無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« マイクロエースのキハ66九州色を白色LED化しました。 | トップページ | マイクロエースのDD14を白色LED化してみました。 »

2009年2月18日 (水)

1周年記念事業その2 マイクロエース製East-iの側面照射ライトの点灯化。

もけいや松原OPEN1周年記念事業その2として、マイクロエース製East-iの側面照射ライトの点灯化を行ってみました。

RMモデルズでも作例が掲載されていたので、実行された方も大勢おられるかと思いますが、もっと簡単に車両本体は無改造で組み込めるよう考えてみました。

P1090136 完成したのがこちらのユニットです。1個1200円にて販売しております。

ユンバーサル基盤を窓ガラスと車体屋根側の隙間に、そのままはめ込んで固定できるよう大きさを調整しています。

集電はトミックスの広幅の室内灯を組み込むことを前提にしており、室内灯の集電バネにユニットの左側から出ている集電端子を接触させます。

P1090135 トミックスの室内灯を写真のように分割して車体に組み込みます。室内灯を分割しても大丈夫なように、ユニットには側面照射用LED4個にプラスして室内用LED1個を装備しています。

分割した室内灯の間にこのユニットをはめこみます。車体本体に切ったり削ったりの作業はおこないませんので、外すだけで元に戻すことができます。

P1090141 車体を元通りに組み立てた後、点灯させるとこのように光ります。

非常に明るく側面を照らしており、反対側も同じように光ります。実車も検測時はこんな感じで、スポットライト24個で明るく光ります。

P1090140 レイアウトで走らせるとこんな感じです。側面を明るく照らすので非常に目立ちます。East-iを持っている方はぜひ挑戦してみてください。

もちろん当店での加工も承ります。室内灯の分割加工とユニットの組込作業代金は1両800円となります。別に当ユニット(1個1200円)とトミックスの広幅室内灯(当店でも販売中1個740円)をご購入ください。

« マイクロエースのキハ66九州色を白色LED化しました。 | トップページ | マイクロエースのDD14を白色LED化してみました。 »

車両加工のサンプル写真」カテゴリの記事