無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

« ちょっと早いですがレンタルレイアウトに今年も桜が咲きました。 | トップページ | 新品車両コーナーが見やすくなりました。 »

2009年1月15日 (木)

レンタルレイアウト用の川と鉄橋を製作 その2

今回はいよいよ構造物の接着作業をすすめていきたいと思います。

P1080573 こちらが今回作業をすすめていく地面の完成予想図です。もちろん橋脚や鉄橋など構造物を外した状態です。

こんな形に川と土手を作り、奥はトンネルで暗渠へと続きます。ちょうどコルクシートの部分が川底となる予定です。

P1080574 このように一度すべてを解体し、元通りに直せるよう順序良く、邪魔にならないようボードの周りにおいておきます。

固定作業に使うのは木工用ボンドと両面テープだけです。

P1080575 まずは川底になるコルクボードを固定します。

このように両面テープを使って仮固定しながら、木工用ボンドで木でできたボードに貼り付けていきます。

両面テープでの固定だけでは強度に不安があります。木工用ボンドでの固定だけでは乾燥するまでくっつかず次の作業ができません。そこで両方をあわせることで強度の不安解消と時間の節約を図るわけです。

« ちょっと早いですがレンタルレイアウトに今年も桜が咲きました。 | トップページ | 新品車両コーナーが見やすくなりました。 »

レイアウトの話題」カテゴリの記事