無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« マイクロエースの103系を白色LED化しました。 | トップページ | 鉄コレの近鉄800系から改造して、近鉄880系をつくりました。(その2) »

2009年11月 6日 (金)

鉄コレの近鉄800系から改造して近鉄880系をつくりました。(その1)

鉄コレの近鉄800系から改造して近鉄880系をつくりました。

P1120096 鉄コレ限定品として以前に発売された近鉄800系を元に改造します。後ろの箱が改造のためのパーツセットで、ジオマトリックスから出ております。今回はコレを利用して簡単に改造してしまおうという計画です。

まずはいつものようにIPAで塗装をはがし、中間車に運転台を新設するため一番端の窓をプラ板とパテで埋めます。今回は2編成作成するので4両を加工します。

P1120115 パテで埋めた窓をヤスリできれいに成型すれば下準備は完了です。下の箱の中身がパーツセットの内容です。

シールになっている乗務員ドアガイドを窓を埋めたところに貼り付けて、ガイドに従って乗務員ドアをナイフで開けていきます。

P1120116 こちらが乗務員ドアを開けて、中間運転台を取付けたところです。

まだヤスリによる成型前なので少々汚いですが、パーツの合いは良いので手間はあまりかかりません。ドアステップまで付属しているので便利な改造パーツセットです。

P1120125 ヤスリによる成型が完了したらいよいよ塗装に入りますが、今回は金属パーツを使用していますのでプライマーで下塗装をする必要があります。

塗膜が薄く仕上がるので、いつもは写真左側のアサヒペンのメタルプライマーを使っていますが、今回はプラスチックのボディーごと塗りますのでプラスチックを犯さない右側のタミヤのサーフェイサープライマーを使います。これを使うと塗膜が少々厚くなってしまいますが、今回のような場合にはコレが一番便利です。

P1120123 写真は下塗りが終わった状態です。薄いグレーを塗ったような感じになります。ここでヤスリをかけた箇所の仕上がり具合を確認し、ダメな場合はもう一度ヤスリかけからやり直します。

この車両は自分用なので少々仕上がりには不満がありますが、ここは妥協して写真の状態で完了とさせていただきました。

あとは本塗装をするだけです。今日はここまで・・・。

« マイクロエースの103系を白色LED化しました。 | トップページ | 鉄コレの近鉄800系から改造して、近鉄880系をつくりました。(その2) »

製作日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事