無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« トミックスの小田急ロマンスカー10000系を白色LED化しました。 | トップページ | マイクロエースの小田急3000系、485系3000番台を白色LED化しました。 »

2009年5月27日 (水)

モデモの函館市電1000形の前照灯&尾灯&方向幕の点灯化改造をしました。

モデモの函館市電1000形の前照灯&尾灯&方向幕の点灯化改造をしました。

  P1100418P1100419

左が前照灯の点灯状態。右が尾灯の点灯状態です。もちろん前後進で切り替るようになております。

製品そのままではライトユニットがないので、点灯しないものを今回ご依頼を受けて改造いたしました。

実は最近、このような点灯しないものを点灯化して欲しいというお問合せが多いので、今回参考に掲載させていただきました。

当たり前のことですが点灯しないものを点灯させるのは、集電方法の設計・ユニットの組込・遮光・調整などなかなか手間と時間がかかってしまいますので、どうしても工賃は高めになってしまいます。

ちなみにこちらの車両の場合は、ライトも方向幕もはじめから穴が開いており、ちゃんとレンズが組み込まれていたため、比較的安価ですが以下のような金額になってしまいます。

ライトユニットの設計と組込 1個2500円 前後で5000円

LEDの組付けと遮光 1個1000円 前照灯と尾灯と方向幕が2個ずつ 6000円

合計1万1000円

もちろん、ライトの数が増えるほど工賃は高くなってしまいます。さらに穴が開いていない場合は1個500円の工賃、+レンズの組込み1個500円の加算工賃がついてしまいます。

費用対効果という観点からはあまりオススメいたしませんが、このぐらい費用がかかってでも点灯化したい方はいつでもご依頼ください。

« トミックスの小田急ロマンスカー10000系を白色LED化しました。 | トップページ | マイクロエースの小田急3000系、485系3000番台を白色LED化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事