無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 鉄コレ第12弾を塗り替えて、琴電の600形志度線車両と増結用の800形を作ってみました。 | トップページ | カトーのC62旧製品をライト点灯化しました。 »

2010年9月29日 (水)

アサーンのHOゲージ、ユニオンパシフィックのガスタービンにライトを点灯改造しました。

アサーンのHOゲージ、ユニオンパシフィックのガスタービンにライトを点灯改造しました。

P1150728

お客様より依頼された改造なのですが、最初に持ち込まれた際、あまりにも大きな箱なので模型には見えなかったです。

実車もかなり大きな機関車なので大きいのは仕方ありませんが、普段Nゲージばかり見ている目にとって、アメリカンサイズな箱には驚きます。

P1150727

今回依頼されたのはライト点灯加工です。ライトと言ってもさすがにヘッドライトは標準で点灯するのですが、アメリカの機関車であれば通常点灯するはずのナンバーボード(正面左右にあるX-54と書かれた窓)が点灯しません。

これは製品の仕様として初めから点灯準備がなされていないのですが、最近の製品としてはありえない仕様だと思います。コストの兼ね合いで手を抜いたのでしょうか?

P1150724

そこで、お客様に頼まれてナンバーボードの点灯化をさせていただきました。

白色LEDでキレイに光っているのが分かりますでしょうか?

一緒に運転席のライトも点灯するよう依頼を受けましたので、同時に加工させていただきました。DCCデコーダーを搭載しているので自在にON/OFFが可能です。

P1150725

こちらが完成した姿です。それにしても大きな機関車ですね。

こちらのナンバーボードと運転席のライトの点灯加工ですが、点灯加工は2箇所で6000円、DCCデコーダへの配線加工代として4000円の合計1万円にて承っております。

« 鉄コレ第12弾を塗り替えて、琴電の600形志度線車両と増結用の800形を作ってみました。 | トップページ | カトーのC62旧製品をライト点灯化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事