無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« チップLEDの取扱いをはじめました。 | トップページ | トミックスの近鉄30000系ビスタカーを白色LED化しました。 »

2009年2月24日 (火)

機関車のテールライト点灯加工サービスをはじめました。

機関車のテールライト点灯加工サービスをはじめました。

お客様の要望が多く個人的にもやってみたかったのですが、機関車の内部は場所が狭く通常の大きさのLEDでは加工しにくいため、今まで加工をお断りしてきました。

しかしながらこの度、チップLEDの取扱いが開始できましたので、機関車のテールライト加工サービスをはじめることにしました。

まずは見本品として、所有している機関車を何台か加工してみました。

P1090203 カトーのEF200です。内部の構造上、どうしてもヘッドライトに赤色の光が少しもれてしまいますが、出来る限り遮光して肉眼では我慢できるレベルで加工できるようになりました。

製品付属のテールライトレンズの加工とチップLED1個により点灯しています。

P1090207 カトーのEF64です。ほんの少しだけ、よく見るとスカート上部に赤い光が漏れてしまいますが、こちらも遮光を工夫して肉眼では我慢できるレベルに加工しました。

クイックヘッドマークの機構を生かすため、製品付属のテールレンズの加工とチップLED2個により点灯しています。

P1090210_2 トミックスのEF81です。こちらもほんの少しだけスカート上部に赤い光が漏れてしまいますが、遮光を工夫して肉眼では我慢できるレベルに加工しました。

内部のスペースが狭く、部品の配置に苦労しましたが、製品付属のテールレンズの加工とチップLED1個により点灯しています。

P1090212 マイクロエースのDF90です。窓ガラスの構造上、どうしても運転室に少しだけ赤い光が漏れてしまいますが、遮光を工夫して肉眼では我慢できるレベルに加工しました。

こちらは内部のスペースが広かったため作業は楽でした。チップLED2個により点灯しています。

加工料金についてですが、部品代込みで片エンドだけの場合1両2500円、両エンドの場合は1両4500円になります。

テールライトに穴が開いていない車両の場合は、片エンドの場合1両1000円、両エンドの場合は1両2000円の穴あけ加工料金が加算されます。

少々加工料金が高いかも知れませんが、作業の手間と時間がかかりますのでご了承ください。

お気に入りの機関車がテールライトを点けて、単機回送されるシーンには本当に癒されます。

« チップLEDの取扱いをはじめました。 | トップページ | トミックスの近鉄30000系ビスタカーを白色LED化しました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事