無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« 変わった車両が入荷しております。 | トップページ | 富士模型の阪急9300系のライトを点灯化加工しました。 »

2010年7月10日 (土)

カトーのアメリカ型電気機関車、GG-1をアムトラック晩年仕様に改造中です。(その2)

カトーのアメリカ型電気機関車、GG-1をアムトラック晩年仕様に改造のつづきです。

P1140303

P1140305

加工が終わったボディを塗装台に乗せて、仕上がり状況を確認するためと色の発色をそろえるためにグレーのサーフェイサーを塗装します。

グレーに塗るとボディの表面がよく分かりますので、仕上がり具合を再確認しましょう。

P1140306

仕上がりに問題がなければボンネット部分の赤を塗装します。

アムトラックの赤は少し朱色がかったような赤なので、グリーンマックスの西武レッドを塗りました。

P1140307続いてボンネット部分をマスキングして青を塗装します。アムトラックの青は少しあせたような薄い青なので、グリーンマックスの小田急ブルーを塗りました。

この状態だとスパイダーマンの衣装のように見えますね。(笑)

P1140309

P1140310最後にボンネットの赤色部分と青い帯の部分をマスキングして、車体色のシルバーを塗りました。

GG-1のシルバーは白っぽい銀色なので、グリーンマックスのアルミシルバーを使いました。

P1140313

ようやくボディの塗装が完了です。

アムトラックのGG-1らしいボディになってきました。ルーバーがきれいなままなので、あっさりとした感じです。

P1140336

アムトラックのロゴとボディーのナンバーは、パソコンに入っているフォントがそのまま使えるので、デカールを自作しました。

ルーバーに薄い黒色で軽くウェザリングを施して、クリアー塗装をすれば完成です。

P1140339

P1140340

お客様ご依頼分と販売用の2両が出来上がりました。

色が明るくなるとGG-1らしい、美しい流線型のボディが強調されますね。

P1140345

P1140347

個人的には大きなパンタグラフが気に入っております。

ライトは白色LEDに交換して、ボンネット側面のナンバーボードが明るく光るように加工しました。

P1140348

いかにも後からとってつけたような、ボンネット側面の無骨なルーバーもそれらしい雰囲気が出ております。

販売用の1両は店頭ではなく、ヤフーオークションに出品するつもりです。

« 変わった車両が入荷しております。 | トップページ | 富士模型の阪急9300系のライトを点灯化加工しました。 »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事