノラマグリーン車を白色LED化しました。 | トップページ | トミーテックの鉄道コレクション第12弾など、いろいろ新製品が入荷しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事